宮本三郎 西洋の誘惑

世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館

  • 開催期間:2022年4月1日(金)〜2022年9月11日(日)
  • クリップ数:5 件
宮本三郎 西洋の誘惑 世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館-1
宮本三郎 西洋の誘惑 世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館-2
宮本三郎 西洋の誘惑 世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館-3
宮本三郎 西洋の誘惑 世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館-4
宮本三郎 西洋の誘惑 世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館-5
宮本三郎 西洋の誘惑 世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館-6
宮本三郎 西洋の誘惑 世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館-7
宮本三郎 西洋の誘惑 世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館-8
《赤い背景》 1938年
《海浜/海の記念日》1967-68年頃
《化粧室の裸婦》のためのデッサン 1965年頃
《エトルタの海》1939年
《(ピアノ)》1945-48年頃
*(   )は題不詳につき仮題
《着衣像》1938-39年頃
《裸婦》1954年
《裸婦》1962年
宮本三郎 西洋の誘惑 世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館-1
宮本三郎 西洋の誘惑 世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館-1
宮本三郎 西洋の誘惑 世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館-1
宮本三郎 西洋の誘惑 世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館-1
宮本三郎 西洋の誘惑 世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館-1
宮本三郎 西洋の誘惑 世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館-1
宮本三郎 西洋の誘惑 世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館-1
宮本三郎 西洋の誘惑 世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

石川県小松市に生まれた宮本三郎(1905-1974)が、画家を志して上京したのは1920年代のこと。ヨーロッパへ留学し帰国した先達の画家たちによって、日本の洋画に多様な展開がもたらされた頃でした。宮本もまた、1938年に初めてヨーロッパの地を訪れます。パリに拠点を置き、ルーヴル美術館に通って模写をしたり、イタリア各都市の史跡や美術館を巡るなどして、深遠なる西洋の美術の歴史にじかにふれることになりました。

戦後、1952年にも再び渡欧し、フランスやイタリアのほか、スペインやギリシャを巡ります。同時代である20世紀美術の流れも目の当たりにした宮本は、帰国後さっそくキュビスム風の試みを取り入れるなど、実験を重ねるのでした。また、絵画上の実践のみならず、執筆活動なども旺盛に行った宮本は、時代や流派を問わず西洋美術を研究し続けます。その知識と審美眼は周囲を驚かせるほどのものでした。

ドラクロワ、ドガ、ルノワール、セザンヌ、マティス、モディリアーニ、キスリング、ヴュイヤール、デュフィ…。宮本の作品には、さまざまな画家の絵筆をなぞるようにして、多様なスタイルがかわるがわるに立ち現れます。それは西洋の発祥である油彩画を、日本人の画家として自らのものとし追求していくための、果てしない旅でもありました。宮本三郎がその絵画のなかに辿った西洋美術への共感と憧憬、そしてその先に続く制作の展開を追います。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年4月1日(金)〜2022年9月11日(日)
会場 世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館 Google Map
住所 東京都世田谷区奥沢5-38-13
時間 10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
7月19日(火)
※7月18日(月・祝)は開館
観覧料 一般 200円(160円)
大高生 150円(120円)
65歳以上・中小生 100円(80円)
障害者 100円(80円)、
ただし小・中・高・大学生の障害者は無料。介助者(当該障害者1名につき1名)は無料
  • ※( )内は20名以上の団体料金
    ※世田谷区内在住・在校の小・中学生は土、日、祝・休日、夏休み期間は無料
TEL03-5483-3836
URLhttp://www.miyamotosaburo-annex.jp/

世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館 世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都世田谷区で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

《赤い背景》 1938年

《海浜/海の記念日》1967-68年頃

《化粧室の裸婦》のためのデッサン 1965年頃

《エトルタの海》1939年

《(ピアノ)》1945-48年頃
*(   )は題不詳につき仮題

《着衣像》1938-39年頃

《裸婦》1954年

《裸婦》1962年

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE