美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

岡山県立美術館Okayama Prefectural Museum of Art

岡山県立美術館

岡山県立美術館についてABOUT Okayama Prefectural Museum of Art

岡山県立美術館は、岡山市天神山地区に1988年3月に開館。設計は、建築家・岡田新一によるもの。2013年、岡山県立美術館は、“街並形成に無くてはならないもの”と評価され、第13回日本建築家協会(JIA)25年賞を受賞している。

「郷土に親しみ 美を慈しむ」をコンセプトに、郷土にゆかりあるすぐれた美術品を収集・展示するとともに、内外の芸術活動を紹介する展覧会やワークショップを開催している。

所蔵作品には、岡山県にゆかりのある、雪舟・宮本武蔵・浦上玉堂・岡本豊彦・国吉康雄らをはじめとした芸術家の作品があり、そのジャンルは古書画・日本画・西洋画・彫刻・工芸など多岐にわたる。およそ1か月に1度展示替えが行われている。主な作品として、牧谿「老子像」(「鼻毛老子」と言われる。旧東山御物)、玉澗「廬山図」、雪舟「山水図(倣玉澗)」これら3点は重要文化財であり、宮本武蔵「布袋図」、浦上玉堂「山澗読易図」、国吉康雄「祭りは終わった」、平櫛田中「五浦釣人」などがある。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒700-0814 岡山県岡山市北区天神町8-48  TEL 086-225-4800
岡山県立美術館

利用案内INFORMATION

岡山県立美術館 公式サイトURL
http://okayama-kenbi.info/
所在地
〒700-0814 岡山県岡山市北区天神町8-48
TEL 086-225-4800
最寄駅
JR岡山駅から徒歩15分

路面電車 岡山駅前電停1番乗り場 東山行「城下」下車徒歩3分

岡山駅バスターミナルより 岡電バス(1番乗り場) 藤原団地行「天神町」下車すぐ/宇野バス(11番乗り場)四御神(しのごぜ)・瀬戸駅・片上方面行「表町入口」下車徒歩3分

循環バスめぐりん 岡山駅前(ドレミの街前)バス停10番乗り場 県庁・京橋線(Cルート)「表町入口」下車徒歩3分
開館時間
開館時間 09:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が休日の場合はその翌日
※年末年始(12月28日~1月4日)
※展示替え期間中
入館料・観覧料
一般 350円(280円)
大学生 250円(200円)
小中高生 無料
65歳以上 170円(140円)
※( )は20名以上の団体料金
入館料・観覧料についての追記事項
※次の方は岡山の美術展 観覧料が免除されます
・ももっこカードをお持ちの方(土日祝のみ、家族全員無料)
・障害者手帳や難病患者であることを証する書類をお持ちの方及び介護者1名、教職員の引率する県内の小中学生、県内の学校に在学する外国人留学生は、岡山の美術展・企画展ともに無料
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
おかやまけんりつびじゅつかん

岡山県立美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)

感想・評価を投稿する

岡山県立美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中高畑勲展 日本のアニメーションに遺したもの

会期:

初の長編演出(監督)となった「太陽の王子 ホルスの大冒険」(1968年)で、悪魔と闘う人々の団結という困難な主題に挑戦...

高畑勲展 日本のアニメーションに遺したもの

岡山県立美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに岡山県立美術館で開催された展覧会

会期終了坂田一男 捲土重来

会期:

キュビスム以降の抽象絵画の展開を核心で抽象絵画の展開を核心で理解し、その可能性を究極まで推し進めた画家・坂田一男(1889-1956)。世界的にも稀有な高い次元に...

坂田一男 捲土重来

会期終了日・チェコ交流100周年 ミュシャと日本、日本とオルリク

会期:

2020年、日本とチェコの交流100周年を迎えるにあたり、チェコ出身のアルフォンス・ミュシャ(Alfons Mucha, 1860-1939)と...

日・チェコ交流100周年 ミュシャと日本、日本とオルリク

会期終了衣笠豪谷

会期:

胸中の深山幽谷、花々の間に戯れる鶏、陽光に満ちた倉敷の風景、瀬戸内の豊かな海の幸―これらは全て、明治前期に生きた倉敷出身の南画家の作品です。 彼の名は衣笠...

衣笠豪谷

会期終了熊谷守一 いのちを見つめて

会期:

岐阜県出身の画家・熊谷守一(くまがいもりかず 1880-1977)は、東京美術学校(現 東京藝術大学)でのアカデミックな美術教育を出発点に、その長い生涯にわたり、身...

熊谷守一 いのちを見つめて

会期終了太田三郎 -此処にいます

会期:

太田三郎(1950-)は津山市在住です。郵便切手と消印による作品や、独自のデザインによる切手型の作品を制作しています。 本展は、初期から新作まで広く取り上げ...

太田三郎 -此処にいます

会期終了目の目 手の目 心の目 part2

会期:

2015年春休みに好評を博した『目の目 手の目 心の目』が、この夏、再びやってくる! 目《視覚》のみならず、耳《聴覚》や手《触覚》でさまざまな素材や造形の魅力...

目の目 手の目 心の目 part2

会期終了国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア

会期:

モスクワにある国立トレチャコフ美術館は、創設者パーヴェル・トレチャコフ(1832–1898)によってその基礎が築かれた約20...

国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア

会期終了江戸の奇跡・明治の輝き-日本絵画の200年

会期:

明治維新を挟んだ江戸時代後期と明治時代の200年は、日本絵画史においても大きく変動した時期です。 画風が多岐にわたり...

江戸の奇跡・明治の輝き-日本絵画の200年

会期終了新たな表現をめざして 創作版画が歩んだ道のり 和歌山県立近代美術館コレクションを中心に

会期:

日本では、職人による分業体制で制作される浮世絵という木版画の伝統がありまし...

新たな表現をめざして 創作版画が歩んだ道のり 和歌山県立近代美術館コレクションを中心に

会期終了生きてゐる山水 廬山をのぞむ古今のまなざし

会期:

玉澗《廬山図》(重要文化財)は、岡山県立美術館のコレクションを代表する水墨の名品です。 また、廬山の位置する江西省...

生きてゐる山水 廬山をのぞむ古今のまなざし

会期終了ポーラ美術館コレクション モネ、ルノワールからピカソまで

会期:

2002年、箱根に開館したポーラ美術館は、国内屈指の充実した西洋絵画コレクションを誇ることで知られています。 本展では...

ポーラ美術館コレクション モネ、ルノワールからピカソまで

会期終了岡山県立美術館開館30周年記念展 県美コネクション つながる「ひと」・「もの」・「こと」

会期:

岡山県立美術館は、昭和63(1988)年、瀬戸大橋、岡山空港とともに岡山県の大型...

岡山県立美術館開館30周年記念展 県美コネクション つながる「ひと」・「もの」・「こと」

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE