美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

装飾は流転する「今」と向きあう7つの方法 紹介画像-1
装飾は流転する「今」と向きあう7つの方法 紹介画像-2
装飾は流転する「今」と向きあう7つの方法 紹介画像-3
装飾は流転する「今」と向きあう7つの方法 紹介画像-4
装飾は流転する「今」と向きあう7つの方法 紹介画像-5
装飾は流転する「今」と向きあう7つの方法 紹介画像-6
装飾は流転する「今」と向きあう7つの方法 紹介画像-7
装飾は流転する「今」と向きあう7つの方法 紹介画像-8
装飾は流転する「今」と向きあう7つの方法 紹介画像-9
装飾は流転する「今」と向きあう7つの方法 紹介画像-10
装飾は流転する「今」と向きあう7つの方法 紹介画像-11
装飾は流転する「今」と向きあう7つの方法 紹介画像-12
装飾は流転する「今」と向きあう7つの方法 紹介画像-13

装飾は流転する「今」と向きあう7つの方法

東京都庭園美術館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:会期終了
  • クリップ:9 件
  • 感想:2 件
人類と共に常に存在し、変化を繰り返してきた、まさに生々流転と言える「装飾」にまつわる7組のアーティストたちによる表現
装飾は人類と共に常に存在してきました。弔いの儀式や呪術的なタトゥーなどに始まり、ときに形骸化しながらも、時代とともにまた新しい意味を伴い変化を繰り返し生き残ってきました。それはまさに生々流…Read More
  • ※クリップとは?

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

装飾は人類と共に常に存在してきました。弔いの儀式や呪術的なタトゥーなどに始まり、ときに形骸化しながらも、時代とともにまた新しい意味を伴い変化を繰り返し生き残ってきました。それはまさに生々流転と言えるでしょう。

この展覧会には7組のアーティストたちが登場します。彼らは年齢も国籍もジャンルも多様です。その表現もゴシック装飾を施したダンプカーや、様々な文化圏の模様をリミックスした絨毯、窓のたたずまいからそこに住む人の生活や性格を想像した絵画など多彩なものです。

彼らは全く異なる時代や価値観を対峙させたり、実際には存在しない世界を思い描いたり、日常生活の中の「装飾」を読み取ろうとしたりしています。

彼らの試みを見る時、私たちは装飾という行為が、生々しい現実を複雑なまま認識するために必要な切り札だということに気がつくのです。Decoration never dies, anyway.

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場東京都庭園美術館 [MAP]
住所 東京都港区白金台5-21-9
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
  • ※11/23、11/24、11/25の3日間は、
    夜間開館20:00まで(最終入場時間 19:30)
休館日
第2・第4水曜日
(11/22、12/13、1/10、1/24、2/14)
年末年始(12/27-1/4)
観覧料 一般 1,100円(880円)
大学生(専修・各種専門学校含む) 880円(700円)
中学生・高校生 550円(440円)
65歳以上 550円(440円)
  • ※( )内は前売・団体(20名以上)料金
    ※前売り券e+(イープラス)にて販売
    ※小学生以下および都内在住在学の中学生は無料
    ※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者一名は無料
    ※教育活動として教師が引率する都内の小中・高校生および教師は無料(事前申請が必要)
    ※第3水曜日(シルバーデー)は65歳以上の方は無料
TEL03-5777-8600 (ハローダイヤル)
URLhttp://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/171118-180225_decoration.html

東京都庭園美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

東京都庭園美術館 東京都庭園美術館

感想・評価REVIEWS

name

「装飾」をキーワードに7組のアーティストが個性を発揮した素敵な展覧会

5

アールデコ様式の建造物である東京都庭園美術館ならではの空間に、各アーティストが「装飾」をテーマにした作品を展示しています。素材感もテーマもそれぞれ全く異なっているのですが、ひとつひとつが素晴らしい作品世界でした。

特に、メイン画像にもあるwrittenafterwordsの山縣良和さんの作品は、どれも色鮮やかだったり、キッチュな世界観だったり、いずれもすごく好きで、じっくり見入ってしまいました。

入り口に飾られていた黒い円形のワンピースに白や黄色のリースがあしらわれた作品がとても素敵なのですが、前アメリカ大統領・バラク・オバマ氏が、広島の原爆慰霊碑に献花したリースを題材として作らたとのことでした。

BY Audrey

参考になりました!2
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

参考になりました!をクリックしたユーザー

name

ふしぎな世界です

4

装飾という言葉から想像するような、きらびやかに飾り立てたものではなく、「飾る」ことによってものの本質がどういうものなんだろう?って考えさせられる展覧会でした。
表面を飾ることで見えてくる本当の中身とか、飾るということであらわされている、アーティスト(作者)の気持ちやおもいとか、こちらに想像させてくれる、不思議な感覚の展示です。

BY sasaneko0211

参考になりました!2
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

参考になりました!をクリックしたユーザー

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都港区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE