Art AgendA

EXHIBITION

中村彝生誕130年記念 芸術家たちの絆展

中村屋サロン美術館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:開催中
中村屋サロンの中心的存在であった洋画家中村彝と彼の37年という短い生涯の中、友情で結ばれた芸術家たちの作品を紹介
1887(明治20)年に茨城県水戸市で生まれた中村彝は、11歳の時に母親を亡くし、一家で東京に移り住みます。軍人を志し、名古屋、東京の陸軍学校に通いますが、胸部疾患にかかっていたことから、その夢は…Read More

こちらの展覧会は、ご招待チケットプレゼントがあります。詳細はこちら▼

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

1887(明治20)年に茨城県水戸市で生まれた中村彝は、11歳の時に母親を亡くし、一家で東京に移り住みます。軍人を志し、名古屋、東京の陸軍学校に通いますが、胸部疾患にかかっていたことから、その夢はかないませんでした。療養中にデッサンや水彩画を描いて過ごした彝は、1906年白馬会研究所に入門、中原悌二郎や鶴田吾郎と知り合います。その後、彼等は太平洋画会研究所に移っています。

彝は中村屋にとって重要な画家のひとりです。中村屋の裏のアトリエに住んでいたのは1911年の冬から15年の春までの約3年間で、その時期は、中村屋の創業者、相馬愛蔵・黒光の長女俊子をモデルにした作品を多く描きました。中村屋を出てからは、下落合にアトリエを構え、体調を崩しながらも仲間に支えられ、制作活動を続けます。

本展では、荻原守衛亡き後の中村屋サロンの中心人物である中村彝の生誕130年を記念して、彝と彝の37年という短い生涯の中、友情で結ばれた芸術家たちの作品を紹介いたします。

開催概要EVENT DETAILS

会期
  • ※一部展示替えあり
会場中村屋サロン美術館 [MAP]
住所 東京都新宿区新宿3丁目26番13号 新宿中村屋ビル3階
時間 10:30〜19:00(最終入場時間 18:40)
休館日 火曜日 
観覧料 大人 300円
  • ※高校生以下、障がい者とその付き添いの方は無料
TEL03-5362-7508
URLhttp://www.nakamuraya.co.jp/museum/

中村屋サロン美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

中村屋サロン美術館 詳細はこちら

ご招待チケットプレゼントINVITATION TICKET GIFT

こちらの展覧会は、5組10名様に美術館からのご招待チケットがございます。鑑賞後に当サイトに感想・評価をお寄せいただける方を優先にプレゼントさせていただいております。

この展覧会のご招待チケットに応募する

感想・評価REVIEWS

name

展示数は少ないものの〜

4

中村彝は、1907年に、白馬会から、太平洋洋画研究所に移った事が、一つの転機になったようだ。
当時20歳、しかし、もう、胸部疾患を発病していた。
展示… Read More

BY oki304

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE