EXHIBITION

日本の心象 刀剣、風韻、そして海景

姫路市立美術館

  • 開催期間:2021年7月3日(土)〜2021年9月5日(日)
  • クリップ数:2 件
  • 感想・評価:1 件
日本の心象 刀剣、風韻、そして海景 姫路市立美術館-1
日本の心象 刀剣、風韻、そして海景 姫路市立美術館-2
《国宝 太刀 銘 国行(号明石国行)》鎌倉時代 刀剣博物館(公益財団法人日本美術刀剣保存協会)
庭園アートプロジェクト風景
日本の心象 刀剣、風韻、そして海景 姫路市立美術館-1
日本の心象 刀剣、風韻、そして海景 姫路市立美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

日本の美意識を象徴する刀剣の刃文の美を手掛かりに、日本の風土が培ってきた深淵にして豊穣な心象風景を探求します。

「第一章 刀剣の光陰」では、国宝「明石国行」はじめ国内の名刀約50口を紹介し、多様で奥深い刃文の美をひもときます。

「第二章 風韻、そして海景」では、現代の刀匠と鍛冶師・明珍兄弟による音(玉鋼火箸)と光彩(刀剣)によるインスタレーションをプロローグとして、人間存在についての思考を写真で表現する現代美術作家・杉本博司の写真作品「海景」シリーズを展観します。

「第三章 たまはがねの響」は城・美術館・庭園が一体となる唯一無二の景観を演出する庭園アートプロジェクト。明珍火箸の音色を素材として菅野由弘によって作曲された「星雲光響2021」がパラメトリック・スピーカーを通じて生み出す立体的音響空間に光のインスタレーションが重なる芸術体験をお楽しみ下さい。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年7月3日(土)〜2021年9月5日(日)
会場 姫路市立美術館 Google Map
住所 兵庫県姫路市本町68-25
時間 10:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
  • 会期中の金・土および7月22日(木)は
    10:00~20:00(最終入場時間19:30)
休館日 月曜日 
8月10日(火)
※ただし8月9日は開館
観覧料 一般 1,200円(1,000円)
大高 600円(400円)
中小 200円(100円) 
TEL079-222-2288
URLhttps://www.city.himeji.lg.jp/art/

姫路市立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

姫路市立美術館 姫路市立美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

国宝の日本刀が展示

8月1日までは、国宝の日本刀である「明石国行」が、展示されています。 普段は東京の鎌倉にある刀剣博物館でしか見られないものです。地元に縁があるということで今回展示されているそうです。
その他にも地元に縁があるということで、 同じ鉄で作られた 「明珍火箸」と日本刀のインスタレーションも見所のひとつです。
美術館の庭園には 「明珍火箸」の音色が響き渡る展示がされており、日が暮れるとライトアップします。 館内にあるステンドグラスと「明珍火箸」のコラボレーションなど、 美術館まるごと楽しめました。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
兵庫県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE