塔本シスコ展 シスコ・パラダイス
かかずにはいられない! 人生絵日記

熊本市現代美術館

  • 開催期間:2022年2月5日(土)〜2022年4月10日(日)
  • クリップ数:5 件
塔本シスコ展 シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記 熊本市現代美術館-1
塔本シスコ展 シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記 熊本市現代美術館-2
塔本シスコ展 シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記 熊本市現代美術館-3
塔本シスコ展 シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記 熊本市現代美術館-4
塔本シスコ展 シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記 熊本市現代美術館-5
塔本シスコ展 シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記 熊本市現代美術館-6
塔本シスコ展 シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記 熊本市現代美術館-7
塔本シスコ展 シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記 熊本市現代美術館-8
塔本シスコ展 シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記 熊本市現代美術館-9
塔本シスコ 《絵を描く私》1993年
塔本シスコ 《ふるさとの海》1992年 熊本市現代美術館蔵
塔本シスコ 《もらったラン、もらったシクラメン》1996年
塔本シスコ 《オノダチの大運動会》2001年
塔本シスコ 《桜島》1970~1988年
塔本シスコ 《ネコ》1996年
塔本シスコ 《金魚-大和錦の産卵》1992年
塔本シスコ 《ウマイレガワ》2001年
塔本シスコ 《シスコの月》2004年
塔本シスコ展 シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記 熊本市現代美術館-1
塔本シスコ展 シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記 熊本市現代美術館-1
塔本シスコ展 シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記 熊本市現代美術館-1
塔本シスコ展 シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記 熊本市現代美術館-1
塔本シスコ展 シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記 熊本市現代美術館-1
塔本シスコ展 シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記 熊本市現代美術館-1
塔本シスコ展 シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記 熊本市現代美術館-1
塔本シスコ展 シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記 熊本市現代美術館-1
塔本シスコ展 シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記 熊本市現代美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

熊本県出身の素朴派の画家・塔本シスコ。50 代で油絵を始め、91 歳で亡くなるまでの 40 年間に膨大な数の作品を描きました。あふれでる夢や喜びを制作の原点としたシスコ・ワールドの全貌をご紹介します。身近な草花や生きものたち、そして子どもの頃の想い出にいたるまで、時間も場所も自由自在に乗り越えて広がる「シスコ・パラダイス」をどうぞお楽しみください。

◆ 塔本シスコ
塔本シスコは、1913(大正2)年、現在の熊本県八代市に生まれ宇城市で育ちます。養父の傳八は、自身のサンフランシスコ行きの夢を託し、長女である彼女をシスコと命名しました。1933年、20歳の時に塔本末藏と結婚し、ウサギやチャボなどを飼い、愛育しました。その後、一男一女を得て、子どもたちと一緒にスケッチをしたり、スズムシ、金魚などを飼う日々を過ごします。1959年に夫が急逝し、しばらくは体調不良のために静養の日々が続きました。1961年、48歳の時には脳溢血に倒れ、このリハビリテーションのために、石を彫りはじめ、1966 年、53歳のある日から、大きなキャンバスに油絵を描き始めます。身のまわりの植物、愛育している金魚などをモティーフとして、絵画表現の既成概念にとらわれない、世界を創り始めます。1970年には、長男で画家の賢一と同居するために、大阪に移住しますが、制作はますます旺盛さを増します。シスコの絵画世界は、何ものにもとらわれない、彼女の胸中に宿る喜びや夢があふれ出てくるもので、時空を飛び越え、しばしば、子どもの頃の想い出もモティーフとなって現れ、身近な親族や、散歩でよく会う名もしらぬ人までが登場してきます。2001年には貧血で倒れたことをきっかけに、認知症を発症しますが、「私は死ぬまで絵ば描きましょうたい」と、亡くなる前年の 2004年まで制作は続きました。生涯にわたって、少女のような純粋さを保ち、自身の喜びと夢を制作の源泉にしていた塔本シスコは、2005(平成17)年に91歳の人生をとじました。

◆シスコの裏側美術館
シスコさんの作品の「裏側」をホームページで公開しています。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年2月5日(土)〜2022年4月10日(日)
会場 熊本市現代美術館 Google Map
住所 熊本県熊本市中央区上通町2-3 びぷれす熊日会館3階 
時間 10:00〜20:00 (最終入場時間 19:30)
休館日 火曜日 
観覧料 一般 1,100円(900円)
シニア(65歳以上) 900円(700円)
学生(高校生以上) 600円(500円)
中学生以下 無料
  • ※( )内は前売/20名以上の団体/各種障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者健康手帳等、付き添いの方 1名も適用)、電車・バス 1日乗車券等、 JAF会員証、緑のじゅうたんサポーター証、美術館友の会証をご提示の方
    ※前売券は2月4日(金)まで販売
TEL096-278-7500
URLhttps://www.camk.jp/

熊本市現代美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

熊本市現代美術館 熊本市現代美術館

巡回展TRAVELING EXHIBITION

塔本シスコ展 シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記 巡回情報
※巡回先は、全情報が載っていない場合もございます。最新の巡回先一覧は、展覧会公式サイトなどでご確認いただけますよう、お願いいたします。
また、会期が変更など開催情報に変更が生じる場合がありますので、お出かけの際には、公式サイトにて最新情報をご確認ください。

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
熊本県で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

塔本シスコ 《絵を描く私》1993年

塔本シスコ 《ふるさとの海》1992年 熊本市現代美術館蔵

塔本シスコ 《もらったラン、もらったシクラメン》1996年

塔本シスコ 《オノダチの大運動会》2001年

塔本シスコ 《桜島》1970~1988年

塔本シスコ 《ネコ》1996年

塔本シスコ 《金魚-大和錦の産卵》1992年

塔本シスコ 《ウマイレガワ》2001年

塔本シスコ 《シスコの月》2004年

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE