フジフイルム スクエア 企画写真展
『海から見たニッポン』

FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)

  • 開催期間:2021年3月12日(金)〜2021年4月1日(木)
  • クリップ数:13 件
フジフイルム スクエア 企画写真展 『海から見たニッポン』 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-1
フジフイルム スクエア 企画写真展 『海から見たニッポン』 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-2
フジフイルム スクエア 企画写真展 『海から見たニッポン』 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-3
フジフイルム スクエア 企画写真展 『海から見たニッポン』 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-4
フジフイルム スクエア 企画写真展 『海から見たニッポン』 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-5
フジフイルム スクエア 企画写真展 『海から見たニッポン』 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-6
フジフイルム スクエア 企画写真展 『海から見たニッポン』 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-7
フジフイルム スクエア 企画写真展 『海から見たニッポン』 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-8
フジフイルム スクエア 企画写真展 『海から見たニッポン』 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-9
黒潮に生きるアザハタ © ITARU TAKAKU
黒潮の申し子、イトマキエイ © HIDEKI ABE
ダンゴウオの稚魚 © YASUAKI KAGII
キヌバリの赤ちゃん © TERU SATO
流氷下を駆ける毛ガニ © KATSUNORI SEKI
水面下を漂うツバメウオ © ITARU TAKAKU
鹿児島 © YASUAKI KAGII
カクレクマノミ © FUMINO KIMURA
沖縄・阿嘉島 © YASUAKI KAGII
フジフイルム スクエア 企画写真展 『海から見たニッポン』 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-1
フジフイルム スクエア 企画写真展 『海から見たニッポン』 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-1
フジフイルム スクエア 企画写真展 『海から見たニッポン』 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-1
フジフイルム スクエア 企画写真展 『海から見たニッポン』 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-1
フジフイルム スクエア 企画写真展 『海から見たニッポン』 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-1
フジフイルム スクエア 企画写真展 『海から見たニッポン』 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-1
フジフイルム スクエア 企画写真展 『海から見たニッポン』 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-1
フジフイルム スクエア 企画写真展 『海から見たニッポン』 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-1
フジフイルム スクエア 企画写真展 『海から見たニッポン』 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

『海から見たニッポン』をテーマに2つの写真展を同時に開催します。日本列島を取り巻く海のすがたを、写真で見つめ直す試みです。

ひとつは、5人の水中写真家による写真展「海流が育むいのち」です。日本の自然の成り立ちや私たちの暮らしに大きな影響を与えている2つの海流、「黒潮」と「親潮」に着目し、海の環境と生きものたちについて写真を通じてお伝えします。

もうひとつは、水中写真家 鍵井靖章氏と、ダイビングを愛する女優 木村文乃氏による写真展「is Blue」です。2人が巡った日本各地の海をそれぞれの感性で表現します。

◆「海流が育むいのち」 ~黒潮の力、親潮の恵み~
阿部秀樹・鍵井靖章・佐藤 輝・関 勝則・高久 至
海に囲まれた島国・ニッポン。この国に暮らす私たちにとって、身近で欠かせないものとして存在している海は、現在さまざまな危機に直面しています。日々報道されている魚獲量の低下や、プラスチックゴミによる海洋汚染など、どの問題も、人間の活動が巡り巡って海の環境に影響を与えていることは間違いありません。

今回、日本の自然の成り立ちと私たちの暮らしに多大な影響を与えている2つの大きな海流、「黒潮」と「親潮」に着目した展示を行います。海流が育んできた太平洋近海の逞しく力強い生きものたちと、これからも大切にしていきたい美しい海中風景の写真によって、日本の海のすがた、豊かさを再認識することができます。

会場では、世界有数の流量と速い流れで知られる暖流の「黒潮」、そして魚のエサとなる植物プランクトンが豊富な寒流の「親潮」をキーワードにしながら、太平洋沿岸の5つの海域を紹介していきます。それぞれの海域を、継続的に観察し撮影している5人の水中写真のスペシャリストが、ダイナミックな海中風景といのちの輝きを伝えます。

◆「is Blue」 鍵井靖章×木村文乃
写真家・鍵井靖章氏と、女優・木村文乃氏による2人展。
世界各地で撮影した夢のように美しい水中写真が高く評価されてきた鍵井靖章氏。そしてダイビングと海の生きものたちに魅了され、プライベートはアウトドアで過ごすことが多いという木村文乃氏。写真家と俳優、それぞれの分野の第一線で活躍する2人が「ダイバー」として共に日本の海を潜り歩き、独自の感性で撮影した写真でコラボレートします。

沖縄県慶良間諸島、和歌山県古座、石川県能登半島など日本屈指のダイビングスポットを巡りながら、木村氏は出会った生きものたちの愛らしいすがたをカメラに収めてきました。また、鍵井氏は「お魚になりたい」という日頃からの木村氏の願いをかなえるべく、その土地ならではの魅力ある海中風景の中で撮影した木村氏の貴重な水中ポートレートを発表します。2人の作品を通して、海の生きものたちへの親近感や、水の中を浮遊する非日常の開放感を楽しむことができます。

また、撮影を続ける中で鍵井氏と木村氏が直面した、愛媛県宇和海(うわかい)で問題になっている、海洋ゴミについても写真でレポートします。私たちの暮らしを取り巻く海の美しさのみならず、そこにある危機についても身近に感じることができます。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年3月12日(金)〜2021年4月1日(木)
会場 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア) Google Map
住所 東京都港区赤坂9-7-3
時間 10:00〜19:00 (最終入場時間 18:50)
  • ※最終日は14:00まで(入館は終了10分前まで)
休館日 会期中無休 
観覧料 無料
TEL03-6271-3350
URLhttp://fujifilmsquare.jp/

FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア) FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都港区で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

黒潮に生きるアザハタ © ITARU TAKAKU

黒潮の申し子、イトマキエイ © HIDEKI ABE

ダンゴウオの稚魚 © YASUAKI KAGII

キヌバリの赤ちゃん © TERU SATO

流氷下を駆ける毛ガニ © KATSUNORI SEKI

水面下を漂うツバメウオ © ITARU TAKAKU

鹿児島 © YASUAKI KAGII

カクレクマノミ © FUMINO KIMURA

沖縄・阿嘉島 © YASUAKI KAGII

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE