EXHIBITION

企画展「いろ◆色◆夢二」

夢二郷土美術館 本館

  • 開催期間:2021年9月7日(火)〜2021年12月5日(日)
企画展「いろ◆色◆夢二」 夢二郷土美術館 本館-1
企画展「いろ◆色◆夢二」 夢二郷土美術館 本館-2
企画展「いろ◆色◆夢二」 夢二郷土美術館 本館-3
企画展「いろ◆色◆夢二」 夢二郷土美術館 本館-4
企画展「いろ◆色◆夢二」 夢二郷土美術館 本館-5
竹久夢二《秋のいこい》
竹久夢二《セノオ楽譜原画「クライスラーの子守唄」》
竹久夢二《大徳寺》
竹久夢二《日本の夜》
企画展「いろ♦色♦夢二」チラシ
企画展「いろ◆色◆夢二」 夢二郷土美術館 本館-1
企画展「いろ◆色◆夢二」 夢二郷土美術館 本館-1
企画展「いろ◆色◆夢二」 夢二郷土美術館 本館-1
企画展「いろ◆色◆夢二」 夢二郷土美術館 本館-1
企画展「いろ◆色◆夢二」 夢二郷土美術館 本館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

大正ロマンを代表する詩人画家・竹久夢二(1884-1934)の日本画や油彩画、挿絵、版画、デザイン、詩文など多彩な作品の中で表現された“色”の魅力は、夢二作品の重要な要素の一つとなっています。

ふるさとでのこども時代、自分の眼で見た自然を表現することを覚えた夢二は、自らの審美眼で理想の色を追求し続けました。晩年「自分一生涯に於ける総くくりの女だ」と語った美人画の集大成の作品《立田姫》の印象的な赤の表現に至るまで、夢二の色への感覚はいかに研ぎ澄まされていったのか。夢二の肉筆作品や版画などの繊細な色遣い、書き残した文章や詩などをヒントに夢二の色の魅力と秘密に迫ります。

本展ではモダンな色彩の夢二式浮世絵ともいえる《治兵衛》など夢二が情熱を注いだ版画作品や、墨と胡粉のみで可憐な舞妓を描いた《大徳寺》などの肉筆作品の美麗な表現をご覧いただきます。

また、サンフランシスコの日系人向け邦字新聞「日米」(鶴谷壽氏寄贈)に夢二がスケッチと紀行文を連載した「I Came I Saw」や、外遊先で描き2015年に当館に里帰りした幻の油彩画《西海岸の裸婦》など、晩年の夢二が外遊先でたどりついた新たな表現にも注目します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年9月7日(火)〜2021年12月5日(日)
会場 夢二郷土美術館 本館 Google Map
住所 岡山県岡山市中区浜2丁目1-32
時間 9:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
※祝日・振替休日の場合は翌日
観覧料 大人 800円
中高大学生 400円
小学生 300円
TEL086-271-1000
URLhttps://yumeji-art-museum.com/

夢二郷土美術館 本館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

夢二郷土美術館 本館 夢二郷土美術館 本館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
岡山県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE