美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

技を極める-ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸 紹介画像-1
技を極める-ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸 紹介画像-2
技を極める-ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸 紹介画像-3
技を極める-ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸 紹介画像-4
技を極める-ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸 紹介画像-5
技を極める-ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸 紹介画像-6
技を極める-ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸 紹介画像-7
技を極める-ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸 紹介画像-8
技を極める-ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸 紹介画像-9
技を極める-ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸 紹介画像-10
技を極める-ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸 紹介画像-11
技を極める-ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸 紹介画像-12
技を極める-ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸 紹介画像-13
技を極める-ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸 紹介画像-14
技を極める-ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸 紹介画像-15
技を極める-ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸 紹介画像-16
技を極める-ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸 紹介画像-17

技を極める-ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸

京都国立近代美術館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:会期終了
  • クリップ:13 件
  • 感想:3 件
ヴァン クリーフ&アーペルのハイジュエリーと日本の工芸の「技」に注目。その熟練技術の粋を両国の文化とともに紹介
ヴァン クリーフ&アーペルは、ハイジュエリーとして世界で高く評価されています。 本展では、日本とフランスの「技」に注目をし、「技を極める」あるいは極められた技によって生み出された美しい作品を…Read More
  • ※クリップとは?

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

ヴァン クリーフ&アーペルは、ハイジュエリーとして世界で高く評価されています。

本展では、日本とフランスの「技」に注目をし、「技を極める」あるいは極められた技によって生み出された美しい作品を両国の文化とともに鑑賞していただく展覧会です。

最初は、ヴァン クリーフ&アーペル創立から現代に至るまでの歴史的展開の中でのジュエリー作品の流れを概観し、次に、日本の明治に制作された超絶技巧作品との対比の中でハイジュエリーの技を鑑賞していただきます。最後は、文化の融合と未来ということで、日本とフランスの現代における技の饗宴をごらんいただけます。

【アートアジェンダニュース】
2017年上半期に開催スタートの注目の展覧会<関西版&全国版>にてご紹介中の展覧会です。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場京都国立近代美術館 [MAP]
住所 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
時間 9:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
  • ※金曜日は20:00まで(入館は閉館30分前まで)
休館日 月曜日 
※6月13日(火)、7月18日(火)
※ただし7月17日(月・祝)は開館
観覧料 一般 1,500円(1,300円)
大学生 1,100円(900円)
高校生 600円(400円)
  • ※( )内は前売および20名以上の団体料金
    ※中学生以下は無料
    ※心身に障がいのある方と付添者1名は無料。(入館の際に証明できるものをご提示ください)
    ※本料金でコレクション展もご覧いただけます。
TEL075-761-4111(代表)
URLhttp://www.momak.go.jp/

京都国立近代美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

京都国立近代美術館 京都国立近代美術館

感想・評価REVIEWS

name

一粒で三度おいしい

5

ダイヤモンド・ルビー・サファイア・エメラルドなど一粒でもなかなか手が届かないような宝石を惜しげもなく散りばめたジュエリーたちは圧巻でした。
気が遠くなるような超絶技巧が駆使された日本の彫刻や陶磁器などの日本工芸、モネやシャガールなど有名どころ多く揃った常設のコレクション展も見られて1度に3つの展覧会を見たような充実した内容でした。

BY kamome0917

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

name

見応え有りです

3

ジュエリーの美しさはもちろんですが、展示ケースや後ろからも見られるレイアウトなど、展示方法が斬新でした。吉岡徳仁さんのカルティエも見事でしたが、今回の藤本壮介さんの空間も素晴らしかったです。

BY yuka0525ares

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

name

京都旅行中に

5

気になり訪れました。まず、展示空間が宝飾品のサロンのようなイメージで展示された作品が浮かび上がる様な雰囲気に圧倒されました。技術やデザインに芸術的な完成度、夢の様な時間を楽しめました。日常では、目にする事の無いアクセサリーなど本当に美しかったです。

BY マル

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

参考になりました!をクリックしたユーザー

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
京都府で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE