美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

中村屋サロン美術館NAKAMURAYA SALON Museum of Art

中村屋サロン美術館

中村屋サロン美術館についてABOUT NAKAMURAYA SALON Museum of Art

中村屋サロン美術館は、2014年10月29日に開館した、老舗食品メーカー「新宿中村屋」が運営する美術館である。

創業者の相馬愛蔵・黒光夫妻は、1901年(明治34年)、東京の本郷でパン屋「中村屋」を開業。そして1909年(明治42年)には、新宿の現在の地に本店を移転する。相馬夫妻は芸術に深い造詣を有していたことから、中村屋には多くの芸術家、文人、演劇人が出入りするようになる。それが「中村屋サロン」のはじまりであった。夫妻は、愛蔵と同郷の彫刻家 荻原守衛(碌山)や荻原を慕う若き芸術家などを支援した。彼らは中村屋を舞台に切磋琢磨することでそれぞれの才能を開花させていった。

2014年10月29日、中村屋は「新宿中村屋本店」を建て替え、商業ビル「新宿中村屋ビル」を開業した。この際、創業者が残した芸術・文化の薫りを今に伝え、新たな発信を行うべく、新宿中村屋ビル3階に「中村屋サロン美術館」を開設した。中村屋サロンの芸術家たちの作品を紹介するとともに、新進芸術家や地域に関する作品展示・イベントなどを行う。

中村屋サロンの中心人物は、荻原守衛(碌山)であった。愛蔵と同郷の荻原は、黒光が嫁入りの際に持参した長尾杢太郎《亀戸風景》(油絵)ではじめて油絵を知り、画家を志した。海外に渡り彫刻家に転向した荻原が帰国したのは1908年(明治41年)。帰国後は新宿角筈にアトリエを設け、中村屋に足しげく通った。彼を慕って多くの芸術家が中村屋に出入りするようになり、中村屋は彼らの交流の場となっていった。

荻原は、代表作となった彫刻作品「女」を制作した1910年4月22日に30歳の若さで急逝。同作品は、第四回文展にて「女」文部省の買上げとなる。長野県安曇野には、荻原の作品を展示する 碌山美術館が、1958年4月に開館している。

萩原の亡き後、中村屋サロンの中心人物となったのが中村彝(なかむら つね)であった。彝は一時、中村屋裏にあるアトリエで生活し、彼のもとにも多くの芸術家が訪れた。その他、明治の終わりから大正、昭和初期にかけて、書家・美術史家の會津八一や女優の松井須磨子、劇作家の秋田雨雀、インド独立運動の志士 ラス・ビハリ・ボースなど、多彩な人々が中村屋と関わりを持ち、日本の近代芸術・文化に影響を与えている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目26番13号 新宿中村屋ビル3階  TEL 03-5362-7508
中村屋サロン美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

中村屋サロン美術館 公式サイトURL
https://www.nakamuraya.co.jp/museum/
所在地
〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目26番13号 新宿中村屋ビル3階
TEL 03-5362-7508
最寄駅
JR線 新宿駅東口から徒歩2分
東京メトロ丸ノ内線 新宿駅A6出口直結
開館時間
開館時間 10:30〜19:00(最終入館時間 18:40)
定休日
火曜日 
定休日についての追記事項
1月1日、火曜が祝祭日の場合は開館、翌日休館
入館料・観覧料
展示によって異なります。
入館料・観覧料についての追記事項
※高校生以下無料(学生証をご呈示ください)
※障害者手帳ご呈示のお客様および同伴者1名無料
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
なかむらやさろんびじゅつかん

中村屋サロン美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

コレクション展示 中村屋サロン

開催期間:

明治末から大正、昭和初期にかけて、新宿中村屋には多くの芸術家・文化人たちが集いました。 「コレクション展示 中村屋サロン」では...

コレクション展示 中村屋サロン

新収蔵作品『エッフェル塔三十六景』展示
ただいま開催中

これまでに中村屋サロン美術館で開催された展覧会

コレクション展示 中村屋サロン

開催期間:

明治末から大正、昭和初期にかけて、新宿中村屋に多くの芸術家・文化人たちが集いました。 「コレクション展示 中村屋サロン」では、...

コレクション展示 中村屋サロン

中村不折、中村彝、柳敬助らの作品を紹介
会期終了

中村屋サロン アーティストリレー 第1回

開催期間:

中村屋サロン美術館では、作家の紹介でつなぐ現代作家の企画展「中村屋サロンアーティストリレー」を開催します。 明治末から昭和初期...

中村屋サロン アーティストリレー 第1回

新恵美佐子展、染谷聡展
会期終了

コレクション展示 中村屋サロン

開催期間:

明治末から大正、昭和初期にかけて、新宿中村屋に多くの芸術家・文化人たちが集いました。 「コレクション展示 中村屋サロン」では、...

コレクション展示 中村屋サロン

羊羹のパッケージとなった棟方志功作品も
会期終了

描かれた女たち 女性像に表された現実と夢

開催期間:

日本の絵画に表現される人体像は、西洋美術と出合うことにより明治以降大きく変わりました。その変化が如実に現れたのが女性を描いた絵...

描かれた女たち 女性像に表された現実と夢

明治から現代まで女性を描いた絵画約30点
会期終了

中村屋サロン 通常展示

開催期間:

明治末から大正、昭和初期にかけて、新宿中村屋には多くの芸術家・文化人たちが集いました。通常展示中村屋サロンでは、中村屋の所蔵作...

中村屋サロン 通常展示

書家・會津八一にスポットをあてる
会期終了

食とデザイン

開催期間:

この度、中村屋サロン美術館では、中村屋の代表商品の一つである「月餅」の発売90周年を記念して、工芸やデザイン的な視点で月餅の木型...

食とデザイン

実際に使用した和菓子の木型を多数展示
会期終了

中村彝生誕130年記念 芸術家たちの絆展

開催期間:

1887(明治20)年に茨城県水戸市で生まれた中村彝は、11歳の時に母親を亡くし、一家で東京に移り住みます。軍人を志し、名古屋、東京の...

中村彝生誕130年記念 芸術家たちの絆展

中村屋サロンの中心画家中村彝生誕130年
会期終了

中村屋創業115周年記念「新宿中村屋 食と芸術のものがたり」

開催期間:

中村屋は2016年12日30日で創業115周年を迎えます。 この間、多彩な食を生み出すとともに芸術活動を支援してきた新宿中村屋。 本展で...

中村屋創業115周年記念「新宿中村屋 食と芸術のものがたり」

食と芸術誕生のドラマを垣間見る
会期終了

高橋由一から藤島武二まで「日本近代洋画への道」山岡コレクションを中心に

開催期間:

江戸末期、日本は開国により、政治、経済、医学、文化、産業とあらゆる分野において西洋...

高橋由一から藤島武二まで「日本近代洋画への道」山岡コレクションを中心に

実業家 山岡孫吉氏による蒐集作品を中心に
会期終了

中村屋サロン 通常展示

開催期間:

明治末から大正、昭和初期にかけて、新宿中村屋には多くの芸術家・文化人たちが集いました。 通常展示「中村屋サロン」では、中村屋の...

中村屋サロン 通常展示

中村屋にゆかりの芸術家の作品を展示
会期終了

中村屋サロン 通常展示

開催期間:

明治末から大正、昭和初期にかけて、新宿中村屋には多くの芸術家・文化人たちが集いました。通常展示「中村屋サロン」では、中村屋の所...

中村屋サロン 通常展示

書家 會津八一にスポットをあてて
会期終了

生誕150年記念 中村屋サロンの芸術家 中村不折の魅力展

開催期間:

明治、大正、昭和期に活躍し、中村屋とゆかりのある洋画家、書家である中村不折(ふせつ)(1866-1943)の生誕150年を記念し、彼の初期...

生誕150年記念 中村屋サロンの芸術家 中村不折の魅力展

中村不折が発揮した多彩な才能に出会う
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE