美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

神田日勝記念美術館KANDA NISSHO MEMORIAL MUSEUM OF ART

神田日勝記念美術館

神田日勝記念美術館についてABOUT KANDA NISSHO MEMORIAL MUSEUM OF ART

神田日勝記念美術館は、1993年6月17日に鹿追町立神田日勝記念館として開館(2006年に現在の館名に改称)した美術館である。

終戦間際に東京から十勝・鹿追に疎開し、農業のかたわら独学で油絵制作を行った洋画家 神田日勝(かんだにっしょう 1937年12月8日–1970年8月25日)の画業を顕彰し、鹿追町の芸術文化の発展と振興を目的に建設された。設計は建築家 廣田直行が手がける。

神田日勝の作品は、ベニヤ板にペインティング・ナイフを用いて描かれているのが特徴である。抽象表現主義が興隆する同時代の美術界において、農耕馬や廃品など、身近な題材を克明に描き出す力強い具象画を描いたことで異彩を放った。

画家はわずか32歳で夭逝するが、13年程の短い制作期間のうちに、画風は多様に変化を遂げる。≪ゴミ箱≫(1961年)・≪死馬≫(1965年)など、農村生活に根ざした題材を克明に描き上げたものから、≪晴れた日の風景≫(1968年)・≪人間A≫(1969年)など、鮮烈な色彩と激しい筆触による表現主義風の作品。そして≪室内風景≫(1970年)に代表される、新聞広告やポスターを「だまし絵」のように実物そっくりに描き、政治的・社会的メッセージを込めた作品など、多岐にわたる。

神田日勝記念美術館では、それらの作品を常設展・特別企画展を通じて紹介し、デッサンや画家が実際に所持していた書籍や画材、写真資料と併せて展示を行っている。

神田日勝記念美術館のロゴマークに使用されている≪馬(絶筆・未完)≫(1970年)は、急逝した画家のアトリエに遺された未完の油彩画である。晩年の作風とは一線を画す題材・描法は、画家の原点回帰を思わせるが、その完成像を知る手立てがないため謎も多い。生前の発表の機会は無かったものの、今日では≪室内風景≫(1970年)と並ぶ代表作として知られている。「結局、どう云う作品が生れるかは、どう云う生きかたをするかにかかっている」と語り、全身全霊でキャンバスに対峙し続けた画家の儚くも力強い生きざまを物語っているかのような作品である。

◆ 神田日勝 略歴
1937年 東京・練馬に生まれる
1945年 戦火を逃れて一家で十勝・鹿追に疎開、農業を始める
1953年 農家を継ぎ、農作業の合間に独学で油彩画を制作
1961年 全道展(全道美術協会)で北海道知事賞受賞
1964年 独立展(独立美術協会)初入選
1966年 全道展会員推挙
1967年 独立展会友(4年連続入選)
1970年 病没、遺作≪室内風景≫が独立展で宋左近の注目を浴びて一躍有名となる

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒081-0292 北海道河東郡鹿追町東町3丁目2  TEL 0156-66-1555
神田日勝記念美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

神田日勝記念美術館 公式サイトURL
http://kandanissho.com/
所在地
〒081-0292 北海道河東郡鹿追町東町3丁目2
TEL 0156-66-1555
最寄駅
石勝線・根室本線 新得駅または帯広駅下車、拓殖バス乗車、「神田日勝記念美術館前」下車 徒歩すぐ

その他、アクセス方法はこちらから
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
入館料・観覧料
一般 520円(460円)
高校生 310円(260円)
小学生 210円(150円)
入館料・観覧料についての追記事項
※( )内は10名以上の団体料金
※障がい者の方は無料(療育手帳・精神保健福祉手帳・身体障害者手帳を受付にて提示)
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
かんだにっしょうきねんびじゅつかん

神田日勝記念美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開館25周年記念展―《室内風景》を巡る、これまでとこれから

開催期間:

鹿追町立神田日勝記念美術館の開館25周年を記念して、神田日勝(1937-1970)の代表作《室内風景》(1970年、北海道立近代美術館蔵)が...

開館25周年記念展―《室内風景》を巡る、これまでとこれから

観る者の心をとらえる室内風景の魅力
ただいま開催中

牛の足音―冨田美穂 牛の木版画展―

開催期間:

東京に生まれ、現在はオホーツク海沿岸の小清水町で酪農業に従事しながら制作を行っている若手作家・冨田美穂さんの木版画展を開催しま...

牛の足音―冨田美穂 牛の木版画展―

営農のかたわら表現活動を行う2人の競演
これから開催予定

これまでに神田日勝記念美術館で開催された展覧会

平成30年度第1期常設展 コレクション展~新収蔵品紹介~

開催期間:

鹿追町立神田日勝記念美術館が収蔵する神田日勝(1932-1970)の油彩画を、4つのテーマ(人物/馬/風景/静物)ごとに紹介します。 特...

平成30年度第1期常設展 コレクション展~新収蔵品紹介~

4つのテーマ(人物/馬/風景/静物)で
会期終了

神田日勝のデッサン Part2

開催期間:

平成29年度第2期常設展では、第1期に引き続き、神田日勝の初期の頃からのデッサンを紹介します。 神田日勝は1932年に東京の練馬で生...

神田日勝のデッサン Part2

神田日勝のデッサン帳を特別公開
会期終了

神田日勝のデッサン Part1

開催期間:

平成29年度第1期常設展では、神田日勝の初期の頃からのデッサンをご紹介します。 神田日勝は1932年に東京の練馬で生まれ、戦時疎開の...

神田日勝のデッサン Part1

デッサン帳を特別公開!
会期終了

燃え上がる大地―神田日勝 展

開催期間:

十勝・鹿追ゆかりの洋画家・神田日勝(1937-70)は、身体に胴引き跡を残した農耕馬をはじめ、開拓農家としての実生活をモチーフに数多く...

燃え上がる大地―神田日勝 展

後年2年間の作品群を一堂に
会期終了

私のお気に入りの日勝さん Part2

開催期間:

神田日勝記念美術館では、2014年7月から2015年6月までの一年間、来場者を対象とした「神田日勝記念美術館所蔵作品による、神田日勝のこ...

私のお気に入りの日勝さん Part2

自分だけの「お気に入りの1点」に出会う
会期終了

尾道市立美術館名品展 小林和作とその周辺

開催期間:

広島県にある尾道市立美術館との収蔵品交換展として、尾道市立美術館の名品展を開催します。 神田日勝(1937-1970)は独立展(独立美...

尾道市立美術館名品展 小林和作とその周辺

尾道を愛した画家のきらめく豊麗な世界
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE