美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

静岡市東海道広重美術館SHIZUOKA CITY TOKAIDO HIROSHIGE MUSEUM of ART

静岡市東海道広重美術館

静岡市東海道広重美術館についてABOUT SHIZUOKA CITY TOKAIDO HIROSHIGE MUSEUM of ART

東海道広重美術館は、江戸時代の浮世絵師・歌川広重(1797-1858年)の名を冠した、日本で最初の美術館である。

1994年、江戸時代の参勤交代の際に大名が宿泊した本陣のある宿場町「由比宿(ゆいしゅく)」の跡地で整備された、由比本陣公園内に開館した。「由比宿」は、東海道五十三次の16番目の宿場であり、現在の静岡県静岡市清水区に位置する。

東海道広重美術館では、広重の代表的な東海道シリーズ『東海道五拾三次之内』(保永堂版東海道)、『東海道』(隷書東海道)、『東海道五十三次之内』(行書東海道)の他、晩年の傑作『名所江戸百景』など、風景版画の揃物の名品を中心に約1,400点を所蔵する。

常に新しい視点で、浮世絵芸術の素晴らしさを満喫できるようにと、展示替えは毎月行われ、所蔵品を中心にバラエティーに富んだ企画展を開催する。

また講演会やギャラリートークなど、関連事業も随時実施される。館内には「大展示室」「小展示室」の他、「浮世絵の基礎知識」「ガイダンスルーム」がある。

エントランスホールには、浮世絵版画摺りの技術をやさしく理解できる「版画体験コーナー」が設置され、“広重”や“東海道”をキーワードに、江戸文化への理解を深められる工夫がなされている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒421-3103 静岡県静岡市清水区由比297-1  TEL 054-375-4454
静岡市東海道広重美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

静岡市東海道広重美術館 公式サイトURL
http://tokaido-hiroshige.jp/
所在地
〒421-3103 静岡県静岡市清水区由比297-1
TEL 054-375-4454
最寄駅
<東海道本線(在来線)>
「由比駅」下車、旧東海道を東へ直進、徒歩25分。またはタクシー5分。

<JR東海道新幹線 大阪、名古屋方面をご利用の方>
新幹線静岡駅下車、東海道本線乗り換え(約20分)、「由比駅」下車。

<JR東海道新幹線 東京、横浜方面をご利用の方>
新幹線三島駅下車、東海道本線乗り換え(約40分)、「由比駅」下車。または、新幹線静岡駅下車、東海道本線乗り換え(約20分)、「由比駅」下車。
開館時間
開館時間 09:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・月曜日が祝日の場合は開館、翌平日休館
・年末年始(12/28~1/4)
入館料・観覧料
一般 510円(410円)
大学生・高校生 300円(240円)
中学生・小学生 120円(100円)
未就学児は無料
※(  )は20名以上の団体料金
入館料・観覧料についての追記事項
※市内に居住する70歳以上の方は無料
※市内在住の中学生以下は無料
※障害者手帳等の掲示により、本人及び同伴者1名様は無料
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
しずおかしとうかいどうひろしげびじゅつかん

静岡市東海道広重美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

出張日本平動物園 うきよえどうぶつ館

開催期間:

江戸時代のどうぶつたちが美術館に大集合! 出張日本平動物園“うきよえどうぶつ館”を期間限定で開館します。 身近に生きるどうぶつか...

出張日本平動物園 うきよえどうぶつ館

江戸時代のどうぶつたちが美術館に大集合!
ただいま開催中

広重没後 160年記念 めいしょ広重

開催期間:

多くの名所を描いた浮世絵師、歌川広重。 広重没後160年を記念する本展では、広重が数多く残した名所絵の中から、「富士山」「東海道...

広重没後 160年記念 めいしょ広重

江戸の人々が親しんだ広重の「めいしょ」
これから開催予定

これまでに静岡市東海道広重美術館で開催された展覧会

LADY GO!AIKO×江戸ガールズコレクション

開催期間:

世界を舞台に活躍するストリートアーティストAIKOと広重美術館の初のコラボレーションが実現! 本展では世界中を旅する現代の絵師AIKO...

LADY GO!AIKO×江戸ガールズコレクション

ストリートアーティストAIKOとの初コラボ
会期終了

浮世絵と囲碁

開催期間:

東アジアを中心として、2000年以上の歴史を持つ囲碁。奈良時代には日本にも伝播し、正倉院には碁盤と石が伝えられています。 さらに、...

浮世絵と囲碁

江戸時代の人々が親しんだ二つの文化
会期終了

江戸⇔東京百景

開催期間:

歌川広重が本格的に風景版画を手がけはじめたのは、『東海道五拾三次之内』シリーズの刊行より三年前、天保初年(1830)頃に自身が暮ら...

江戸⇔東京百景

広重が残した「江戸」の風景の数々
会期終了

広重生誕220周年記念 歌川広重 三つの東海道

開催期間:

「東海道五十三次と言えば、広重!」といわれるほど、「東海道」の浮世絵は今や広重の代名詞となっています。広重はその生涯で二十種類...

広重生誕220周年記念 歌川広重 三つの東海道

画中に隠された様々な工夫と魅力に迫る
会期終了

広重生誕220周年記念 広重・豊国・国芳 -雙筆五十三次と東海道五十三對-

開催期間:

嘉永六年(1853)刊の評判記『江戸寿那古細撰記(えどすなごさいせんき)』の浮世絵師番...

広重生誕220周年記念 広重・豊国・国芳 -雙筆五十三次と東海道五十三對-

歌川派の三人の人気絵師による東海道作品
会期終了

広重生誕220周年記念 浮世絵と広告

開催期間:

現代では美術作品として鑑賞されている浮世絵版画ですが、江戸時代では商業的なメディアとしても扱われていました。特に広告的な側面は...

広重生誕220周年記念 浮世絵と広告

一味違った見方で名所絵を紹介
会期終了

三人の広重

開催期間:

名所絵師として人気を博した初代歌川広重ののち、広重を名乗る絵師は五代まで続きました。 その中でも浮世絵師として数多くの名所絵を...

三人の広重

初代広重直筆!「版下絵」を公開
会期終了

まるごと富士 同時開催:チャールズ・エマーソン 富士連作

開催期間:

美しく雄大な富士山は、そのものが神の山として信仰の対象とされてきました。標高の高さと均整のとれた裾野の広がりに魅了され、その姿...

まるごと富士 同時開催:チャールズ・エマーソン 富士連作

イギリスの写真家が捉えた幻想的な富士
会期終了

広重 最初と最後の東海道

開催期間:

名所絵師として名を馳せた歌川広重は、生涯において数多くの東海道の揃物を手掛けています。風光明媚な名所にとどまらず、街道のさまざ...

広重 最初と最後の東海道

「地図でたどる東海道」も同時開催
会期終了

江戸のおもちゃ絵

開催期間:

浮世絵版画には鑑賞するだけではなく、「おもちゃ絵」と呼ばれる実際に遊び道具として楽しまれた浮世絵(木版紙製玩具)もつくられまし...

江戸のおもちゃ絵

浮世絵「おもちゃ絵」や戯画の浮世絵など
会期終了

東海道旅みやげ

開催期間:

江戸時代後半、主要な街道の整備が整い、旅や地方の情報が出版され、庶民の間でも伊勢参りや金比羅参りなどの参詣の旅が多く行われるよ...

東海道旅みやげ

40代半ば、50代に描いた東海道シリーズ
会期終了

浮世絵のあか

開催期間:

浮世絵の赤色には天然染料である紅(紅花)が主に用いられました。それは高級品であったことから、一枚の浮世絵で多量に使われることは...

浮世絵のあか

「あか」による表現性、色と文化の関わり
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE