コロナ禍とアマビエ
6人の現代アーティストが「今」を考える

角川武蔵野ミュージアム

  • 開催期間:2022年1月22日(土)〜2022年5月8日(日)
  • クリップ数:3 件
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-1
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-2
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-3
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-4
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-5
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-6
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-7
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-8
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-9
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-10
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-11
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-12
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-13
会田誠/疫病退散アマビヱ之図/2020/ターポリンにプリント/H4995 x W3528 mm/
© 2020 Makoto Aida Courtesy of Kadokawa Culture Museum
会田誠《灰色の山》2009-2011/キャンバス、アクリル絵具/300×700cm/
制作協力:渡辺篤/撮影:宮島径/タグチアートコレクション蔵/
©︎AIDA Makoto Courtesy of Mizuma Art Gallery
荒神明香/reflectwo/2008/2021/H7000 x W2600 x D900 mm/造花、アクリル、ワイヤー/© 2021 Haruka Kojin Courtesy of Kadokawa Culture Museum
荒神明香《reflectwo》/2006/2021/W6000 x H2000 x D700 mm/造花、アクリル、ワイヤー/作家蔵
鴻池朋子/武蔵野皮トンビ/2021/H10000 x W24000 mm/牛皮、水性塗料、クレヨン/
© 2021 Tomoko Konoike Courtesy of Kadokawa Culture Museum
鴻池朋子《武蔵野皮トンビ制作インスタレーション》/2020–2021
川島秀明/SHI/2020/H1620 x W1620 mm/キャンバスに油彩、アクリル絵具/
© 2021 Hideaki Kawashima Courtesy of Kadokawa Culture Museum
川島秀明《Beg(手を出している人物)》/2021/1303 x 894 mm/
キャンバスに油彩、アクリル絵具/作家蔵
大岩オスカール/太陽と10匹の妖怪/2021/H6835 x W2940 mm/紙にインク/
© 2021 Oscar Oiwa Courtesy of Kadokawa Culture Museum
大岩オスカール《path to the light》2018/H2286 × W4445 mm/キャンバスに油彩、ARアプリ/作家蔵
大小島真木/綻びの螺旋/2021/サイズ可変/ミクストメディア・インスタレーション/
写真:足利森/© 2021 Maki Ohkojima Courtesy of Kadokawa Culture Museum
大小島真木 Re forming 《 I 》/2021/サイズ可変/ミクストメディア・インスタレーション/作家蔵
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-1
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-1
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-1
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-1
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-1
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-1
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-1
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-1
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-1
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-1
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-1
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-1
コロナ禍とアマビエ 6人の現代アーティストが「今」を考える 角川武蔵野ミュージアム-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

2020年11月、その年の春から世界を襲った新型コロナウイルス感染拡大の中、不安を抱える多くの人たちに向けて、角川武蔵野ミュージアムは「コロナ時代のアマビエ・プロジェクト」を始めました。

幕末に熊本沖に現れたとされる妖獣アマビエのイメージが召喚され、プロアマ問わずアマビエを表すブームが起こりました。それは、美術が持つイメージの力が、人々に希望をもたらす可能性を問いかける現象でした。過去の焼き直しではなく、今を生きる現代のアーティストに、それぞれのアマビエを生み出してほしい、「コロナ時代のアマビエ・プロジェクト」は、そんな思いから生まれました。

会田誠、鴻池朋子、川島秀明、大岩オスカール、荒神明香、大小島真木。この6人の現代アーティストが角川武蔵野ミュージアムで1年を通して、それぞれのアマビエを生み出しました。会田誠さんは1番手として、あえて流行していたアマビエ像を描きました。そして他のアーティストたちは、旧来のアマビエ像にしばられず、コロナ禍と向き合い、不安、鎮魂、普遍的な存在、生命の連鎖といったそれぞれのイメージを生み出してくれました。

1年が経ち、日本の、世界の状況は大きく変化しました。まだ感染症が収束したとは言えないものの、コロナ禍の中でさまざまな経験を経たいま、このプロジェクトを振り返り、ここから生まれた作品や参加したアーティストたちの新作を通して、「今」をいかに生きるのかを考えます。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年1月22日(土)〜2022年5月8日(日)
会場 角川武蔵野ミュージアム Google Map
展示室4階 エディットアンドアートギャラリー
住所 埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3 ところざわサクラタウン内
時間 10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
  • ※金・土:10:00~20:00(最終入場時間 19:30)
休館日 第1・3・5火曜日
※休館日が祝日の場合は開館・翌日閉館
観覧料 【オンライン購入価格】
一般 1,200円
中高 1,000円
小学 800円

【当日窓口購入価格】
一般 1,400円
中高 1,200円
小学 1,000円
URLhttps://kadcul.com/event/65

角川武蔵野ミュージアムの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

角川武蔵野ミュージアム 角川武蔵野ミュージアム

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
埼玉県で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

会田誠/疫病退散アマビヱ之図/2020/ターポリンにプリント/H4995 x W3528 mm/
© 2020 Makoto Aida Courtesy of Kadokawa Culture Museum

会田誠《灰色の山》2009-2011/キャンバス、アクリル絵具/300×700cm/
制作協力:渡辺篤/撮影:宮島径/タグチアートコレクション蔵/
©︎AIDA Makoto Courtesy of Mizuma Art Gallery

荒神明香/reflectwo/2008/2021/H7000 x W2600 x D900 mm/造花、アクリル、ワイヤー/© 2021 Haruka Kojin Courtesy of Kadokawa Culture Museum

荒神明香《reflectwo》/2006/2021/W6000 x H2000 x D700 mm/造花、アクリル、ワイヤー/作家蔵

鴻池朋子/武蔵野皮トンビ/2021/H10000 x W24000 mm/牛皮、水性塗料、クレヨン/
© 2021 Tomoko Konoike Courtesy of Kadokawa Culture Museum

鴻池朋子《武蔵野皮トンビ制作インスタレーション》/2020–2021

川島秀明/SHI/2020/H1620 x W1620 mm/キャンバスに油彩、アクリル絵具/
© 2021 Hideaki Kawashima Courtesy of Kadokawa Culture Museum

川島秀明《Beg(手を出している人物)》/2021/1303 x 894 mm/
キャンバスに油彩、アクリル絵具/作家蔵

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE