美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

ポーラ美術館コレクション展
モネからピカソ、シャガールへ

北海道立近代美術館

  • 開催期間:2016年7月2日(土)〜2016年8月28日(日)
ポーラ美術館コレクション展 モネからピカソ、シャガールへ 北海道立近代美術館-1
ポーラ美術館コレクション展 モネからピカソ、シャガールへ 北海道立近代美術館-2
ポーラ美術館コレクション展 モネからピカソ、シャガールへ 北海道立近代美術館-3
ポーラ美術館コレクション展 モネからピカソ、シャガールへ 北海道立近代美術館-4
ポーラ美術館コレクション展 モネからピカソ、シャガールへ 北海道立近代美術館-5
ポーラ美術館コレクション展 モネからピカソ、シャガールへ 北海道立近代美術館-1
ポーラ美術館コレクション展 モネからピカソ、シャガールへ 北海道立近代美術館-2
ポーラ美術館コレクション展 モネからピカソ、シャガールへ 北海道立近代美術館-3
ポーラ美術館コレクション展 モネからピカソ、シャガールへ 北海道立近代美術館-4
ポーラ美術館コレクション展 モネからピカソ、シャガールへ 北海道立近代美術館-5

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

ポーラ美術館は、2002年9月神奈川県箱根町に開館した美術館です。ポーラ創業家二代目・鈴木常司氏(1930-2000年)が収集したコレクションは、西洋絵画、日本の洋画や日本画、ガラス工芸、東洋陶磁、化粧道具など幅広く、その数は約1万点に及びます。中でも、19世紀後半の印象派から20世紀に至るヨーロッパの近代絵画は、国内有数の作品数と質の高さを誇っています。

本展は、コロー、クールベに始まり、ルノワール、モネ、ピサロ、シスレーら印象派の画家へと続きます。モネは《睡蓮》《国会議事堂、バラ色のシンフォニー》《ジヴェルニーの積みわら》など6点を展示し、光と色彩による表現を追求した画家の世界観を余すところなくお伝えします。印象派の影響を受けながら、それを乗り越えようとした次世代のセザンヌ、ゴッホ、ゴーガン、シニャック。20世紀、色彩と造形の挑戦を試みたピカソやブラック、シャガール。ピカソが長男をモデルに描いた《花束を持つピエロに扮したパウロ》は、鈴木氏最後の収集作品でもあります。

印象派から20世紀絵画まで、ヨーロッパ美術の流れをたどる31作家71点。珠玉の名画の数々が楽しめる展覧会です。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2016年7月2日(土)〜2016年8月28日(日)
会場北海道立近代美術館Google Map
住所 北海道札幌市中央区北1条西17丁目 [MAP]
時間 9:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
  • 会期中の金曜日は19時30分まで。
    ただし、7月22日(金)は21時まで
    (入場は各閉館時間の30分前まで)
休館日 月曜日 
(7月18日を除く)、7月19日(火)
観覧料 一般 1,300円(1,100円)
高大生 700円(600円)
中学生 500円(400円)
  • ※小学生以下無料(要保護者同伴)
    ※( )内は前売りおよび10名以上の団体、リピーター割引料金
    ※近美コレクションとの共通券は一般1,600円、高大生850円(当日券のみ)。近美コレクションは中学生以下無料
    ※リピーター割引料金は当館および他の道立美術館で開催した特別展の半券を提示した場合の料金
    (1枚につきお一人様1回限り有効。有効期限は半券に記載)
TEL011-644-6882
URLhttp://event.hokkaido-np.co.jp/pola/

北海道立近代美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

北海道立近代美術館 北海道立近代美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
北海道で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE