美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

郵政博物館Postal Museum Japan

郵政博物館

郵政博物館についてABOUT Postal Museum Japan

「郵政博物館」は、郵便および通信に関する所蔵品を展示・紹介する博物館として、2014年(平成26年)3月1日に開館した。

館内は郵便にまつわる歴史や物語を7つの世界に分けて展示や映像で紹介する常設展示ゾーン、企画展示ゾーン、手紙ラウンジ、イベントスペース、ミュージアムショップ、ミュージアムゆうびんきょくで構成される。日本最大となる約33万種の切手展示のほか、国内外の郵政に関する資料約400点を展示。

さらに「郵政博物館」では「心ヲツナグ 世界ヲツナグ」をコンセプトに、デジタル技術を駆使し、郵便や通信がもたらす人と人との心のつながりを感じられる体験・体感型のコンテンツも数多く用意されている。

「郵政博物館」の起源は、明治35(1902)年に万国郵便連合(UPU)加盟25周年記念祝典行事の一環として逓信省が開館した「郵便博物館」にさかのぼる。

同年6月20日 万国郵便連合加盟25周年の記念事業として「郵便博物館」を当時の京橋区木挽町(現在の中央区銀座8丁目、日本郵便(株)銀座支店所在地)の逓信省内に創設。

1910年(明治43年)4月、「単に郵便、電信、電話に限らず電気、海運、航路標識等逓信事業全般にわたる参考資料の展示を」という提案があったことから「郵便博物館」を「逓信博物館」と改称。

1964年(昭和39年)12月、千代田区大手町に、郵政省(現在の日本郵政株式会社)、日本電信電話公社(現在の日本電信電話株式会社)、日本放送協会及び国際電信電話株式会社(現在のKDDI株式会社)四機関共同運営による「逓信総合博物館」が設置。

2013年(平成25年)8月31日、千代田区大手町の再開発に伴い「逓信総合博物館」閉館。

2014年(平成26年)3月1日、墨田区押上に移転し、公益財団法人通信文化協会が運営する「郵政博物館」が開館。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒131-8139 東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ9F  TEL 03-6240-4311
郵政博物館

利用案内INFORMATION

郵政博物館 公式サイトURL
https://www.postalmuseum.jp/
所在地
〒131-8139 東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ9F
TEL 03-6240-4311
最寄駅
【東京スカイツリー駅】
浅草駅から (東武スカイツリーライン) 一駅2分または徒歩約15分
上野駅から (東京メトロ銀座線) 浅草駅乗換 (東武スカイツリーライン) 約14分

【押上(スカイツリー前)駅】
東京駅から(JR総武線快速)錦糸町駅乗換(東京メトロ半蔵門線)約16分
品川駅から(京急線・都営浅草線)直通25分
羽田空港から(京急線・都営浅草線)直通42分
成田空港から(京成成田空港線・成田スカイアクセス京成線)直通59分
開館時間
開館時間 10:00〜17:30(最終入館時間 17:00)
開館時間についての追記事項
※9階に上がれるのは、午前10時からです
※館内へは、ペット同伴での入場は不可。盲導犬や介助犬などにつきましては、障害をお持ちのお客様とともに入館できます。
定休日
不定休 
定休日についての追記事項
※展示替え及び設備点検などにより臨時休館をすることもあります
※休館情報はトップページ「重要なお知らせ」を確認下さい
入館料・観覧料
大人 300円(250円)
小・中・高校生 150円(100円)
※( )内は、団体入館料10名以上料金
入館料・観覧料についての追記事項
※障がい者手帳をお持ちの方と介助者の方は無料となります。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ゆうせいはくぶつかん

郵政博物館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)

感想・評価を投稿する

郵政博物館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中世界切手展

会期:

郵政博物館となって、初めての大々的な切手展です。期間中、3期に分けてそれぞれ趣の違った展覧会を開催します。 郵政博物館において圧倒的な展示数を誇るのは切手です。その数、約33万種も展示していま...

世界切手展

これまでに郵政博物館で開催された展覧会

会期終了年賀状展 ―令和さいしょの新年のごあいさつ―

会期:

携帯やスマートフォンが普及し、メールやコミュニケーションアプリが多く使われるようになった今日でも、新年のあいさつはやはり年賀状が主役です。 ...

年賀状展 ―令和さいしょの新年のごあいさつ―

会期終了秋期企画展「郵便屋さんの図像学」Iconography of Postman

会期:

1902年に郵便博物館として創立し、以来100年以上にわたって逓信・郵政事業に関する資料を収集してきた郵政博物館には、郵便集配員を描いた錦絵、ポスタ...

秋期企画展「郵便屋さんの図像学」Iconography of Postman

会期終了夏休みファミリーイベント「猫のダヤンのなぞとき迷路」

会期:

「猫のダヤン」は、1983年に絵本作家池田あきこ氏が描き下ろしたもので、35年以上もの間愛され続けています。関連絵本は130タイトルを超える人気シリー...

夏休みファミリーイベント「猫のダヤンのなぞとき迷路」

会期終了前島密没後100年記念 「鴻爪痕-HISOKA MAEJIMA-」展

会期:

「日本近代郵便の父」として知られる前島密は、生まれて間もなく父を亡くし、12歳で江戸へと旅立ちます。 時は幕末、黒船が来航し揺れ動く情勢の中、...

前島密没後100年記念 「鴻爪痕-HISOKA MAEJIMA-」展

会期終了明治改元150年記念 企画展「THE STEAMPUNK―螺子巻奇譚(ねじまききたん)―」

会期:

“電信”それは 魔術か 科学か?! 狼煙(のろし)、郵便、電信――。古代から人は“より遠くのだれか”...

明治改元150年記念 企画展「THE STEAMPUNK―螺子巻奇譚(ねじまききたん)―」

会期終了企画展「鐵―鉄道と郵便―」

会期:

鉄道が日本で初めて開通した明治5年から、郵便との関係は始まりました。鉄道を利用して郵便物を運ぶために郵便車が運行される「鉄道郵便」と呼ばれる制度がありました。 鉄道ファンといっても、そのジャ...

企画展「鐵―鉄道と郵便―」

会期終了どうぶつゆうびん局へようこそ!-はしもとみおの木彫の世界-

会期:

彫刻家はしもとみおの魔法が言葉なき動物たちからのメッセージをあなたの心に届けます。 動物たちが人間にメッセージを届けようと開いた郵便局「どう...

どうぶつゆうびん局へようこそ!-はしもとみおの木彫の世界-

会期終了明治改元150年展「幕臣たちの文明開化」

会期:

明治改元150年を記念して開催する企画展です。 前島密、杉浦譲、渋沢栄一ほか民部省改正掛の面々、何礼之、福澤諭吉、武田斐三郎、高島秋帆、竹内卯吉...

明治改元150年展「幕臣たちの文明開化」

会期終了ねんドル約100%! 岡田ひとみミニチュアフード展

会期:

史上初のねんど職人+アイドル=“ねんドル”を宣言し、世界でただ1人の“ねんドル”として、ねんどを愛しねんどで作品を作り、子どもだけでなくおとなも楽...

ねんドル約100%! 岡田ひとみミニチュアフード展

会期終了日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念 ハンス・クリスチャン・アンデルセン展 ―いつもそばに…

会期:

2017年は、1867年の日デンマーク修好通商航海条約の締結による外交関係樹立から150周年に当たります...

日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念 ハンス・クリスチャン・アンデルセン展 ―いつもそばにアンデルセンがいた―

会期終了郵政博物館誕生115年記念 「錦絵‐東京浪漫」展

会期:

1868年、王政復古の大号令により江戸幕府が廃止となり明治新政府が発足、以降、日本は欧米に並ぶ近代国家への道を歩み始めます。 文明開化により、都...

郵政博物館誕生115年記念 「錦絵‐東京浪漫」展

会期終了夏イベント『かみさまみならい ヒミツのここたま』企画展

会期:

テレビ東京系で放映中大人気アニメ「かみさまみならい ヒミツのここたま」企画展を開催します。 こころやここたまの楽しいコーナー、ポストのかみさま...

夏イベント『かみさまみならい ヒミツのここたま』企画展

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE