EXHIBITION

ウィリアム・モリス
原風景でたどるデザインの軌跡

奈良県立美術館

  • 開催期間:2021年6月26日(土)〜2021年8月29日(日)
  • クリップ数:19 件
  • 感想・評価:4 件
ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡 奈良県立美術館-1
ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡 奈良県立美術館-2
ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡 奈良県立美術館-3
ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡 奈良県立美術館-4
ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡 奈良県立美術館-5
ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡 奈良県立美術館-6
《いちご泥棒》デザイン:ウィリアム・モリス 1883年 Photo ©Brain Trust Inc.
《るりはこべ》デザイン:ウィリアム・モリス 1876年 Photo ©Brain Trust Inc.
《柘榴あるいは果実》デザイン:ウィリアム・モリス 1866年頃 Photo ©Brain Trust Inc.
ウィリアム・モリス著『世界のかなたの森』ウィリアム・モリス 1894年 Photo ©Brain Trust Inc.
《卓上ランプ》デザイン:ウィリアム・アーサー・スミス・ベンソン ランプシェード:ジェームズ・パウエル 20世紀初頭 Photo ©Brain Trust Inc.
織作峰子(撮影) 《赤煉瓦の館》
Photo ©Mineko Orisaku, ©Brain Trust Inc.
Thanks to the National Trust Red House,
Bexley, London
ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡 奈良県立美術館-1
ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡 奈良県立美術館-1
ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡 奈良県立美術館-1
ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡 奈良県立美術館-1
ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡 奈良県立美術館-1
ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡 奈良県立美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

芸術家、詩人、作家、思想家、社会運動家など、多彩な分野で活躍したウィリアム・モリス(William Morris 1834~1896)は、19世紀のイギリスを代表する偉人として知られています。

モダン・デザインの父とも称され、芸術と生活の統一を目指してモダン・デザインを提唱したアーツ・アンド・クラフツ運動を先導しました。

本展では、これまで顧みられることのなかったモリスの幼少期や学生時代にはじまり、晩年に至るまで、デザイナーとしてのモリスの生涯を紐解きます。モリスの制作活動は「住まい」「学び」「働いた場所」など、その時々の環境と深いつながりをもちました。

本展ではモリス自身および彼の仲間たちによるデザイン・工芸作品80点に、写真家・織作峰子氏が撮影したモリスにちなむ風景を組み合わせ、そのデザインの軌跡をたどります。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年6月26日(土)〜2021年8月29日(日)
会場 奈良県立美術館 Google Map
住所 奈良県奈良市登大路町10-6
時間 9:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
8月10日(火)
※ただし8月9日(月・振替休日)は開館
観覧料 一般 1,200円
大・高生 1,000円
中・小生 800円
  • ※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため団体料金の設定はなし
    ※身体障がい者手帳・療養手帳・精神障がい者保健福祉手帳の所持者と介助者1人、外国人観光客(長期滞在者・留学生を含む)と付添の観光ボランティアガイドは無料
TEL0742-23-3968
URLhttp://www.pref.nara.jp/11842.htm

奈良県立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

奈良県立美術館 奈良県立美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

素敵でした。

まさかの古都奈良での展覧会で沢山の素敵なウィリアムモリスが見れて良かったです。歴史も面白かったです。

4.0

ウィリアム・モリスを知る

ウィリアム・モリスは仕事柄、壁紙のカタログを見るたびにいつか自分の家に使いたいと思っていました。
それぐらい好きなのによく考えると壁紙の柄ぐらいしか知っていなかったことに気づき、今回の美術展の存在は私にとってとても嬉しい機会でした。

正直なところ、そんなに観る物があるのか・・・と思っていた私が面白かった点は、
・「レッドハウス」・・・平面図と共に映し出される映像にてレッドハウスの中の内装を見ることができました。
玄関ホールやベッドルーム等、トータルコーディネートを観ることができてドキドキしました。
基本、シンプルだけれどもどこか可愛い一目でモリスの家だとわかるファブリックや壁紙。丸い窓のステンドグラスは手書きなんだとか。
ただ、このレッドハウスには楽しく暮らした様子だけではなく、モリスの悲しい事情も知りました。
・作品のモチーフ・・・モチーフとなったものの図柄と写真が展示しているのですが、ずっと疑問に思っていた人気の壁紙である「ウィロー」はちょっと抽象的に
見ているのかと思っていたら写真の柳はまさしく「ウィロー」。テムズ川にある柳は日本人の私が想像するものとは全く違いました。

ウィリアム・モリス=モリス商会=アーツ&クラフツ、ぐらいの知識しかなかった私ですが、モリスがいか手仕事を大切にしていたのかを
よく知ることができました。図録が売り切れていて残念でしたが記念写真も撮ってもらい満足です。

REPORT

研究を重ねて編み出された「インディゴ抜染」の色味

ウィリアム・モリスの作品はいくつか知っているものの、実際に作品を目にするのは今回が初めてです。生涯を紐解く展示ということで、新たな発見を期待して鑑賞しました。

◆見どころ① - インディゴ抜染
今回一番印象に残ったのは「インデ…readmore

THANKS!をクリックしたユーザー
シンディさん
  • VIEW238
  • THANKS1
  • BY m3-bit

4.0

モリスの軌跡をなぞる展覧会

ウィリアム・モリスの生きた軌跡をなぞる展覧会でした。
有名なウォールペーパーの柄がいくつもあって、繊細な柄模様は見ていて楽しくなります。
モリスの作品の他にも、モリスに関わる人々の作品などの展示があるので、合わせて鑑賞することができ知識も深まりました。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
奈良県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE