美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

中野美術館Nakano Art Museum

中野美術館

中野美術館についてABOUT Nakano Art Museum

中野美術館は、1984年(昭和59年)に開館した、奈良県奈良市郊外にある美術館である。

日本書紀にも登場した、日本最古のため池といわれる“蛙股池(かえるまたいけ)”のほとりに位置する美術館で、池を挟んで向こう側、小高い松林の中には、大和文華館を望む。

創立者である実業家 中野皖司(かんじ)氏が、奈良県吉野地域における林業にたずさわるかたわら、約25年間にわたり収集した美術品の寄贈を受けて、1983年(昭和58年)12月、財団法人中野美術館が設立され、翌年、1984年(昭和59年)3月に開館した。

緑豊かで穏やかな景観の中にたたずむ美術館の建築は、万国博、日本庭園の迎賓館などを手掛けた、彦谷邦一氏の設計によるもの。赤杉と呼ばれる吉野産の木材を使用した内装は、落ち着いた風情ある和風の空間となっており、吉野産赤杉をふんだんに使用した茶室も設けられている。

収蔵品は、中野皖司氏によりコレクションされた明治、大正、昭和の三代にわたる近代日本の洋画および日本画である。

日本画では、村上華岳「中国列仙伝 全十六幅」(1915年)「朝顔」「早春風景図」をはじめ、入江波光(いりえ はこう)「天女」「ゆく春」、土田麦僊(つちだ ばくせん)、榊原紫峰(さかきばら しほう)など国画創作協会会員の作品が大部分をなし、中でも村上華岳、入江波光の作品は、その大半を占めている。

その他に富岡鉄斎「茂樹清泉圖及題詠」、横山大観、冨田渓仙「嵐峡春宵図」「鵜飼」、小林古径、徳岡神泉、など近代日本画の巨匠達の作品約100点を収蔵する。

洋画では、須田国太郎「古銅器」「ヴァイオリン」「夏の午後(三輪山風景)」「牛の居る風景」をはじめ、青木繁、中村彝(なかむら つね)「花」、村山槐多(むらやま かいた)「松の群」、萬鉄五郎「雪景色」、岸田劉生「青年の首」、椿貞雄、熊谷守一「畝傍山」、前田寛治「人物」、小出楢重「鏡のある静物」、三岸好太郎、長谷川利行、松本竣介など異色の近代画家たちの作品、その他、浅井忠、久米桂一郎「夏の少女」、国吉康雄、安井曽太郎、梅原龍三郎、鳥海青児「万里の長城」「山肌」、児島善三郎など、わが国洋画史上欠くことのできない著名な作家たちの作品など、こちらも約100点を収蔵する。

版画では、長谷川潔、駒井哲郎、浜口陽三の銅版画作品、恩地孝四郎、清宮質文の木版画作品を収蔵、彫刻では、高村光雲「西王母」の木彫作品、佐藤忠良「若い女・夏」「帽子」のブロンズ作品を収蔵している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒631-0033 奈良県奈良市あやめ池南9丁目946-2  TEL 0742-48-1167
中野美術館

利用案内INFORMATION

中野美術館 公式サイトURL
http://www.nakano-museum.jp/
所在地
〒631-0033 奈良県奈良市あやめ池南9丁目946-2
TEL 0742-48-1167
最寄駅
近鉄奈良線 学園前駅 南出口から徒歩8分
開館時間
開館時間 10:00〜16:00(最終入館時間 15:45)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※但し、臨時休館の場合がありますので、こちらをご確認ください。
入館料・観覧料
展覧会ごとに異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
割引クーポン
http://www.nakano-museum.jp/guide/index.html#waribiki
美術館名 よみがな
なかのびじゅつかん

中野美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)

感想・評価を投稿する

中野美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中春季展「大正の日本画-渓仙・麦僊・華岳・波光を中心に-」「洋画・版画セレクション」

会期:

「大正の日本画」 大正期は、大正デモクラシーの流れに乗って、個性を尊重し自我の主張を認める風潮...

春季展「大正の日本画-渓仙・麦僊・華岳・波光を中心に-」「洋画・版画セレクション」

これまでに中野美術館で開催された展覧会

会期終了所蔵名作展「近代日本の洋画・日本画」

会期:

本展は、日本画では、小林古径、冨田渓仙をはじめ、村上華岳や入江波光の作品を中心に紹介します。 また洋画では、萬鉄五郎、藤田嗣治、国吉康雄、須田...

所蔵名作展「近代日本の洋画・日本画」

会期終了秋季展「人のかたち -岸田劉生、恩地孝四郎から舟越桂までー」 「近代の日本画」

会期:

人物画には、自己をモデルとした自画像、作家の周辺である家族(婦人や子供)や知人を描いたもの、...

秋季展「人のかたち -岸田劉生、恩地孝四郎から舟越桂までー」 「近代の日本画」

会期終了所蔵名作展「日本画・洋画の名品」

会期:

この展覧会は、夏の風物詩を描いた村上華岳、冨田溪仙、徳岡神泉の日本画から、久米桂一郎、鹿子木孟郎、須田国太郎、村山槐多などの洋画、長谷川潔、...

所蔵名作展「日本画・洋画の名品」

会期終了春季展「神仙と菩薩 -富岡鉄斎、村上華岳を中心に-」「洋画・版画セレクション」

会期:

近代の日本画においても、多様な神々や仏を描いた作家たちがいます。 富岡鉄斎は、石門心学を家学...

春季展「神仙と菩薩 -富岡鉄斎、村上華岳を中心に-」「洋画・版画セレクション」

会期終了所蔵名作展「近代日本の洋画・日本画」

会期:

本展は、近代日本の洋画・日本画を紹介します。 日本画では、富岡鉄斎、冨田渓仙をはじめ、村上華岳や入江波光の作品を中心に。 また洋画では、萬鉄五...

所蔵名作展「近代日本の洋画・日本画」

会期終了秋季展「山と樹を描く」

会期:

日本人は、古くから山を愛し、信仰の対象として崇め親しんで来ましたが、画家たちも「山」をテーマとした作品を数多く制作し、生命感を持つ「樹」もまた重要なモティーフであったと言えます。 洋画では...

秋季展「山と樹を描く」

会期終了所蔵名作展「日本画・洋画の名品」

会期:

夏の風物詩を描いた、村上華岳、冨田渓仙、徳岡神泉の日本画から、岡田三郎助、鹿子木孟郎、鳥海青児、松本竣介などの洋画、浜口陽三の版画まで、中野...

所蔵名作展「日本画・洋画の名品」

会期終了大正・昭和前期の絵画 ―草土社、二科、独立、国展ゆかりの画家たち―

会期:

この展覧会は、洋画では、大正3年の「二科会」(梅原龍三郎、山下新太郎、小出楢重)、大正4年に結...

大正・昭和前期の絵画 ―草土社、二科、独立、国展ゆかりの画家たち―

会期終了所蔵名作展「近代日本の洋画・日本画」

会期:

本展は、日本画では岸田劉生、橋本関雪をはじめ、村上華岳や入江波光の作品を中心に紹介します。 また洋画では、小杉未醒、萬鉄五郎、須田国太郎、村...

所蔵名作展「近代日本の洋画・日本画」

会期終了秋季展「様々な墨絵」「洋画・版画セレクション」

会期:

様々な墨絵〈日本画展示室〉 近代の墨絵は、明治期の自然主義的傾向に飽き足らず、作家の様々な個性が絡んだ主観的表現の水墨画へと展開していきまし...

秋季展「様々な墨絵」「洋画・版画セレクション」

会期終了所蔵名作展「日本画・洋画の名品」

会期:

この展覧会は、夏の風物詩を描いた村上華岳、冨田渓仙、徳岡神泉の日本画から、久米桂一郎、鹿子木孟郎、梅原龍三郎、松本竣介などの洋画、浜口陽三、...

所蔵名作展「日本画・洋画の名品」

会期終了春季展「春を描く―冨田渓仙・入江波光・村上華岳を中心に―」「洋画・版画セレクション」

会期:

◆春を描く ―冨田渓仙・入江波光・村上華岳を中心に―〈日本画展示室〉 近代の日本画においても、四...

春季展「春を描く―冨田渓仙・入江波光・村上華岳を中心に―」「洋画・版画セレクション」

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE