EXHIBITION

スペインの彫刻家フリオ・ゴンサレス―ピカソに鉄彫刻を教えた男

世田谷美術館

  • 開催期間:2015年11月28日(土)〜2016年1月31日(日)
  • クリップ数:3 件
  • 感想・評価:1 件
スペインの彫刻家フリオ・ゴンサレス―ピカソに鉄彫刻を教えた男 世田谷美術館-1
スペインの彫刻家フリオ・ゴンサレス―ピカソに鉄彫刻を教えた男 世田谷美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

20世紀鉄彫刻の父、フリオ・ゴンサレス(1876-1942)。19世紀末、バルセロナの若き金工職人だった彼は、1900年からパリを拠点に、金工で生計を立てつつ画家をめざしました。ブランクーシの技術助手を経て、1920年代末、同郷の旧友ピカソに鉄の溶接技術を教えたことで、ゴンサレスは50歳を過ぎてから「彫刻家」としての自分を発見します。以後、「空間の中のドローイング」とも呼ばれる、抽象的でいて有機的なのびやかさをもつ彫刻によって注目されますが、スペイン内戦や第二次世界大戦という苦難のなか、志半ばで世を去りました。

ゴンサレスが彫刻家として活動したのは、わずか10年あまりです。しかし、鉄などの金属素材を知りつくした手と、同時代の多彩な芸術を咀嚼する粘り強い精神から生まれた彼の作品は、デイヴィッド・スミス、アンソニー・カロなど、戦後の現代彫刻家たちが進むべき道を指し示すものとなりました。

本展は、ゴンサレスの仕事の全体像をとらえる、わが国初の体系的な回顧展です。スペインのバレンシア現代美術館(IVAM)の所蔵品を中心に、バルセロナ時代の貴重な金工作品をはじめ、彫刻、素描など計94点を展覧し、知られざる巨匠ゴンサレスの魅力をお伝えします。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2015年11月28日(土)〜2016年1月31日(日)
会場世田谷美術館Google Map
住所 東京都世田谷区砧公園1-2
時間 10:00〜18:00
休館日 月曜日 
ただし、2016年1月11日(月・祝)は開館、翌1月12日(火)は休館。年末年始(2015年12月28日(月)-2016年1月4日(月))は休館。
観覧料 一般 1000円(800円)
大高生・65歳以上 800円(600円)
中小生 500円(300円)
※( )内は20名以上の団体料金
  • ※一般の障害者の方は500円、大高中小生の障害者の方は無料、介助の方は障害者1名につき1名まで無料。
    ※リピーター割引 会期中、本展有料チケットの半券をご提示いただくと、2回目以降は団体料金にてご覧いただけます。
TELハローダイヤル:050-5541-8600
URLhttps://www.setagayaartmuseum.or.jp/

世田谷美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

世田谷美術館 世田谷美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

予想外な面白さ!

彫刻家本人のことをあまりよく知らないまま、東京での会期最終日にぶらりと訪問したのですが、これが意外にスゴく良かった! 個性あふれる鉄彫刻作品の面白さもさることながら、人間の頭部を表現したブロンズ群が圧巻で、激しく心打たれました。主にパリで活動していたとのことですが、その作品から立ち昇ってくるのはスペインの香り。作風はまるで違えど、アントニオ・ロペス・ガルシアに一脈通ずるものを強く感じました。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都世田谷区で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE