EXHIBITION

アンドリュー・ワイエスと
丸沼芸術の森コレクション展

岐阜県現代陶芸美術館(セラミックパークMINO)

  • 開催期間:2021年1月5日(火)〜2021年3月14日(日)
  • クリップ数:3 件
  • 感想・評価:2 件
アンドリュー・ワイエスと丸沼芸術の森コレクション展 岐阜県現代陶芸美術館(セラミックパークMINO)-1
アンドリュー・ワイエスと丸沼芸術の森コレクション展 岐阜県現代陶芸美術館(セラミックパークMINO)-2
アンドリュー・ワイエスと丸沼芸術の森コレクション展 岐阜県現代陶芸美術館(セラミックパークMINO)-3
アンドリュー・ワイエスと丸沼芸術の森コレクション展 岐阜県現代陶芸美術館(セラミックパークMINO)-4
村上隆《And then, and then and then and then and then / Abstraktes Bild》2006年 丸沼芸術の森蔵
入江明日香《江戸薄墨大桜》2016年 丸沼芸術の森蔵
加藤孝造《瀬戸黒茶盌》2002年 丸沼芸術の森蔵
佐藤忠良《帽子2003》2003年 丸沼芸術の森蔵
アンドリュー・ワイエスと丸沼芸術の森コレクション展 岐阜県現代陶芸美術館(セラミックパークMINO)-1
アンドリュー・ワイエスと丸沼芸術の森コレクション展 岐阜県現代陶芸美術館(セラミックパークMINO)-1
アンドリュー・ワイエスと丸沼芸術の森コレクション展 岐阜県現代陶芸美術館(セラミックパークMINO)-1
アンドリュー・ワイエスと丸沼芸術の森コレクション展 岐阜県現代陶芸美術館(セラミックパークMINO)-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

埼玉県朝霞市で若手芸術家たちの制作支援を行っている「丸沼芸術の森」は、その優れたコレクションでも広く国内外に知られています。

本展では「丸沼芸術の森」コレクションより、若手作家たちの創作の養分とするべく収集された、アンドリュー・ワイエスの水彩・素描を中心とする絵画コレクション、設立者の芸術志向のきっかけとなった陶芸コレクションの中心を成す、加藤孝造をはじめとする現代の陶芸作品、芸術の森で制作活動の支援を受けた村上隆や入江明日香ら気鋭の作家たちの現代美術を一堂に展示します。

これらの多彩なコレクションは、アーティストを支え、アートによって社会を豊かにしようと活動を続ける「丸沼芸術の森」の、芸術に対する純粋な情熱を伝えてくれることでしょう。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年1月5日(火)〜2021年3月14日(日)
会場 岐阜県現代陶芸美術館(セラミックパークMINO) Google Map
展示室ギャラリーⅠ・Ⅱ
住所 岐阜県多治見市東町4-2-5(セラミックパークMINO内)
時間 10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
1月12日(火)
※ただし、1月11日(月・祝)は開館
観覧料 一般 1,000円(900円)
大学生 800円(700円)
高校生以下 無料
  • ※( )内は20名以上の団体料金
    ※以下の手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料
    身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、特定医療費(指定難病)受給者証
    ※前売りチケットは、岐阜県現代陶芸美術館、中日新聞販売店、チケットぴあ(Pコード:685-446)にて販売(販売期間:2021年1月4日(月)まで)
TEL0572-28-3100
URLhttp://www.cpm-gifu.jp/museum/02.exhibition/02_1.exhibition.html

岐阜県現代陶芸美術館(セラミックパークMINO)の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

岐阜県現代陶芸美術館(セラミックパークMINO) 岐阜県現代陶芸美術館(セラミックパークMINO)

講演会・イベント情報EVENT INFORMATION

◆講演会
「丸沼芸術の森のあゆみ―須崎代表に聞く」
日 時: 2021年1月23日(土)14:00‒15:30
講 師: 須崎勝茂氏(丸沼芸術の森代表)
会 場: セラミックパークMINO イベントホール
聞き手: 高橋秀治(岐阜県現代陶芸美術館館長)
定 員: 40名
※参加無料、要事前申込
受付開始2020年12月5日(土)
申込方法:電話 0572−28−3100 / メール momca-event@cpm-gifu.jp

●実技講座
「入江明日香の色彩銅版画にチャレンジ」
日時: 2021年2月13日(土) 13:00‒16:00
講師: 入江明日香氏(出品作家・銅版画家)
会場: 岐阜県現代陶芸美術館プロジェクトルーム
定員: 16名  
対象: 高校生以上
参加費: 2,000円
※要事前申込 受付開始2020年12月12日(土)
申込方法:電話 0572−28−3100 / メール momca-event@cpm-gifu.jp

●連続講座 「もっと知りたいワイエスの魅力」
日時:2021年1月9日(土)「I:ワイエスのふたつの世界―ペンシルヴェニアとメイン」、2021年1月16日(土)「Ⅱ:ワイエスとオルソン家」
各回14:00‒15:30  
講師: 高橋秀治(岐阜県現代陶芸美術館館長)
会場: 岐阜県現代陶芸美術館プロジェクトルーム
定員: 35名(各回)
※参加無料、要事前申込
受付開始2020年12月5日(土)
申込方法:電話 0572−28−3100 / メール momca-event@cpm-gifu.jp

●鑑賞ガイダンス
展覧会の魅力や鑑賞のポイントを展覧会担当学芸員が紹介
日時: 2021年1月10日(日)、24日(日)、
2月7日(日)、28日(日)、3月7日(日)
各回 11:00‒11:15  
会場: 岐阜県現代陶芸美術館プロジェクトルーム
定員: 20名
※参加無料、事前申込不要

●清流の国ぎふ ミュージアムコンサート#3
「野々田万照 JAZZ×MoMCA」
日 時: 2021年3月7日(日) 14:00‒15:00  
演奏者: 野々田万照氏(サックス奏者)ほか
会 場: セラミックパークMINO 国際会議場
※参加無料、要事前申込 
申込方法が他のイベントと異なります。
申込方法は、美術館の公式サイトにてご確認ください。

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

アンドリューワイエスが見れて満足

アンドリュー ワイエスは、MOMAで、『Christina’s World』をたまたま見て以来、気になって仕方なかった作家です。
今回その習作も見れるし、絵の中の家の模型も見れます。ワイエスの絵は水彩画でサラッと描かれていても、なにか引き込まれる不思議な力が感じられます。

4.0

A.ワイエスの息使い

水彩画、作品制作の習作など、今まで見た完成された作品とは違う、ワイエスの生のタッチを垣間見たような気がした。また、陶芸作品には、馴染みの無い私ですが、見入ってしまうような作品が多々あり、満足な時間を過ごさせていただきました。
現代作家の意欲的な作品も大変興味深い。

THANKS!をクリックしたユーザー
Audreyさん、他2人

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
岐阜県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE