テレンス・コンラン
モダン・ブリテンをデザインする

東京ステーションギャラリー

  • 開催期間:2024年10月12日(土)~2025年1月5日(日)
  • クリップ数:32 件
テレンス・コンラン モダン・ブリテンをデザインする 東京ステーションギャラリー-1
テレンス・コンラン モダン・ブリテンをデザインする 東京ステーションギャラリー-2
テレンス・コンラン モダン・ブリテンをデザインする 東京ステーションギャラリー-3
テレンス・コンラン モダン・ブリテンをデザインする 東京ステーションギャラリー-4
テレンス・コンラン モダン・ブリテンをデザインする 東京ステーションギャラリー-5
テレンス・コンラン モダン・ブリテンをデザインする 東京ステーションギャラリー-6
テレンス・コンラン モダン・ブリテンをデザインする 東京ステーションギャラリー-7
テレンス・コンラン モダン・ブリテンをデザインする 東京ステーションギャラリー-8
テレンス・コンラン モダン・ブリテンをデザインする 東京ステーションギャラリー-9
テレンス・コンラン モダン・ブリテンをデザインする 東京ステーションギャラリー-10
バートン・コート自邸内の仕事部屋、2004年撮影
Photo: David Garcia / Courtesy of the Conran family, Conran Foundation and Conran IP LTD.
コンランがデザインした家具の模型、ザ・コンランショップ(UK)蔵 Courtesy of the Conran family
コンランが手がけたレストラン「ブルーバード」(1997年開店) Photo: Alex Pareas, Courtesy of Conran and Partners / Courtesy of the Conran family
コンランのパターン・デザインによるディナープレート「チェッカース」、1957 年 Courtesy of the Conran family
コンランがデザインしたトラベルケース「トラベル・ザ・ワールド」(グローブ・トロッター製)、2019 年、個人蔵 Courtesy of the Conran family
バートン・コート自邸、2004年撮影 Photo: David Garcia / Courtesy of the Conran family
コンランと彼がデザインした「コーン・チェア」、1952年撮影 、レイモンド・ウィリアムズ・エステート蔵
Photo © Estate of Raymond Williams / Courtesy of the Conran family
ザ・コンランショップの紙袋、1980年代、デザイン・ミュージアム/テレンス・コンラン・アーカイヴ蔵 Courtesy of the Design Museum / Courtesy of the Conran family
改修されたミシュランビル(レストラン「ビバンダム」とザ・コンランショップ、1987年改修) Courtesy of the Conran family
コンランの著書『The House Book』(ミッチェル・ビーズリー刊)、1974 年 Courtesy of the Conran family
テレンス・コンラン モダン・ブリテンをデザインする 東京ステーションギャラリー-1
テレンス・コンラン モダン・ブリテンをデザインする 東京ステーションギャラリー-1
テレンス・コンラン モダン・ブリテンをデザインする 東京ステーションギャラリー-1
テレンス・コンラン モダン・ブリテンをデザインする 東京ステーションギャラリー-1
テレンス・コンラン モダン・ブリテンをデザインする 東京ステーションギャラリー-1
テレンス・コンラン モダン・ブリテンをデザインする 東京ステーションギャラリー-1
テレンス・コンラン モダン・ブリテンをデザインする 東京ステーションギャラリー-1
テレンス・コンラン モダン・ブリテンをデザインする 東京ステーションギャラリー-1
テレンス・コンラン モダン・ブリテンをデザインする 東京ステーションギャラリー-1
テレンス・コンラン モダン・ブリテンをデザインする 東京ステーションギャラリー-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

「Plain, Simple, Useful(無駄なくシンプルで機能的)」なデザインが生活の質を向上させると信じ、個人の生活空間から都市、社会までを広く視野に入れ、デザインによる変革に突き進んだサー・テレンス・コンラン(1931-2020)。本展は、イギリスの生活文化に大きな変化をもたらし、デザインブームの火付け役にもなったコンランの人物像に迫る日本で初めての展覧会です。

戦後まもなくテキスタイルや食器のパターン・デザイナーとして活動を始めたコンランは、1960年代、ホームスタイリングを提案する画期的なショップ「ハビタ」をチェーン化して成功を収め、起業家としての手腕を発揮します。そして、1970年代から展開した「ザ・コンランショップ」におけるセレクトショップの概念は、日本を含む世界のデザイン市場を激変させました。

このほか、家具などのプロダクト開発、廃れていたロンドンの倉庫街を一新させた都市の再開発、書籍の出版など、関わった事業は多岐にわたります。いっぽう、1950年代からレストラン事業にも乗り出し、高級レストランからカジュアルなカフェまで50店舗以上を手がけ、モダン・ブリティッシュと称される新しい料理スタイルをイギリスの食文化に定着させました。長年あたためていたデザイン・ミュージアムの設立構想を1989年、世界に先駆け実現させたことも大きな功績のひとつです。

本展は、パターン・デザインした食器やテキスタイルなどの初期プロダクト、家具デザインのためのマケット、ショップやレストランのためのアイテム、発想の源でもあった愛用品、著書、写真、映像など300点以上の作品や資料に加え、彼から影響を受けた人々のインタビューを交えながらさまざまなコンラン像を浮かびあがらせます。

デザインが暮らしを豊かにすること、いつでもこれが私にとって一番大事なことだった。
―― テレンス・コンラン『マイ・ライフ・イン・デザイン』より

◆ サー・テレンス・オルビー・コンラン
Sir Terence Orby Conran(1931-2020)
ロンドン南西部サリー州イーシャーに生まれる。セントラル・スクール・オブ・アーツ・アンド・クラフツ(現セントラル・セント・マーチンズ)でバウハウスやアーツ・アンド・クラフツに影響を受け、ブリティッシュ・ポップアートの旗手エドゥアルド・パオロッツィにテキスタイル・デザインを学ぶ。テキスタイル、食器、家具のデザインを手がけるうち起業に目覚め、ライフスタイルショップ「ハビタ」や「ザ・コンランショップ」の経営で成功を収めた。その他、レストラン事業や出版業、都市開発まで多才を発揮。デザイン奨励と社会貢献を目的に1989年、世界初のデザイン・ミュージアムを設立。デザイン分野での功績と文化事業が評価され、1983年に英国王室より騎士(Knight Bachelor)に叙勲、サー(Sir)の敬称を許された。2020年、自邸バートン・コートで88年の生涯を閉じる。西新宿の「ザ・コンランショップ」日本初出店から今年で30年を迎える。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2024年10月12日(土)~2025年1月5日(日)
会場 東京ステーションギャラリー Google Map
住所 東京都千代田区丸の内1-9-1
時間 10:00~18:00 (最終入場時間 17:30)
  • ※金曜日は、20:00まで(最終入場時間 19:30)
休館日 月曜日、10月15日(火)、11月5日(火)、12月29日(日)~2025年1月1日(水)
※ただし10月14日、11月4日、12月23日は開館
観覧料 一般 1,500円(1,300円)
高校・大学生 1,300円(1,100円)
中学生以下無料
  • ※( )内は前売料金(9/1~10/11オンラインチケットで販売)
    ※障がい者手帳等持参の方は200円引き(介添者1名は無料)
    ※オンライン(前売券・当日券)または当館1階入口(当日券)でチケット販売
TEL03-3212-2485
URLhttp://www.ejrcf.or.jp/gallery
割引券http://www.ejrcf.or.jp/gallery/campaign.html

東京ステーションギャラリーの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

東京ステーションギャラリー 東京ステーションギャラリー

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都千代田区で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

バートン・コート自邸内の仕事部屋、2004年撮影
Photo: David Garcia / Courtesy of the Conran family, Conran Foundation and Conran IP LTD.

コンランがデザインした家具の模型、ザ・コンランショップ(UK)蔵 Courtesy of the Conran family

コンランが手がけたレストラン「ブルーバード」(1997年開店) Photo: Alex Pareas, Courtesy of Conran and Partners / Courtesy of the Conran family

コンランのパターン・デザインによるディナープレート「チェッカース」、1957 年 Courtesy of the Conran family

コンランがデザインしたトラベルケース「トラベル・ザ・ワールド」(グローブ・トロッター製)、2019 年、個人蔵 Courtesy of the Conran family

バートン・コート自邸、2004年撮影 Photo: David Garcia / Courtesy of the Conran family

コンランと彼がデザインした「コーン・チェア」、1952年撮影 、レイモンド・ウィリアムズ・エステート蔵
Photo © Estate of Raymond Williams / Courtesy of the Conran family

ザ・コンランショップの紙袋、1980年代、デザイン・ミュージアム/テレンス・コンラン・アーカイヴ蔵 Courtesy of the Design Museum / Courtesy of the Conran family

改修されたミシュランビル(レストラン「ビバンダム」とザ・コンランショップ、1987年改修) Courtesy of the Conran family

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE