美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

永井一正 ポスター展

姫路市立美術館

  • 開催期間:2017年11月12日(日)〜2017年12月24日(日)
  • クリップ数:2 件
  • 感想・評価:1 件
永井一正 ポスター展 姫路市立美術館-1
永井一正 ポスター展 姫路市立美術館-2
永井一正 ポスター展 姫路市立美術館-3
永井一正 ポスター展 姫路市立美術館-4
永井一正 ポスター展 姫路市立美術館-5
永井一正 ポスター展 姫路市立美術館-6
永井一正 ポスター展 姫路市立美術館-7
永井一正 ポスター展 姫路市立美術館-8
永井一正 ポスター展 姫路市立美術館-9
永井一正 ポスター展 姫路市立美術館-10
永井一正 ポスター展 姫路市立美術館-11
永井一正 ポスター展 姫路市立美術館-12
永井一正 ポスター展 姫路市立美術館-1
永井一正 ポスター展 姫路市立美術館-2
永井一正 ポスター展 姫路市立美術館-3
永井一正 ポスター展 姫路市立美術館-4
永井一正 ポスター展 姫路市立美術館-5
永井一正 ポスター展 姫路市立美術館-6
永井一正 ポスター展 姫路市立美術館-7
永井一正 ポスター展 姫路市立美術館-8
永井一正 ポスター展 姫路市立美術館-9
永井一正 ポスター展 姫路市立美術館-10
永井一正 ポスター展 姫路市立美術館-11
永井一正 ポスター展 姫路市立美術館-12

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

グラフィックデザイナー永井一正は言います。

「宇宙の中から奇跡的に地球ができ、微生物が生まれ、そして生き物たちのひとつとして人間が誕生した。そこには何か宇宙の法則、摂理があり、それを『かたち』にしていくこと―それがデザインの仕事である」と。

1929年大阪に生まれた永井は、実家を戦火で焼失、戦後に姫路で中学・高校時代を過ごした後、東京藝術大学彫刻科中退を経て、戦後まもない 1950年代初頭よりグラフィックデザインの現場に身を置きました。

文字通りゼロからの出発でしたが、1953年に日本宣伝美術会会員となり、1960年には日本デザインセンター創立に参加、常に時代の最前線で数多くの企業や組織・国家事業のロゴ・シンボルマーク、そしてポスターデザインを世に送り出してきました。

とりわけ、ライフワークとして自身の生命観や自然観といった壮大なテーマを表現した「LIFE」シリーズは、グラフィックデザインの概念と可能性を拡げるものであり、現在も新たな作品が生まれています。

本展では、類まれなポスター芸術の世界を開拓した、永井一正の初期から最新作までのポスター作品500点余りを一堂に展観し、国境や世代を超えて人々に勇気とインスピレーションを与えるその創造の源泉に迫ります。

◆オープニング記念対談会
「デザインという未来」
11月12日(日) 13:30-15:00
講師:永井一正氏×永井一史氏(アートディレクター、多摩美術大学教授)
会場:2階講堂
定員:先着90名 入場無料 
※13:00より1階ロビーで整理券を配布

◆ギャラリーイベント
「つくることば、いきることば」
永井一正著作朗読×ライブ×ギャラリートーク
朗読・ヴォーカル・ギター:Ayuo(作詞・作曲家)
プロデュース:軸原ヨウスケ(遊びデザイナー、COCHAE代表)
コーディネーター:姫路市立美術館学芸員

【対象:小学生と保護者】
11月18日(土)、19日(日)
両日とも11:00-11:40
会場:企画展示室
定員:先着20組 
※各回、10:30より展示室前で整理券を配布。
本展覧会の観覧券(当日に限り半券可)が必要

【対象:どなたでも】
11月18日(土)、19日(日)
両日とも14:00-14:40
会場:企画展示室
座席定員:先着50名 
※各回、13:30より展示室前で座席整理券を配布。
立っての参加も可能です。
本展覧会の観覧券(当日に限り半券可)が必要

◆ 永井一正(ながいかずまさ 1929-)プロフィール
グラフィックデザイナー。現在、日本デザインセンター最高顧問、日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)特別顧問、日本デザインコミッティー名誉会員、東京アートディレクターズクラブ(ADC)会員、AGI(国際グラフィック連盟)会員。
札幌冬季オリンピックをはじめ、沖縄海洋博、茨城県、新潟県、東京電力、アサヒビール、スルガ銀行、JA(全国農業協同組合)、つくばエキスプレス、三菱東京UFJフィナンシャルグループ等、多くのシンボルマークを制作する。ポスターは、企業広告はもとより、富山県立近代美術館(現・富山県美術館)の企画展ポスターをはじめとする展覧会、演奏会などを幅広く手掛け、国内外の受賞歴多数。1980年代後半より、独自の創作活動として、動植物をモチーフとした《LIFE》シリーズを展開。本シリーズは、2003年より銅版画を原画とした制作へと発展する。
姫路は両親の故郷であり、10代後半の学校生活を旧制姫路中学、姫路西高等学校で過ごしたこともあって縁が深く、1989年の姫路市制100周年の折にはシンボルマークと記念事業ポスターを制作している。姫路市立美術館での個展は1988年以来、2度目の開催となる。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2017年11月12日(日)〜2017年12月24日(日)
会場姫路市立美術館Google Map
住所 兵庫県姫路市本町68-25 [MAP]
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
  • ※開門は9時より
休館日 月曜日 
観覧料 一般 600円(400円)
大学・高校生 400円(300円)
中学・小学生 200円(100円)
  • ※( )内は20人以上の前売・団体料金
TEL079-222-2288
URLhttps://www.city.himeji.lg.jp/art/

姫路市立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

姫路市立美術館 姫路市立美術館

感想・評価REVIEWS

圧倒的な展示数だからこそわかる変化

4

500点を超える展示作品に圧倒されます。細かい解説は全くありませんが、だからこそ、作品を楽しめるし、長い時間と、多くの作品によって、デザインの移り変わりが楽しめました。展示数を考えると疲れてしまいそうですが、疲れたと言うより、しっかり楽しめたという感じの残る展覧会です。

BY takeno

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
兵庫県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE