美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

新収蔵作品を中心にIII 「清川泰次 シンプルな世界へ」

世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー

  • 開催期間:2016年12月17日(土)〜2017年3月20日(月・祝)
  • クリップ数:1 件
新収蔵作品を中心にIII 「清川泰次 シンプルな世界へ」 世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー-1
新収蔵作品を中心にIII 「清川泰次 シンプルな世界へ」 世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー-2
新収蔵作品を中心にIII 「清川泰次 シンプルな世界へ」 世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー-3
新収蔵作品を中心にIII 「清川泰次 シンプルな世界へ」 世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー-4
新収蔵作品を中心にIII 「清川泰次 シンプルな世界へ」 世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー-1
新収蔵作品を中心にIII 「清川泰次 シンプルな世界へ」 世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー-2
新収蔵作品を中心にIII 「清川泰次 シンプルな世界へ」 世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー-3
新収蔵作品を中心にIII 「清川泰次 シンプルな世界へ」 世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー-4

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

本展は、画家・清川泰次(1919-2000)の、近年あらたに収蔵した作品を3期に分けてご紹介する「新収蔵作品を中心に」の最終期です。

具象的な作風から出発した清川は、戦後間もない1950年代に渡米し、自由で新鮮な表現との出会いを経て、自身の表現スタイルを徐々に変化させていきました。

第1期、第2期では、その変遷をご紹介しましたが、第3期では、1960年代から80年代頃までの油彩画10数点を展示します。

1963年、清川は、もう一度アメリカで制作と発表の機会を得ようと再び渡米しました。サンフランシスコとニューヨークで精力的に個展を開催し、グループ展にも参加しました。この頃から清川は、白く塗ったカンヴァスに、黒やグレーで線を引いた作品を多く描くようになります。

1966年に帰国後も白を基調としたスタイルでの制作を続け、1973年には「白の世界」と題した個展を開催しました。後に「白の中には無限の色がある」と語っている清川にとって、白色は重要な色彩のひとつとなり、その後の仕事に大きく影響を与えることになりました。

在米中の作品をはじめ、シンプルな表現世界へと展開していく清川泰次の歩みをご覧ください。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2016年12月17日(土)〜2017年3月20日(月・祝)
会場世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリーGoogle Map
住所 東京都世田谷区成城2-22-17 [MAP]
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
年末年始(12月29日~1月3日)
1月9日(月・祝)は開館、1月10日(火)は休館
観覧料 一般 200円(160円)
大高生 150円(120円)
65歳以上/中小生 100円(80円)
  • ※障害者の方は100円(80円)、
    ただし小・中・高・大学生の障害者は無料
    介助者(当該障害者1名につき、1名)は無料
    証明書をご提示のうえ、お申し出下さい
    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※小・中学生は土、日、祝日は無料
TEL03-3416-1202
URLhttp://www.kiyokawataiji-annex.jp/

世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリーの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー 世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都世田谷区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE