美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

漆芸名品展 ‐うるしで伝える美の世界‐

静嘉堂文庫美術館

  • 開催期間:2016年10月8日(土)〜2016年12月11日(日)
  • クリップ数:3 件
漆芸名品展 ‐うるしで伝える美の世界‐ 静嘉堂文庫美術館-1
漆芸名品展 ‐うるしで伝える美の世界‐ 静嘉堂文庫美術館-2
漆芸名品展 ‐うるしで伝える美の世界‐ 静嘉堂文庫美術館-3
漆芸名品展 ‐うるしで伝える美の世界‐ 静嘉堂文庫美術館-4
漆芸名品展 ‐うるしで伝える美の世界‐ 静嘉堂文庫美術館-5
漆芸名品展 ‐うるしで伝える美の世界‐ 静嘉堂文庫美術館-6
漆芸名品展 ‐うるしで伝える美の世界‐ 静嘉堂文庫美術館-7
漆芸名品展 ‐うるしで伝える美の世界‐ 静嘉堂文庫美術館-1
漆芸名品展 ‐うるしで伝える美の世界‐ 静嘉堂文庫美術館-2
漆芸名品展 ‐うるしで伝える美の世界‐ 静嘉堂文庫美術館-3
漆芸名品展 ‐うるしで伝える美の世界‐ 静嘉堂文庫美術館-4
漆芸名品展 ‐うるしで伝える美の世界‐ 静嘉堂文庫美術館-5
漆芸名品展 ‐うるしで伝える美の世界‐ 静嘉堂文庫美術館-6
漆芸名品展 ‐うるしで伝える美の世界‐ 静嘉堂文庫美術館-7

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

古来、天然の美しい塗料として、あるいは接着剤・保護膜として用いられ、今日まで豊かな造形と意匠を生み出してきた“うるし”。

静嘉堂の漆芸コレクションは、飲食器や文房具、調度品等のほか、天目台や盆・棗(なつめ)、香合といった伝世の茶道具、多数の印籠も含んでおり、幅広く、豊かな内容を持つものです。

本展は、館蔵の日本・中国・朝鮮・琉球等の漆芸品から優品を精選、10年ぶりに公開します。そのうちには、近年修理を終え、色調も明るく甦った近世初頭における漆芸の傑作・重文の「羯鼓催花・紅葉賀図密陀絵屏風(かっこさいか・もみじのがずみつだえびょうぶ)」があり、このたび修理後初公開となります。

漆芸の各種技法を駆使し、絵画的表現にも迫る本作は、漆にはない白色を得るために、密陀絵(一種の油絵)技法も用いています。作者、制作背景ともに不明という、この豪華でミステリアスな大作に、是非ご注目下さい。

このほか、“唐物(からもの)”として、わが国で珍重されてきた中国漆芸、大らかで優美な朝鮮漆器、色彩豊かな琉球漆芸など、ここに各時代・各地域で作り出された漆工芸の世界を一同にご鑑賞いただけます。

“うるし”によって伝えられた美の世界を、どうぞお楽しみ下さい。

※会期中、一部作品の展示替をいたします。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2016年10月8日(土)〜2016年12月11日(日)
  • <前期展示> 10月8日(土)~11月6日(日)
    <後期展示> 11月8日(火)~12月11日(日)
会場静嘉堂文庫美術館Google Map
住所 東京都世田谷区岡本2-23-1 [MAP]
時間 10:00〜16:30(最終入場時間 16:00)
休館日 月曜日 
(ただし10月10日は開館)、10月11日(火)
観覧料 一般 1,000円
大高生 700円
中学生以下無料
  • ※団体割引は20名以上
TEL03-5777-8600(ハローダイヤル)
URLhttp://www.seikado.or.jp/

静嘉堂文庫美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

静嘉堂文庫美術館 静嘉堂文庫美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都世田谷区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE