美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

本間美術館Homma Museum of Art

本間美術館

本間美術館についてABOUT Homma Museum of Art

戦後、1947年(昭和22年)、全国に先駆けて開館した本間美術館は、荒廃した人心を励まし芸術文化の向上に資することを目的として、本間家に伝わる庄内藩酒井家・米沢藩上杉家など東北諸藩からの拝領品を中心に展示活動を始めた。

当時、特に雛人形展では露天商も出るほどの賑わいを見せたという。以来、棟方志功や中川一政をはじめ優れた作家たちの展覧会を数多く催すとともに、昭和43年には、創立20周年を記念して伊藤喜三郎氏設計の美術展覧会場を建設し、多くの篤志家からの美術品の寄贈や蒐集活動を通して、近世の古美術から現代芸術に至る美術作品の展示を充実させてきた。

幽邃な四季の風情が美しい国指定名勝「鶴舞園」と精緻な京風木造建築の「清遠閣」は、本間家四代光道が文化10年(1813)、丁持(ちょうもち、港湾労働者)たちの冬期失業対策事業として築造された。鳥海山を借景とする池泉回遊式庭園は、中島の松に鶴が飛んできたことから藩主酒井侯によって「鶴舞園」と名付けられている。

本間美術館には、本間家や篤志家からの寄贈美術品を含め659件1,003点の基本財産の美術品と2,068点の美術品を収蔵しており、現在国の文化財、県の文化財、市の文化財指定のものや、近・現代の作品、雛人形・古典人形などの収蔵品がある。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒998-0024 山形県酒田市御成町7-7  TEL 0234-24-4311
本間美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

本間美術館 公式サイトURL
http://www.homma-museum.or.jp/
所在地
〒998-0024 山形県酒田市御成町7-7
TEL 0234-24-4311
最寄駅
JR酒田駅から徒歩5分

庄内空港から庄内交通バス酒田駅行き(40分) 終点庄交バスターミナル下車 徒歩1分
開館時間
開館時間 09:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
開館時間についての追記事項
11月~3月は、9:00~16:30
(最終入館時間 16:00)
定休日
不定休 
定休日についての追記事項
※12月~2月 火・水曜日(祝日の場合はその翌日)
※大掃除・年末年始休館
※展示替期間
入館料・観覧料
大人 900円(810円)
学生 400円(350円)
小・中学生 無料
※( )内団体20名以上
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ほんまびじゅつかん

本間美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中夏休み企画 親子で楽しむミュージアム 絵の中の動物たち

会期:

古くから人間の暮らしの身近にいた動物たちは絵画のモチーフとなり、多彩な姿で描かれてきました。かっこいい、かわいい動物たちの絵画...

夏休み企画 親子で楽しむミュージアム 絵の中の動物たち

開催中夏休み企画 ねじめ正一コレクション絵本原画展

会期:

東京都出身の詩人で小説家・絵本作家のねじめ正一氏(1948~)のコレクションより、いとうひろし、長野ヒデ子ら絵本作家の絵本原画を展...

夏休み企画 ねじめ正一コレクション絵本原画展

開催予定特別展あべとしゆき水彩画展ー静けさを聴くためにー

会期:

2018年に刊行された『静けさを聴くために あべとしゆき水彩詩画集』(日貿出版社)に掲載された作品を中心に、静寂の中に光が溢れる情...

特別展あべとしゆき水彩画展ー静けさを聴くためにー

本間美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに本間美術館で開催された展覧会

会期終了茶の湯の世界 -中国絵画とともに-

会期:

中国から遣唐使を通じて日本にもたらされた茶は、鎌倉時代に禅宗の隆盛とともに点茶(現在の抹茶)として武家を中心とする権力者たちの間...

茶の湯の世界 -中国絵画とともに-

会期終了本間紀男遺作展「創・象」

会期:

仏像の研究・制作・修復を行う佛教造形研究所を創立し、本間美術館の理事も務めた本間紀男氏が、平成27年3月に83歳で逝去されました。 東京藝術大学の彫刻科を修了した紀男氏は、20...

本間紀男遺作展「創・象」

会期終了子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り

会期:

今から71年前の昭和23年3月、地元旧家の雛人形をお借りし、清遠閣を会場に一堂に展示した「雛人形展」が開催されました。 この展覧会...

子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り

会期終了企画展「生命の息吹 大野廣子の世界」

会期:

東京都出身の日本画家・大野廣子氏(1956~ )は、武蔵野美術大学大学院日本学科を首席で卒業し、第一回川端龍子賞展(1986年)で優秀...

企画展「生命の息吹 大野廣子の世界」

会期終了日本画の新時代 -革新と伝統-

会期:

明治時代初期、政府主導のもと急激な欧化政策が推進され、日本美術、とりわけ日本画が一時衰退しました。 しかし、殖産興業を背景とした海外での博覧会を通じて日本美術への関心が...

日本画の新時代 -革新と伝統-

会期終了ぬくもりと懐かしさにふれる 大滝博子 創作人形展

会期:

山形県天童市出身の人形作家・大滝博子氏の創作活動は、35年前に子どもにおもちゃを手作りしたことから始まります。 以来、家族を大切...

ぬくもりと懐かしさにふれる 大滝博子 創作人形展

会期終了激動の時代 西郷隆盛と志士たち

会期:

NHK大河ドラマ「西郷どん!」の主人公・西郷隆盛(号は南洲)が活躍した幕末は、新時代「明治」へとつながる変革期であり、志をもった...

激動の時代 西郷隆盛と志士たち

会期終了武士の装いとたしなみ

会期:

戦乱の時代、主従関係を結び、自己の家や土地を守るために命がけで戦った武士。彼らが身につけていた甲冑や刀剣、刀装具などの装いには、彼らの美意識や祈りを感じられるものがあり...

武士の装いとたしなみ

会期終了酒田の文化財と茶道名宝展

会期:

北前船の寄港地として栄えた酒田には、全国各地から流行物や美術品が伝わっています。 そうした地域性から、江戸期以降も美術や歴史に対する嗜好は強く、数多くの美術品や史料が先...

酒田の文化財と茶道名宝展

会期終了北前船が伝えた華 雛祭古典人形展

会期:

今から70年前の昭和23年3月、地元旧家の雛人形をお借りし、清遠閣を会場に一堂に展示した「雛人形展」が開催されました。 この展覧会...

北前船が伝えた華 雛祭古典人形展

会期終了企画展「知ればこんなにおもしろい こもんじょ入門!」

会期:

古文書(こもんじょ)とは、書かれてある内容が注目される、古い時代の文書のことです。 日本では古くから多くの古文書が大切に伝えら...

企画展「知ればこんなにおもしろい こもんじょ入門!」

会期終了絵と写真でつづる酒田

会期:

戦後間もない昭和22年(1947)に開館し、開館70周年を迎えた本間美術館。 酒田大火後の昭和53年(1978)に開館し、開館40年目を迎えた酒田市立資料館。長年にわたり酒田の文化向上、歴...

絵と写真でつづる酒田

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE