美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

軽井沢ニューアートミュージアムKaruizawa New Art Museum

軽井沢ニューアートミュージアム

軽井沢ニューアートミュージアムについてABOUT Karuizawa New Art Museum

JR軽井沢駅から目抜き通りを真っ直ぐに8分あまりの通り沿いに、2012年4月、軽井沢ニューアートミュージアムはオープンした。主に日本の戦後から現在までの優れたアートを、新しい視点から日本の現代アートとして再領域化し、国際的な評価にたえうる諸作品を、広く国内外に普及していくことを目的としている。

企画展では、世界の第一線で活躍中の日本の現代アートの作家やそのグループ展だけでなく、海外作家も含めて、日本国内のみならず海外からの美術ファンの期待にも応えられるような斬新な切り口の展示を展開している。

主なコレクションに、井上有一、草間彌生、サイトウマコト、舟越桂、中西夏之、李禹煥、ジュリアン・オピー、篠原有司男、千住博らの作品。また近年顕著に国際的評価が高まっている「具体美術協会」に所属した、白髪一雄、元永定正、田中敦子ら、日本の前衛作家の作品を積極的にコレクションしている。

美術館の設計は、建築家・西森陸雄によるもので、総ガラス張りをベースにカラマツ林をイメージした白い柱をデザイン的に林立させた構造は、さわやかな高原リゾート地・軽井沢に心地よく溶け込んでいる。

数多の文化施設のある軽井沢において、既存の文化施設、団体と協働しながら、軽井沢町を国際的な芸術文化の拠点としてさらなる繁栄へと導くことを目指している。

近年では顕著に国際的評価が高まっている「具体美術協会」など日本の現代アートの原点とも言える作家たちの活動にフォーカスし、改めて日本現代アートを見つめ直すことのできる場として展示・普及に努めている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1151-5  TEL 0267-46-8691
軽井沢ニューアートミュージアム [MAP]

利用案内INFORMATION

軽井沢ニューアートミュージアム 公式サイトURL
http://www.knam.jp/
所在地
〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1151-5
TEL 0267-46-8691
最寄駅
JR北陸新幹線 軽井沢駅
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
開館時間についての追記事項
7-9月は、10:00~18:00
定休日
火曜日 
定休日についての追記事項
※8月は無休
※火曜日が祝日の場合は翌日休館
入館料・観覧料
一般 1200円
高大生・65歳以上 900円
小中生 600円
※20名様以上の団体で来館は各観覧料の300円引き
※未就学児は無料
※障がい者無料(付き添いの方1名は半額)
入館料・観覧料についての追記事項
観覧料は企画展により異なります
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
かるいざわにゅーあーとみゅーじあむ

軽井沢ニューアートミュージアムについての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

軽井沢ニューアートミュージアム 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催展覧会情報は、現在ありません

これまでに軽井沢ニューアートミュージアムで開催された展覧会

会期終了靉嘔 レインボー88 AY-O: RAINBOW 88

会期:

「虹のアーティスト」として知られ、国際的に活動をしてきた作家・靉嘔。2019年5月19日に88歳の誕生日を迎える作家の米寿を記念して展覧会を開催します...

靉嘔 レインボー88 AY-O: RAINBOW 88

会期終了今、世界で再評価され続けている日本人作家

会期:

今夏に続き「今、世界で再評価され続けている日本人作家」シリーズをお送りします。 日々新たな表現が生まれるアートシーン。移りゆく過去、現在、未...

今、世界で再評価され続けている日本人作家

会期終了“The World of Prayer” MIWA KOMATSU 小松美羽展 ~祈り~

会期:

今、アジアで最も嘱望される若手アーティスト、小松美羽。 作家の起源となる「四十九日」を含む銅版画から大英博物館に収蔵された狛犬(作家保存版)...

“The World of Prayer” MIWA KOMATSU 小松美羽展 ~祈り~

会期終了今、世界で再評価され続けている日本人作家

会期:

世界で活躍するさまざまな日本人作家とその作品を軽井沢ニューアートミュージアムが独自の視点でクローズアップします。 さらに今後、本企画をシリー...

今、世界で再評価され続けている日本人作家

会期終了アートはサイエンスⅡ

会期:

今夏、“科学技術の発展によって新たに生まれる芸術表現”に着目した企画展「アートはサイエンス」を開催。今回の「アートはサイエンスⅡ」では再び科学と美術の結びつきを模索します。 20世紀初頭から戦後...

アートはサイエンスⅡ

会期終了岡西佑奈展「青曲(せいきょく)」

会期:

この度、ホワイトストーンギャラリー軽井沢では、岡西佑奈展『青曲』を開催致します。 7歳で書と出会って以降、25年間一心に格闘してきた岡西にとって...

岡西佑奈展「青曲(せいきょく)」

会期終了小林エリカ 「Trinity トリニティ」

会期:

目に見えない物、時間や過去、家族や記憶などをテーマに、小林はその痕跡をモチーフとした作品づくりをしています。 近年は、科学者マリ・キュリーに...

小林エリカ 「Trinity トリニティ」

会期終了NAKAMURA JIN EXHIBITION ~KaNAM Challenge Wall11~

会期:

ライフワークと称する程にナカムラの作品の中心となっている、現代の仏画として表現した「Neo仏画」。そしてここ数年、新たな境地として取り組み始めた...

NAKAMURA JIN EXHIBITION ~KaNAM Challenge Wall11~

会期終了アートはサイエンス

会期:

戦後、急成長を遂げてきた日本の産業・科学技術。自動車や家電製品は、当時の人々に新しい技術として受け入れられ、広く普及しました。その後の約70年間でそれらは進歩し、現代ではコンピューターを利用...

アートはサイエンス

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE