美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

禅と茶、茶道具もずらり 禅林美術展

相国寺承天閣美術館

  • 開催期間:2017年6月15日(木)〜2017年12月3日(日)
禅と茶、茶道具もずらり 禅林美術展 相国寺承天閣美術館-1
禅と茶、茶道具もずらり 禅林美術展 相国寺承天閣美術館-2
禅と茶、茶道具もずらり 禅林美術展 相国寺承天閣美術館-3
禅と茶、茶道具もずらり 禅林美術展 相国寺承天閣美術館-4
禅と茶、茶道具もずらり 禅林美術展 相国寺承天閣美術館-5
禅と茶、茶道具もずらり 禅林美術展 相国寺承天閣美術館-6
禅と茶、茶道具もずらり 禅林美術展 相国寺承天閣美術館-1
禅と茶、茶道具もずらり 禅林美術展 相国寺承天閣美術館-2
禅と茶、茶道具もずらり 禅林美術展 相国寺承天閣美術館-3
禅と茶、茶道具もずらり 禅林美術展 相国寺承天閣美術館-4
禅と茶、茶道具もずらり 禅林美術展 相国寺承天閣美術館-5
禅と茶、茶道具もずらり 禅林美術展 相国寺承天閣美術館-6

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

臨済義玄(不詳~867)は臨済宗の宗祖。「喝」に代表される峻烈な禅風で多くの弟子を育て、初祖菩提達磨から六祖慧能により中国に土着した禅を、さらに広く伝播させました。

鎌倉時代その教えが入宋僧や来朝僧により日本へ伝わり、今日の臨済宗の規範が築かれました。また日本臨済宗中興の祖とされる白隠慧鶴(1685~1768)は、諸国を巡化して禅の日本化と民衆化を推進。そして公案禅を体系付け日本臨済禅の革新を成し遂げております。

この度臨済禅師没後1150年と、白隠禅師没後250年を記念し、中国宋・元、日本中近世の墨蹟、祖師図等を一堂に展観いたします。

また禅と共に日本の文化芸術、精神に大きく関わった茶道は、現在も日常生活に深く溶け込んでおります。本展では茶碗や茶入、香合等の茶道具も合わせて展示いたします。


開催概要EVENT DETAILS

会期 2017年6月15日(木)〜2017年12月3日(日)
会場相国寺承天閣美術館Google Map
住所 京都府京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町701 [MAP]
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 会期中無休 
※ただし9月27日(水)~30日(土)まで展示替休館
※上記開催期間外は入館頂けませんのでご了承ください。
観覧料 一般 800円
65歳以上・大学生 600円
中高生 300円
小学生 200円
  • ※一般の方に限り、20名様以上は100円団体割引させていただきます。
TEL075-241-0423
URLhttp://www.shokoku-ji.jp/j_nyukan.html

相国寺承天閣美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

相国寺承天閣美術館 相国寺承天閣美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
京都府で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE