シュウカツ! 護る、伝える、保存修理活動

滋賀県立美術館

  • 開催期間:2022年11月29日(火)〜2023年1月29日(日)
  • クリップ数:2 件
シュウカツ! 護る、伝える、保存修理活動 滋賀県立美術館-1
シュウカツ! 護る、伝える、保存修理活動 滋賀県立美術館-2
冨田渓仙《西王母》1920年 滋賀県立美術館蔵
野口謙蔵《野草静物》1942年 滋賀県立美術館蔵
シュウカツ! 護る、伝える、保存修理活動 滋賀県立美術館-1
シュウカツ! 護る、伝える、保存修理活動 滋賀県立美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

新たな美術品を収集する活動である「収活」。2017年4月から2021年6月までリニューアル工事のため休館していましたが、その間にも収集活動は継続的に行っており、その数は購入・寄贈・寄託を含めて228件に上ります。また、収集した文化財を良好な状態で保存・公開するため、作品の修理活動「修活」は、休館中に71件を行いました。展覧会や教育普及活動などとは異なり、目には見えづらい「シュウカツ」に焦点を当てます。

常設展「護る、伝える、保存修理活動」では、マザーレイク寄附金で修理した横井金谷の屏風を始め、多様な素材と技法の「修理」を紹介します。あわせて軸装や屏風などの表具に必要な裂や紙を紹介し、作品と一体となって構成し、よりよく見せるための要素にも注目します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年11月29日(火)〜2023年1月29日(日)
会場 滋賀県立美術館 Google Map
住所 滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1
時間 9:30〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
年末年始(2022年12月22日(木)~2023年1月10日(火))
観覧料 一般 540円(430円)
高校・大学生 320円(260円)
  • ※( )は20名以上の団体料金
    ※常設展のチケットで展示室1、小倉遊亀コーナー、展示室2を観覧可
    ※中学生以下、県内居住の65歳以上、身体障害者手帳等をお持ちの方は無料
    毎週日曜日は「木の家専門店 谷口工務店フリーサンデー」!
    常設展示をどなたでも無料で観覧いただけます
TEL077-543-2111
URLhttps://www.shigamuseum.jp/exhibitions/4051/

滋賀県立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

滋賀県立美術館 滋賀県立美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
滋賀県で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

冨田渓仙《西王母》1920年 滋賀県立美術館蔵

野口謙蔵《野草静物》1942年 滋賀県立美術館蔵

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE