EXHIBITION

川本喜八郎+岡本忠成
パペットアニメーショウ2020

国立映画アーカイブ

  • 開催期間:2020年12月19日(土)〜2021年3月28日(日)
  • クリップ数:5 件
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-1
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-2
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-3
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-4
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-5
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-6
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-7
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-8
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-9
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-10
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-11
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-12
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-13
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-14
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-15
『鬼』(1972 年、川本喜八郎監督)[撮影:田村実] ©(有)川本プロダクション
『花折り』(1968 年、川本喜八郎監督)より「大名」[撮影:田村実]飯田市川本喜八郎人形美術館所蔵 ©(有)川本プロダクション
『いばら姫またはねむり姫』(1990 年、川本喜八郎監督) ©(有)今日、(有)川本プロダクション
『ふしぎなくすり』(1965 年、岡本忠成監督)絵コンテ (株)エコー所蔵
『ホーム・マイホーム』(1970 年、岡本忠成監督) ©(株)エコー
『虹に向って』(1977 年、岡本忠成監督) ©(株)電通テック、(株)エコー
『おこんじょうるり』(1982 年、岡本忠成監督)より「おこん」[撮影:田村実] (株)エコー所蔵
第1回「川本+岡本 パペットアニメーショウ」パンフレット(1972 年) (株)エコー所蔵
第5回「川本+岡本 パペットアニメーショウ」より『世間胸算用近頃腹裏表』(1976 年) (有)川本プロダクション所蔵
『注文の多い料理店』(1991 年、岡本忠成脚本・演出、川本喜八郎監修) ©(株)桜映画社、(株)エコー
『注文の多い料理店』(1991 年、岡本忠成脚本・演出、川本喜八郎監修)色彩設定用セル画 (株)エコー所蔵
『死者の書』(2005 年、川本喜八郎監督)絵コンテ (有)川本プロダクション所蔵
『死者の書』(2005 年、川本喜八郎監督) ©(株)桜映画社、(有)川本プロダクション
『火宅』(1979 年)制作中の川本喜八郎 (有)川本プロダクション所蔵
『虹に向って』(1977 年)制作中の岡本忠成 (株)エコー所蔵
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-1
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-1
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-1
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-1
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-1
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-1
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-1
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-1
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-1
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-1
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-1
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-1
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-1
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-1
川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020 国立映画アーカイブ-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

川本喜八郎(1925-2010)と岡本忠成(1932-1990)は、日本のアニメーション映画、とりわけストップモーション撮影による立体アニメーションの分野でそれぞれ類なき功績を残した作家です。両者とも日本でこのジャンルの礎を築いた持永只仁のもとから巣立ちましたが、二人の歩んだ道は対照的です。

人形映画の先進国チェコスロヴァキアで学び直した川本は、自らの生み出す端正なキャラクターに魂を吹き込み、生涯を人形に捧げた求道者として、テレビの歴史人形劇や外国との合作にも活路を見出しました。

一方で子どもたちに照準を合わせた岡本は、平面・立体・半立体を自在に使い分け、木・皮・布・毛糸・紙・粘土など多様な素材をアニメートして、主に教育映画の分野で創造性を発揮しました。7歳の差はあったものの誕生日が同じ二人は、よきライバルであり、互いのよき理解者でもありました。

1970年代には、互いの作品上映と人形劇を組み合わせた公演「川本+岡本 パペットアニメーショウ」」を共同で企画、6回にわたって開催し大きな話題を集めました。また後年、岡本の他界により制作が中断した『注文の多い料理店』(1991年)を完成に導いたのも、ほかならぬ川本でした。

国立映画アーカイブは、フィルムセンター時代の2004年に展覧会「岡本忠成 アニメーションの世界」を企画、また二人の師・持永只仁を顕彰する展覧会も2017年に開催しました。そして川本の没後10年、岡本の没後30年となる2020年、再びこの分野に光を当て、人形をはじめとする撮影素材や作品制作のための様々な資料を展示し、二人の友情の象徴である「パペットアニメーショウ」の名を冠してその足跡をたどります。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年12月19日(土)〜2021年3月28日(日)
会場国立映画アーカイブGoogle Map
住所 東京都中央区京橋 3-7-6
時間 11:00〜18:30(最終入場時間 18:00)
  • ※毎月末金曜日の夜間開館は、当面の間中止となります
休館日 月曜日 
12月28日(月)~1月4日(月)、
2月1日(月)~8日(月)
観覧料 一般 250円(200円)
大学生 130円(60円)
65歳以上・高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)、国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズは無料
  • ※料金は常設の「日本映画の歴史」の入場料を含みます
    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※学生、65歳以上、障害者、キャンパスメンバーズの方はそれぞれ入室の際、証明できるものを要提示
    ※国立映画アーカイブの上映観覧券(観覧後の半券可)の提示で1回に限り団体料金が適用されます
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
URLhttps://www.nfaj.go.jp/exhibition/puppetanimashow/

国立映画アーカイブの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

国立映画アーカイブ 国立映画アーカイブ

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都中央区で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE