美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

桃山から江戸へ

藤田美術館

  • 開催期間:2016年9月10日(土)〜2016年12月11日(日)
  • クリップ数:2 件
桃山から江戸へ 藤田美術館-1
桃山から江戸へ 藤田美術館-2
桃山から江戸へ 藤田美術館-3
桃山から江戸へ 藤田美術館-4
桃山から江戸へ 藤田美術館-5
桃山から江戸へ 藤田美術館-6
桃山から江戸へ 藤田美術館-7
桃山から江戸へ 藤田美術館-1
桃山から江戸へ 藤田美術館-2
桃山から江戸へ 藤田美術館-3
桃山から江戸へ 藤田美術館-4
桃山から江戸へ 藤田美術館-5
桃山から江戸へ 藤田美術館-6
桃山から江戸へ 藤田美術館-7

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

「天目茶碗」「唐物茶入」「水墨画」・・・
主に中国から伝わった舶来品を最上として尊んできた我が国の美意識は、15世紀半ばに大きな転換期を迎えます。煌びやかな色彩の絵画を評価する一方、利休によって大成した侘び茶が共生する、自由で躍動的な桃山時代の到来です。

その流れは天下泰平の世、江戸時代へと引き継がれ、上方を中心に華やかな町人文化へと昇華し、様々な作品が生みだされました。

本展覧会では、日本美術史の中で最もドラマティックな約百年にスポットを当て、「桃山」と「江戸」、それぞれの時代を代表する作品が展示されます。

<主な展示>

◆ 重文 古伊賀花生 銘 寿老人
ごつごつです
ゆがんでます
焦げも目立ちます
でも、味わい深く素朴な景色・・・
どことなくモダンなのです。

◆ 重美 宝船置物 伝 野々村仁清作
いい夢みられる
おまじない・・・
ナガキヨノ トオノネフリノ ミナメザナ
ナミノリフネノ オトノヨキカナ

◆ その他
重文 御所丸黒刷毛茶碗 銘 夕陽
重文 銹絵絵替角皿(十枚の内) 尾形乾山作 / 尾形光琳画
重文 朝忠集 ほか
※展示予定作品は予告なく変更する場合があります

開催概要EVENT DETAILS

会期 2016年9月10日(土)〜2016年12月11日(日)
会場藤田美術館 [MAP]
住所 大阪府大阪市都島区網島町10番32号
時間 10:00〜16:30(最終入場時間 16:00)
休館日 月曜日 
観覧料 大人 800円
高大学生 500円
小中学生 300円
  • ※20名以上の団体は各50円引き
TEL06-6351-0582
URLhttp://fujita-museum.or.jp/

藤田美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

藤田美術館 藤田美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
大阪府で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE