現代日本画「WABI/SABI」展

郷さくら美術館

  • 開催期間:2021年9月14日(火)〜2021年11月21日(日)
  • クリップ数:18 件
  • 感想・評価:2 件
現代日本画「WABI/SABI」展 郷さくら美術館-1
現代日本画「WABI/SABI」展 郷さくら美術館-2
現代日本画「WABI/SABI」展 郷さくら美術館-3
現代日本画「WABI/SABI」展 郷さくら美術館-4
現代日本画「WABI/SABI」展 郷さくら美術館-5
栗原幸彦《春宵瀧桜》1993年
佐藤晨《冬の月》2007年
吉田舟汪《神象 那智》1995年
中川脩《金閣寺雪景》2021年
竹内浩一《戯画猿来迎》2003年
現代日本画「WABI/SABI」展 郷さくら美術館-1
現代日本画「WABI/SABI」展 郷さくら美術館-1
現代日本画「WABI/SABI」展 郷さくら美術館-1
現代日本画「WABI/SABI」展 郷さくら美術館-1
現代日本画「WABI/SABI」展 郷さくら美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

日本特有の美意識の一つ、「わびさび」。本来「わび」「さび」は個々の意味を持っていますが、今日では建築物・庭園・風景・草花など幅広いジャンルで「日本の美」や「日本文化の美」を表現する言葉の一つとして、二つの言葉を組み合わせた「わびさび」という言葉が用いられています。

本展では「わびさび」という言葉で体現されるに相応しい、質素・閑寂・落ち着き・儚さの中に感じることができる〝奥深い美しさ″や〝豊かさ″、〝陰翳礼讃″が描かれている作品を紹介します。人の世の儚さ・無常であることを美しいと感じる美意識など、悟りの概念に近い日本独特の美意識・美学の世界をどうぞお楽しみください。

◆ 見どころ
展示作品のうち初公開は、中川脩「醍醐寺螢」「金閣寺雪景」「牡丹」「蓮華寺紅葉」「退蔵院春宵」、松岡歩「沼霧」、藤城正晴「莫妄想」の7点。20号の作品から屏風まで展示総数26点を紹介します。

◆ 出品作家
伊藤髟耳、齋藤満栄、竹内浩一、手塚雄二、内藤五琅、中川脩、那波多目功一、林潤一、 藤城正晴、松岡歩、松村公嗣、村居正之、吉川優、吉田舟汪、渡辺信喜 他(五十音順)

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年9月14日(火)〜2021年11月21日(日)
会場 郷さくら美術館 Google Map
住所 東京都目黒区上目黒1-7-13
時間 10:30〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
9月21日(火)
※ただし、9月20日(月・祝)は開館
観覧料 一般 500円
シニア(70歳以上)400円
大学生・高校生 300円
中学生 100円
小学生 無料(保護者の同伴が必要です)
  • ※障害者手帳・療育手帳の提示で、上記該当料金の半額
TEL03-3496-1771
URLhttps://www.satosakura.jp/

郷さくら美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

郷さくら美術館 郷さくら美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

ひっそりと営まれる自然の美や儚さが感じられ、余韻まで夢見ごこちな幽玄の世界。

「現代日本画」というタイトル通り、近年 制作された絵画を多く見ることができた。
2020年の作品もあり、その新鮮な内容に驚く。

絵画の1つ1つに作者の言葉が添えられており、作品に込められた思いや苦心がひしひしと伝わってくる。
掲示された文章は どれも興味深く、じっくりと読みながら鑑賞するのが とても楽しかった。

時間が静かにゆったりと流れる空間での「花見」も格別。
「桜」の展示室も素晴らしく、幻想的な雰囲気を存分に味わうことができた。

モダンで近寄りがたいと感じていたが、実際には親しみやすく温かみのある美術館。気軽に立ち寄りたいお気に入りの場所になった。

4.0

大作が多い

待ち合わせの時間調整に伺うというもったいない訪問ですが、
ちょうど30分ほどで見られるし、静かだし、人はいないし、お手洗いもきれいだし、申し分ないです。
現代日本画は、様々な技法も進化していて、驚くことがあります。
非常に古典的な作品に出合うとむしろ新鮮に感じます。
また別な展示に伺いたいと思います。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都目黒区で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

栗原幸彦《春宵瀧桜》1993年

佐藤晨《冬の月》2007年

吉田舟汪《神象 那智》1995年

中川脩《金閣寺雪景》2021年

竹内浩一《戯画猿来迎》2003年

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE