美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」

森アーツセンターギャラリー

  • 開催期間:2016年7月22日(金)〜2016年9月25日(日)
  • クリップ数:6 件
  • 感想・評価:1 件
ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」 森アーツセンターギャラリー-1
ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」 森アーツセンターギャラリー-2
ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」 森アーツセンターギャラリー-3
ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」 森アーツセンターギャラリー-4
ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」 森アーツセンターギャラリー-5
ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」 森アーツセンターギャラリー-6
ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」 森アーツセンターギャラリー-7
ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」 森アーツセンターギャラリー-8
ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」 森アーツセンターギャラリー-9
ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」 森アーツセンターギャラリー-10
ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」 森アーツセンターギャラリー-1
ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」 森アーツセンターギャラリー-2
ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」 森アーツセンターギャラリー-3
ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」 森アーツセンターギャラリー-4
ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」 森アーツセンターギャラリー-5
ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」 森アーツセンターギャラリー-6
ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」 森アーツセンターギャラリー-7
ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」 森アーツセンターギャラリー-8
ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」 森アーツセンターギャラリー-9
ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」 森アーツセンターギャラリー-10

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

古代文明から19世紀中頃までの膨大な作品を所蔵する、世界最大級かつ最高峰の美術の殿堂「ルーヴル美術館」――1793年の開館以来、200年以上の長い歴史を持つルーヴル美術館が、「漫画」でルーヴル美術館を表現するという、かつて無い新たな試みとして「ルーヴル美術館BDプロジェクト」を立ち上げました。

日本の「まんが」、アメリカの「コミックス」のように、フランス、ベルギーなどのフランス語圏には古くから独自に発展してきた「バンド・デシネ(BD)」という漫画文化があります。「バンド・デシネ(BD)」には、大衆的な作品がある一方で、まるで絵画のような複雑で技巧に富んだ作品も多く、子どもから大人まで幅広い年代の人たちに楽しまれています。そうした特徴から、フランスにおいてBD(=漫画)は「第9の芸術」(※)と位置づけられるほどです。

「ルーヴル美術館BDプロジェクト」は、「漫画」という表現方法を通して、より多くの人々にルーヴル美術館の魅力を伝えるために企画されました。漫画家たちに、ルーヴル美術館をテーマに自由に作品を描いてもらう、という前代未聞の企画には、日本の漫画家を含むフランス内外の著名な漫画家が多数参加しており、すでに11作品が出版され、プロジェクトは現在も進行中です。

ついに、漫画の国ニッポンへ。
そしてこの度ついに、フランスと同様、独自の漫画文化を発展させてきた、漫画の国ニッポンで、「ルーヴル美術館BDプロジェクト」の成果を、展覧会として一堂にお見せできることになりました。さらに、日本での開催にあたり、5名の日本人漫画家たちの参加も決定。300点を超える原画や資料をエキサイティングな演出と共に展観する、日本ならではの、エンターテインメント性の高い、ダイナミックな展覧会の誕生です。

※フランスにおける芸術の序列。第1から8までは順に「建築」「彫刻」「絵画」「音楽」「文学(詩)」「演劇」「映画」「メディア芸術」とされる(諸説あり)。

◆作品出展 漫画家
Nicolas de Crécy ニコラ・ド・クレシー
Marc-Antoine Mathieu マルク=アントワーヌ・マチュー
Éric Liberge エリック・リベルジュ
Bernar Yslaire ベルナール・イスレール(画)
Jean-Claude Carrière ジャン=クロード・カリエール(作)
Hirohiko Araki 荒木飛呂彦
Christian Durieux クリスティアン・デュリユー
David Prudhomme ダヴィッド・プリュドム
Enki Bilal エンキ・ビラル
Étienne Davodeau エティエンヌ・ダヴォドー
Philippe Dupuy フィリップ・デュピュイ(画)
Loo Hui Phang ルー・ユイ・フォン(作)
Jirô Taniguchi 谷口ジロー
Taiyou Matsumoto 松本大洋
Daisuke Igarashi 五十嵐大介
Shin-ichi Sakamoto 坂本眞一
Katsuya Terada 寺田克也
Mari Yamazaki ヤマザキマリ

開催概要EVENT DETAILS

会期 2016年7月22日(金)〜2016年9月25日(日)
会場森アーツセンターギャラリーGoogle Map
住所 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 52F [MAP]
時間 10:00〜20:00(最終入場時間 19:30)
休館日 会期中無休 
観覧料 【当日券】
一般 1,800円
高・大学生 1,200円
小・中学生 600円

【団体券】
一般 1,500円
高・大学生 1,000円
小・中学生 400円
  • ※未就学児は入館無料。
    ※団体料金は15名以上で適用されます。団体券は展覧会会期中に、森アーツセンターギャラリー (森タワー3階チケットカウンター) で販売します。
    ※障がい者手帳をお持ちの方とその介助者 (1名まで) は、当日料金の半額となります。ご入館の際に、障がい者手帳をご提示ください。
    ※混雑時はチケットのご購入、引き換え、入場までに待ち時間が発生する場合があります。
TEL03-5777-8600 (ハローダイヤル)
URLhttp://manga-9art.com/

森アーツセンターギャラリーの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

森アーツセンターギャラリー 森アーツセンターギャラリー

感想・評価REVIEWS

予想外におもしろかった!

5

ルーブル? マンガ? いったい何?と思って出かけたのですが、展示内容・展示方法とも、奇抜でおもしろく、楽しく見てきました。鑑賞しながら、昔から漫画を文化として大切にするフランスと日本の共通性も感じられました。ルーブル美術館にちょっとでも関連すれば、どんな内容もOKという自由さが、いい。個人的には、ヤマザキマリさんの作品がよかったです。ルーブル美術館の中も映像でたくさん紹介されていて、行ったことがある人もない人も、たっぷり楽しめます。

BY artkobuti8

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都港区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE