Art AgendA

EXHIBITION

エリック・カール展 The Art of Eric Carle

世田谷美術館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:開催中
色彩豊かなエリック・カールの世界を約160点の原画や作品と、パウル・クレー、レオ・レオニなど関連作家の作品とともに展覧
すべての子どもたちと、かつて子どもだったおとなたちに ぽん!とたまごからちっぽけなあおむしがうまれてから、およそ50年の年月がたちました。 アメリカを代表する絵本作家エリック・カール(1929-)は…Read More

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

すべての子どもたちと、かつて子どもだったおとなたちに

ぽん!とたまごからちっぽけなあおむしがうまれてから、およそ50年の年月がたちました。

アメリカを代表する絵本作家エリック・カール(1929-)は、小さなあおむしとともに長く豊かな道を歩んできました。本展では、いまなお輝きを失わないエリック・カールの世界を『はらぺこあおむし』、『こぐまくん こぐまくん なに みているの?』などを含む約160点の原画や作品と、パウル・クレー、レオ・レオニなど、関連のある作家の作品も交えて振り返ります。

第1部では、「動物たちと自然」「旅」など4つのテーマに分けて、色の魔術師と呼ばれるカールのコラージュによる手仕事の魅力を、多数の原画で展示します。そして第2部では、パウル・クレーら美術家たち、そして絵本作家レオ・レオニとの出会いなど、知られざる作家の原点や美術への言及にふれながら、カールの絵本を紹介し、加えて絵本を超えた仕事、日本との結びつきなど作家としての歩みをたどります。

カールに出会ったばかりの子どもたち、親として再会を果たしたおとなたち、またこれから初めてカールと出会うすべての人々に色彩豊かなその世界が開かれることでしょう。

エリック・カール(1929~)
1929 年、ニューヨーク州の町シラキュースでドイツ人の両親のもとに生まれる。6 歳の時、家族と共にドイツに移住。16 歳でシュトゥットガルト州立芸術アカデミーに入学し、グラフィック・デザインを学ぶ。卒業後、ポスターを手がけるなどドイツでの活動を経て、1952 年にニューヨークに渡り、レオ・レオニとの出会Read Moreいをきっかけに、ニューヨーク・タイムズのグラフィック・デザイナーとして働き始める。フリーランスのグラフィック・デザイナーとして働いていたとき、ビル・マーチンの子ども向けテキスト用に挿絵を頼まれたことがきっかけで、絵本作家の道を歩み始める。
Close

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場世田谷美術館 [MAP]
住所 東京都世田谷区砧公園1-2
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
※5月1日(月)は開館
観覧料 一般 1,200円(1,000円)
65歳以上 1,000円(800円)
大高生 800円(600円)
中小生 500円(300円)
  • ※障害者の方は500円(300円)。
    ただし小・中・高・大学生の障害者は無料、介助者(当該障害者1名につき1名)は無料。
    ※( )内は、前売料金・20名以上の団体料金。
    ※前売券の販売は4月21日(金)まで。詳細は、エリック・カール展公式サイトにて随時更新。
    ●リピーター割引 会期中、本展有料チケットの半券をご提示いただくと、2回目以降は団体料金にてご覧いただけます。※他の割引との併用はできません。
TEL03-5777-8600 (ハローダイヤル)
URLhttp://ericcarle2017-18.com/

世田谷美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

世田谷美術館 詳細はこちら

感想・評価REVIEWS

まだレビューがありません。レビューを投稿する

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE