EXHIBITION

特集展示「海の帝国琉球
-八重山・宮古・奄美からみた中世-」

国立歴史民俗博物館

  • 開催期間:2021年3月16日(火)〜2021年5月9日(日)
  • クリップ数:9 件
  • 感想・評価:1 件
特集展示「海の帝国琉球-八重山・宮古・奄美からみた中世-」 国立歴史民俗博物館-1
特集展示「海の帝国琉球-八重山・宮古・奄美からみた中世-」 国立歴史民俗博物館-2
特集展示「海の帝国琉球-八重山・宮古・奄美からみた中世-」 国立歴史民俗博物館-3
特集展示「海の帝国琉球-八重山・宮古・奄美からみた中世-」 国立歴史民俗博物館-4
特集展示「海の帝国琉球-八重山・宮古・奄美からみた中世-」 国立歴史民俗博物館-5
特集展示「海の帝国琉球-八重山・宮古・奄美からみた中世-」 国立歴史民俗博物館-6
特集展示「海の帝国琉球-八重山・宮古・奄美からみた中世-」 国立歴史民俗博物館-7
特集展示「海の帝国琉球-八重山・宮古・奄美からみた中世-」 国立歴史民俗博物館-8
特集展示「海の帝国琉球-八重山・宮古・奄美からみた中世-」 国立歴史民俗博物館-9
首里那覇港図屏風 19世紀 沖縄県立博物館・美術館蔵
首里那覇港図屏風(部分) 19世紀 沖縄県立博物館・美術館蔵
オルテリウス アジア図 1575年 国立歴史民俗博物館蔵
千竃(ちかま)時家処分状(複製)(部分)1306年 国立歴史民俗博物館蔵 ※原品個人蔵
青磁陽刻牡丹文大花瓶 15世紀 国立歴史民俗博物館蔵
冊封使船送迎之図 19世紀 国立歴史民俗博物館蔵
那覇里主・沢岻里主(たくしさとぬし)書状(国宝)15世紀後半~16世紀前半 東京大学史料編纂所蔵
中山王尚穆(しょうぼく)書状 18世紀 国立歴史民俗博物館蔵
江戸山下御門内朝鮮人登城行列 19世紀 国立歴史民俗博物館蔵
特集展示「海の帝国琉球-八重山・宮古・奄美からみた中世-」 国立歴史民俗博物館-1
特集展示「海の帝国琉球-八重山・宮古・奄美からみた中世-」 国立歴史民俗博物館-1
特集展示「海の帝国琉球-八重山・宮古・奄美からみた中世-」 国立歴史民俗博物館-1
特集展示「海の帝国琉球-八重山・宮古・奄美からみた中世-」 国立歴史民俗博物館-1
特集展示「海の帝国琉球-八重山・宮古・奄美からみた中世-」 国立歴史民俗博物館-1
特集展示「海の帝国琉球-八重山・宮古・奄美からみた中世-」 国立歴史民俗博物館-1
特集展示「海の帝国琉球-八重山・宮古・奄美からみた中世-」 国立歴史民俗博物館-1
特集展示「海の帝国琉球-八重山・宮古・奄美からみた中世-」 国立歴史民俗博物館-1
特集展示「海の帝国琉球-八重山・宮古・奄美からみた中世-」 国立歴史民俗博物館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

コロンブスやマゼランが開いた世界史上の大航海時代より以前、早くも14世紀代から東アジア海域世界では活発な交易がおこなわれていました。その中心となったのが海洋国家・琉球です。

琉球王国の輝ける時代は、これまでもしばしば紹介されてきました。ただ、琉球はその活動の過程で、言語も習俗も異なる周辺の島々、八重山・宮古・奄美に侵攻し、それぞれの社会を大きく変化させたこと、このことで現在の日本国の国境が定まっていることは、あまり知られていません。

文献資料がほとんど残っていないこれらの地域の歴史は、琉球王国によって作られた歴史書をもとに語られてきました。しかし島々を歩くと、ジャングルの中には当時の村が遺跡として眠っており、そこからは大量の陶磁器が発見されます。琉球王国とは別の世界が、そこには確かにあったのです。

これまでほとんど注目されてこなかった琉球の帝国的側面に視点を据え、八重山・宮古や奄美といった周辺地域から琉球を捉え直します。

国立歴史民俗博物館では、2015年からこうした共同研究を実施してきました。この展示は、その成果を公開するものです。たくさんの青磁や白磁、国宝の文書や重要文化財の梵鐘、屏風や絵図など400点を超える資料から、新たな歴史像を示します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年3月16日(火)〜2021年5月9日(日)
  • 前期展示:3月16日(火)~4月11日(日)
    後期展示:4月13日(火)~5月9日(日)
    ※展示替えあり
会場 国立歴史民俗博物館Google Map
展示室国立歴史民俗博物館 企画展示室A
住所 千葉県佐倉市城内町117
時間 9:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
※5月3日(月・祝)は開館し、5月6日(木)休館
観覧料 一般 600円
大学生 250円
  • ※総合展示もあわせて観覧できます
    ※高校生以下は入館料無料
    ※高校生及び大学生の方は、学生証等を要提示(専門学校生など高校生及び大学生に相当する生徒、学生も同様です)
    ※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介助者と共に入館が無料です
    ※半券の提示で当日に限りくらしの植物苑に入場できます
TEL050-5541-8600 (ハローダイヤル)
URLhttps://www.rekihaku.ac.jp/

国立歴史民俗博物館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

国立歴史民俗博物館 国立歴史民俗博物館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

まさに帝国

これまでは中国(明・清)と日本(薩摩)両国に服属し、どちらかというと被害者のように思っていた琉球王国。しかし、今回の展覧会を見ると、意外と周辺の島々を武力で服属させたり、集落を破壊していたりした。これらはまさに帝国という名がふさわしいかもしれない。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
千葉県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE