山口県立美術館 Yamaguchi Prefectural Art Museum

山口県立美術館山口県立美術館

山口県立美術館についてABOUT Yamaguchi Prefectural Art Museum

山口県立美術館は、1979年(昭和54年)、山口県山口市、亀山公園に隣接したところに、雪舟、狩野芳崖、香月泰男をはじめ山口県ゆかりの作家を中心とした作品により「山口県の特色を発揮する郷土色豊かな美術館」「県民が参加する開かれた美術館」をコンセプトに開館した県立美術館である。

コレクションには、山口県出身でシベリアの抑留体験を描いた作品で有名な画家香月泰男(かづきやすお)のシベリア・シリーズをはじめ、雪舟とその後継者である雲谷派の画家、森寛斎や狩野芳崖、戦後の画家では松田正平や小林和作のものなどがある。

開館以来30年以上を経て2011年(平成23年)度に行った改修工事では、ロビーをより開放的な空間に整え、展示室の模様替え、ミュージアムショップの拡充、講座室や中庭《県美の森》敷地内遊歩道の整備などを行った。この際に設置した畳敷きの展示室では、日本美術を畳に座ってゆっくり鑑賞できるようになった。

◆主な収蔵品の山口県出身・ゆかりの作家に、香月泰男、小林和作、松田正平、狩野芳崖、松林桂月、小田海僊、朝倉南陵、高島北海、藤田隆治、小野具定、永地秀太、桑重儀一、長谷川三郎、中本達也、宮崎進、河上左京、吉村芳生、河内山賢祐、澄川喜一、田中米吉、飴村秀子、堀尾卓司、堀尾信夫、山本晃、福田勝治、林忠彦、福島菊次郎、下瀬信雄、福田翠光、桂ゆき、植木茂、殿敷侃ら

◆主な収蔵品の雪舟と雲谷派・その他の作家に、雪舟等楊、雲谷等顔、雲谷等益、雲谷等爾、雲谷等與、雲谷等はん、狩野松栄、狩野秀頼、森寛斎、森周峰、森狙仙、高橋由一、新海竹太郎、戸張孤雁、小野竹喬、玉村方久斗、松本武雄、里見勝蔵、朝倉摂、豊福知徳、深井隆、中川一政、深井隆、松澤宥、アンセル・アダムズ、ウィン・バロック、トマス・シュトルート、ニエーレ・トローニ、ウーライ、木村伊兵衛、濱谷浩、石元泰博、植田正治、東松照明、奈良原一高、牛腸茂雄、荒木経惟、森山大道、田村彰英、畠山直哉ら

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

山口県立美術館
〒753-0089 山口県 山口市亀山町3-1  TEL 083-925-7788

利用案内INFORMATION

山口県立美術館 公式サイトURL
http://www.yma-web.jp/
所在地
〒753-0089 山口県 山口市亀山町3-1
TEL 083-925-7788
最寄駅
電車の場合 JR新山口駅から山口線に乗り換え山口駅下車 徒歩約15分

バスの場合
<JR新山口駅から>
防長バス山口方面行きで約30分(美術館前、市役所前もしくは県庁前下車)
JRバス山口方面行きで約40分(県庁前下車)

<JR防府駅から>
JRバス山口方面行き(米屋町もしくは美術館前下車)で約35分
防長バス山口方面行き(米屋町下車)で約30分
開館時間
開館時間 9:00〜17:00 (最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・月曜日が祝日・休日の場合は開館
・年末年始
・展示替え、館内整備等による臨時休館期間
年間スケジュールはこちら
入館料・観覧料
<コレクション展>
一般 300円(240円)
学生 200円(160円)
70歳以上及び18歳以下の方 無料
※( )内は20名以上の団体料金
※高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在籍する方等は無料です。

<特別展>
展覧会毎に定めます。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※障がい者手帳等をご持参の方とその介護の方1名は無料です。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
やまぐちけんりつびじゅつかん

山口県立美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

山口県立美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催展覧会情報は、現在ありません

これまでに山口県立美術館で開催された展覧会

唐絵(からえ)の系譜 将軍家の襖絵/雪舟と狩野派

唐絵(からえ)の系譜 将軍家の襖絵/雪舟と狩野派

会期終了

会期:

中国の名画を「唐絵(からえ)」と呼んで尊重し、制作の規範にした室町時代の美術文化は...

庵野秀明展

庵野秀明展

会期終了

会期:

山口県宇部市出身の映像作家、庵野秀明(1960-)。社会現象を巻き起こした『新世紀エヴァンゲリオン』(1995)シリーズのほか、『シン...

野田弘志 真理のリアリズム

野田弘志 真理のリアリズム

会期終了

会期:

野田弘志(1936-)は、日本のリアリズム絵画を代表する画家の一人です。東京藝術大学を卒業後、イラストレーターとして多忙な日々を送...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE