暮らしの気配
向井潤吉が描いた民家と生活

世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館

  • 開催期間:2022年4月1日(金)〜2022年9月11日(日)
  • クリップ数:7 件
暮らしの気配――向井潤吉が描いた民家と生活 世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館-1
《宿雪の峡》[長野県下水内郡栄村秋山郷]1983年
暮らしの気配――向井潤吉が描いた民家と生活 世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

戦後40年にわたり、日本各地の草屋根民家のある風景を描き続けた洋画家・向井潤吉(1901-1995)。向井の作品は、失われゆく民家とそれを取り巻く周囲の自然環境を主題とし、そこに人物が大きく描かれることはほとんどありませんでした。

しかし、一つひとつの作品を注意深く見ていくと、軒先の洗濯物や、作業に勤しむ人々の姿などが点景として描き入れられていることに気づきます。こうしたモチーフは絵画上のさりげないアクセントとなり、また、画面全体に穏やかな日々の営みのリズムをもたらし、描かれた民家がより生彩を帯びて感じられます。

本展では向井潤吉が画面に込めた暮らしの気配にフォーカスし、油彩、水彩あわせて約30点の作品を紹介します。それぞれの風土に根ざした、人々の生活の息遣いを感じ取っていただければ幸いです。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年4月1日(金)〜2022年9月11日(日)
会場 世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館 Google Map
住所 東京都世田谷区弦巻2-5-1
時間 10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
7月19日(火)
※ただし7月18日(月・祝)は開館
観覧料 一般 200円(160円)
大高生 150円(120円)
65歳以上・中小生 100円(80円)
  • ※( )内は20名以上の団体料金
    ※障害者の方は100円(80円)、ただし小・中・大学生の障害者は無料。介助者(当該障害者1名につき1名)は無料。証明書を要提示
    ※小・中学生は土・日・祝・休日、夏休み期間は無料
TEL03-5450-9581
URLhttp://www.mukaijunkichi-annex.jp/

世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館 世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都世田谷区で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

《宿雪の峡》[長野県下水内郡栄村秋山郷]1983年

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE