美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

福井県立若狭歴史博物館Wakasa History Museum

福井県立若狭歴史博物館

福井県立若狭歴史博物館についてABOUT Wakasa History Museum

本州日本海側の北陸道に属した若狭国が、1871年の廃藩置県で福井県となってから、置県100年を記念する事業の一環として、「若狭地方の歴史、民俗等に関する資料の収集、保管および展示等を行い、もって県民の文化の向上に寄与する」ための施設として、1982(昭和57)年10月に「福井県立若狭歴史民俗資料館」が開館した。

その後、1994(平成6)年4月に常設展示をリニューアルし、さらに、2014(平成26)年7月に常設展示を一新し、「福井県立若狭歴史博物館」として生まれかわった。

歴史と文化の宝庫「若狭」の拠点として、「若狭の美しい仏像」「若狭のまつり」「若狭ならではの豊かな歴史資料」を主に紹介している。

福井県立若狭歴史博物館としてリニューアルオープン後は、常設展示を「若狭のみほとけ」「若狭の祭りと芸能」「若狭のなりたち」「若狭から都への道」「若狭への海の道」の5つのテーマで行っている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒917-0241 福井県小浜市遠敷2丁目104  TEL 0770-56-0525
福井県立若狭歴史博物館 [MAP]

利用案内INFORMATION

福井県立若狭歴史博物館 公式サイトURL
http://wakahaku.pref.fukui.lg.jp/
所在地
〒917-0241 福井県小浜市遠敷2丁目104
TEL 0770-56-0525
最寄駅
JR小浜線 東小浜駅から徒歩

近江今津駅からJRバス若江線 遠敷から徒歩
開館時間
開館時間 09:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
定休日についての追記事項
年末年始、その他指定日(カレンダー参照
入館料・観覧料
<常設展>
一般 300円
小中学生・高校生・満70歳以上・障害者手帳等をお持ちの方 無料

※有料の方が20名以上の団体は1人240円
※年齢がわかるもの、障害者手帳等をご提示ください

<企画展>
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。

※団体割引、障害者手帳等をお持ちの方への割引があります
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ふくいけんりつ わかされきしはくぶつかん

福井県立若狭歴史博物館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

福井県立若狭歴史博物館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催予定テーマ展「幕末の『お役所勤め』」

会期:

幕末というと藩主や志士といった有名人に目が行きがちですが、藩を支えていたのは名もない藩士たちです。 本展では彼らに焦点を当て、当時の小浜藩士...

テーマ展「幕末の『お役所勤め』」

これまでに福井県立若狭歴史博物館で開催された展覧会

会期終了リニューアル5周年記念特別展「海と山の美しもの ―食がつなぐ若狭と都―」

会期:

若狭地域(福井県南部)は、古代から「御食国(みけつくに)」と考えられ、都に住む人々に魚貝や塩...

リニューアル5周年記念特別展「海と山の美しもの ―食がつなぐ若狭と都―」

会期終了テーマ展「仏教美術ことはじめ お釈迦さまの美術」

会期:

難解なイメージのある仏教美術について、わかりやすい解説を交えながら尊像ごとに紹介するシリーズ企画。1回目となる今回は「釈迦如来」を取り上げます...

テーマ展「仏教美術ことはじめ お釈迦さまの美術」

会期終了日本遺産関連テーマ展「若狭 仏の絵~街道沿いの文化財~」

会期:

宗教文化や祭礼など、数多くの都の文化がもたらされた若狭。 長い間、大切に守り継がれてきた文化財の数々は、平成27年に「海と都をつなぐ若狭の往来...

日本遺産関連テーマ展「若狭 仏の絵~街道沿いの文化財~」

会期終了特別展「うきたつ人々~幕末若狭の祭礼・風俗・世相~」〈幕末明治福井150年博事業〉

会期:

幕末明治維新期といえば、政治・産業・教育など様々な分野で、新たな時代を切り拓いた先人が福井か...

特別展「うきたつ人々~幕末若狭の祭礼・風俗・世相~」〈幕末明治福井150年博事業〉

会期終了日本遺産関連テーマ展「ふねは進むよどこまでも~若狭湾とふねの歴史~」

会期:

若狭のふねといえば、江戸時代の北前船が有名ですが、船もその役割・時代によって形を様々に変えて...

日本遺産関連テーマ展「ふねは進むよどこまでも~若狭湾とふねの歴史~」

会期終了特別公開「重要文化財 鳥浜貝塚の縄文漆器」

会期:

1期は口縁端部に小石を並べて装飾している総赤漆塗りの木製鉢、2期は木地に陽刻や透かし彫りを施し、赤色漆を塗り残して文様を表現している、筒形で三...

特別公開「重要文化財 鳥浜貝塚の縄文漆器」

会期終了期間限定公開「重文 鳥浜貝塚の櫛 -六千年前の祈り-」

会期:

福井県若狭町の縄文遺跡・鳥浜貝塚から見つかった「赤色漆塗り櫛」は、縄文時代に漆が使われていたことを示すモノとしてたいへん貴重で、重要文化財に...

期間限定公開「重文 鳥浜貝塚の櫛 -六千年前の祈り-」

会期終了エントランス展示「郷愁の春~井田家所蔵古写真から~」

会期:

大正3年(1914)に開園し、桜の名所となった小浜公園での花見の様子、旧北川(現南川)河口付近におけるイサザ漁の様子など、大正・昭和期の若狭の春の...

エントランス展示「郷愁の春~井田家所蔵古写真から~」

会期終了テーマ展「お水送り」

会期:

小浜市下根来の鵜の瀬では、古くから3月2日夜に「送水神事」が行われてきました。 この神事は、若狭路に春を告げる行事として知られています。若狭から流れる水は、遠く奈良に流れ、3月12日夜には東大寺...

テーマ展「お水送り」

会期終了企画展「むかしの道具~くらしとしごと~」

会期:

電化製品にかこまれた現代では考えにくいことですが、今から約100年前まで、一般家庭では電気に頼らない生活をしていました。 また、身の回りのものは...

企画展「むかしの道具~くらしとしごと~」

会期終了新春特別公開「八百比丘尼 ~二人の女神像~」

会期:

八百比丘尼(はっぴゃくびくに)とは、人魚の肉を食べて不老となり、全国を回って人々を助ける事業を行い、800歳近くまで生きたとされている女性で、長...

新春特別公開「八百比丘尼 ~二人の女神像~」

会期終了エントランス展示「おくるほとけ、まつるほとけ ~若狭の仏教民俗~」

会期:

多くの仏像が伝わる地域として全国的に知られている若狭ですが、現代の私たちが仏像を眼にすること...

エントランス展示「おくるほとけ、まつるほとけ ~若狭の仏教民俗~」

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE