EXHIBITION

石橋財団コレクション選 特集コーナー展示
青木繁、坂本繁二郎、古賀春江とその時代
久留米をめぐる画家たち

アーティゾン美術館

  • 開催期間:2020年11月3日(火・祝)〜2021年1月24日(日)
  • クリップ数:10 件
  • 感想・評価:1 件
石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 「青木繁、坂本繁二郎、古賀春江とその時代 久留米をめぐる画家たち」 アーティゾン美術館-1
石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 「青木繁、坂本繁二郎、古賀春江とその時代 久留米をめぐる画家たち」 アーティゾン美術館-2
石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 「青木繁、坂本繁二郎、古賀春江とその時代 久留米をめぐる画家たち」 アーティゾン美術館-3
石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 「青木繁、坂本繁二郎、古賀春江とその時代 久留米をめぐる画家たち」 アーティゾン美術館-4
石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 「青木繁、坂本繁二郎、古賀春江とその時代 久留米をめぐる画家たち」 アーティゾン美術館-5
石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 「青木繁、坂本繁二郎、古賀春江とその時代 久留米をめぐる画家たち」 アーティゾン美術館-6
石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 「青木繁、坂本繁二郎、古賀春江とその時代 久留米をめぐる画家たち」 アーティゾン美術館-7
坂本繁二郎《放牧三馬》1932年 油彩・カンヴァス 79.6×99.0cm 石橋財団アーティゾン美術館蔵
坂本繁二郎《幽光》1969年 油彩・カンヴァス 31.7×41.0cm 石橋財団アーティゾン美術館蔵
青木繁《舞楽面》1900-1903年頃 鉛筆淡彩・紙 19.0×29.2cm 石橋財団アーティゾン美術館蔵
青木繁《海の幸》1904年 油彩・カンヴァス(重要文化財)70.2×182.0cm 石橋財団アーティゾン美術館蔵
青木繁《わだつみのいろこの宮》1907年 油彩・カンヴァス (重要文化財)180.0×68.3cm 石橋財団アーティゾン美術館蔵
坂本繁二郎《能面と鼓の胴》1962年 油彩・カンヴァス 45.5×53.2cm 石橋財団アーティゾン美術館蔵
古賀春江《二階より》1922年 油彩・カンヴァス 61.0×73.5cm 石橋財団アーティゾン美術館蔵
石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 「青木繁、坂本繁二郎、古賀春江とその時代 久留米をめぐる画家たち」 アーティゾン美術館-1
石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 「青木繁、坂本繁二郎、古賀春江とその時代 久留米をめぐる画家たち」 アーティゾン美術館-1
石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 「青木繁、坂本繁二郎、古賀春江とその時代 久留米をめぐる画家たち」 アーティゾン美術館-1
石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 「青木繁、坂本繁二郎、古賀春江とその時代 久留米をめぐる画家たち」 アーティゾン美術館-1
石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 「青木繁、坂本繁二郎、古賀春江とその時代 久留米をめぐる画家たち」 アーティゾン美術館-1
石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 「青木繁、坂本繁二郎、古賀春江とその時代 久留米をめぐる画家たち」 アーティゾン美術館-1
石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 「青木繁、坂本繁二郎、古賀春江とその時代 久留米をめぐる画家たち」 アーティゾン美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

石橋財団の近代洋画コレクションの中心である、青木繁と坂本繁二郎は、アーティゾン美術館の前身、ブリヂストン美術館の創設者・石橋正二郎と同郷の福岡県久留米市出身で、正二郎の本格的な美術品収集のきっかけとなった画家でもあります。

明治末から大正・昭和初期にかけて、久留米あるいはその近隣の筑後地域から多くの美術家が輩出された背景には、明治期にすでに洋画の指導者がいたこと、そして、その指導を受けた青木、坂本が中央画壇で活躍したことが挙げられるでしょう。圧倒的な存在感を放つこのふたりに憧れて上京した一群の画家たちもまた洋画史に確かな足跡を残しました。

そのなかのひとり、青木、坂本より4歳下の松田諦晶(まつだていしょう)は後続の画家を見守り、ときに彼らを先達と繋ぐ存在でした。その松田を通して見える創作活動や地縁に光をあて、久留米の豊かな洋画山脈を紹介するために、青木、坂本、古賀を中心に、松田、髙島野十郎(たかしまやじゅうろう)、髙田力蔵(たかたりきぞう)の作品も交えて紹介します。

アーティゾン美術館では、青木が学生時代に描いた25点ものスケッチを新たに収蔵しました。それらは、青木が1900年頃から博物館に通い、展示されていた多数の仮面を写したものです。神話を題材にした《わだつみのいろこの宮》などの制作背景を考えるうえで重要なその「仮面スケッチ」の大半は、1980年以来一般に公開されることがなく、「秘蔵の」スケッチとも呼ばれてきました。

本展では、青木の新収蔵作品の中から3点を展示します。さらに、これまでコレクションになかった坂本の油彩による「月」をついに迎えることとなりました。月を多数描いた画家としても知られる坂本の最晩年の《幽光[ゆうこう]》(絶筆)も初公開します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年11月3日(火・祝)〜2021年1月24日(日)
会場アーティゾン美術館Google Map
住所 東京都中央区京橋1-7-2
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
  • ※毎週金曜日の20:00までの夜間開館は、当面の間休止予定。最新情報は美術館の公式サイトをご確認ください。
休館日 月曜日 
11月13日、11月24日
年末年始 12月28日~1月4日
1月12日
※ただし、11月23日、1月11日は開館
観覧料 ◎日時指定予約制
2020年11月3日(火・祝)~11月12日(木)
上記期間は4階展示室のみ公開、6・5階展示室は休室。
4階展示室では本展を含む「石橋財団コレクション選」を観覧できます。
石橋財団コレクション選 ウェブ予約チケット 500円
石橋財団コレクション選 当日チケット(窓口販売) 500円
学生無料(要ウェブ予約・中学生以下予約不要)
※この料金で本展を含む「石橋財団コレクション選」のみ観覧できます。

2020年11月14日[土]~2021年1月24日[日]
上記期間は「琳派と印象派展」を同時開催
ウェブ予約チケット 1,700円
当日チケット(窓口販売)2,000円
学生無料(要ウェブ予約・中学生以下予約不要)
※この料金で同時開催の展覧会を全て観覧できます。
※ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ、美術館窓口でも当日チケットを販売
※中学生以下の方はウェブ予約不要
※スマートフォンとイヤホンをお持ちください。アプリにて声優の細谷佳正による所蔵作品の無料音声ガイドあり
TEL03-5777-8600 (ハローダイヤル)
URLhttps://www.artizon.museum/

アーティゾン美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

アーティゾン美術館 アーティゾン美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

日本の近代絵画特集という感じです

久留米つながりということで、作風や活動時期に関係なく集められた作品群となっています。
特集以外にも通常のコレクション展もあるので、和洋両方が楽しめる展覧会となっていました。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都中央区で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE