美術館・博物館情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

国立新美術館開館10周年 ジャコメッティ展

国立新美術館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:開催中
マーグ財団美術館コレクションを中心とした大回顧展。初期から晩年までの彫刻、油彩、素描、版画など貴重な作品約135点
スイスに生まれ、フランスで活躍したアルベルト・ジャコメッティ(1901-1966年)は、20世紀のヨーロッパにおける最も重要な彫刻家のひとりです。 アフリカやオセアニアの彫刻やキュビスムへの傾倒、そし…Read More

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

スイスに生まれ、フランスで活躍したアルベルト・ジャコメッティ(1901-1966年)は、20世紀のヨーロッパにおける最も重要な彫刻家のひとりです。

アフリカやオセアニアの彫刻やキュビスムへの傾倒、そして、1920年代の終わりから参加したシュルレアリスム運動など、同時代の先鋭的な動きを存分に吸収したジャコメッティは、1935年から、モデルに向き合いつつ独自のスタイルの創出へと歩み出しました。それは、身体を線のように長く引き伸ばした、まったく新たな彫刻でした。

ジャコメッティは、見ることと造ることのあいだの葛藤の先に、虚飾を取り去った人間の本質に迫ろうとしたのです。その特異な造形が実存主義や現象学の文脈でも評価されたことは、彼の彫刻が同時代の精神に呼応した証だといえましょう。またジャコメッティは、日本人哲学者である矢内原伊作(1918-1989年)と交流したことでも知られ、矢内原をモデルとした制作は、ジャコメッティに多大な刺激を与えました。

本展覧会は、南フランスにあるマーグ財団美術館のコレクションを中心としたジャコメッティの大回顧展です。この稀代の彫刻家の作品を数多く所蔵するマーグ財団美術館は、パリとチューリヒのジャコメッティ財団と並んで、世界3大ジャコメッティ・コレクションの一角を占めています。本展覧会には、ジャコメッティの貴重な作品を所蔵する国内コレクションのご協力も仰ぎつつ、初期から晩年まで、彫刻、油彩、素描、版画など、選りすぐりの作品、約135点が出品される予定です。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場国立新美術館 [MAP]
住所 東京都港区六本木7-22-2
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
  • ※金曜日は20:00まで
    ※入場は閉館の30分前まで
休館日 火曜日 
観覧料 一般 1,600円(1,400円)
大学生 1,200円(1,000円)
高校生 800円(600円)
【期間限定前売券】
ペア得チケット(2枚1組)2,500円(税込) 
販売期間:2月15日(水)~3月31日(金)(期間限定販売)
  • ※( )内は前売・団体(20名以上)料金
    ※団体は20名以上(20名につき1名無料)
    ※中学生以下無料
    ※障害者手帳をお持ちの方と付添いの方1名は無料
    ※前売券は2017年4月1日(土)から6月13日(火)までの販売(国立新美術館では6月12日[月]まで)
    ※チケット販売:国立新美術館(開館日のみ。ペア得チケットは取扱なし)、公式オンラインチケット、イープラス、セブンチケット、チケットぴあ、ローソンチケットほか主要プレイガイド(手数料がかかる場合がございます。)
TEL03-5777-8600 (ハローダイヤル)
URLhttp://www.tbs.co.jp/giacometti2017

国立新美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

国立新美術館 国立新美術館

感想・評価REVIEWS

name

死と生を痙攣する

5

彫刻作品のエネルギーは、放出というよりも内に含みこむようでした。
静かなのに完全な静止ではなく、作品表面の凹凸は、ジャコメッティの眼差しを何度も重ねられた痙攣する美しさにも見えます。

BY kumomo

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

name

ジャコメッティ展を観た

3

本日、乃木坂の国立新美術館で開催されているジャコメッティ展を観た。ほどよい分量でジャコメッティの良さを存分に味わえる展示でした。

BY OdJILbO

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

name

面白いさくひんばかり

4

どうしてこんなにそいの?とか長いの?とか不思議なのですが、いつも間にかそれが当たりまえにみえてくる、不思議な展覧会です。まだ混んでいないのでぐるぐる周りをまわりながら、心ゆくまで独り占めしてきました!!

BY sasaneko0211

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

name

もう少し工夫を

3

おそらく、大方の人が想像する展覧会とは違う。
細かく、章を16にも分けて、ジャコメッティの生涯を俯瞰するが、要するに、全体として何を言いたいか分からない。
何か、アピールする材料が欲しい。
例えば、日本の哲学者矢内原をモデルにした事で、日本との関係を示唆して、浮世絵を若きジャコメッティが模写した事を伝えるが、その一点しか、浮世絵の模写はない。こういうところを膨らませることは何故出来なかったのか?
例えば、ジャコメッティの細長い彫刻は「現実をありのままに写した」と言うが、現実をありのままに写すと、細長くなるのは、普通に考えて、ジャコメッティの空間認識に問題がある。そこいら辺を突き詰められないか。
展示は総花的であり、焦点が絞れていない。

BY oki304

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE