EXHIBITION

企画展 いしかわの工芸 歴史の厚み
~加州刀と加賀の工芸~

石川県立美術館

  • 開催期間:2020年9月12日(土)〜2020年10月18日(日)
  • クリップ数:1 件
企画展 いしかわの工芸 歴史の厚み ~加州刀と加賀の工芸~ 石川県立美術館-1
企画展 いしかわの工芸 歴史の厚み ~加州刀と加賀の工芸~ 石川県立美術館-2
企画展 いしかわの工芸 歴史の厚み ~加州刀と加賀の工芸~ 石川県立美術館-3
企画展 いしかわの工芸 歴史の厚み ~加州刀と加賀の工芸~ 石川県立美術館-4
石川県文《色絵鳳凰図平鉢》石川県立美術館蔵
《刀 銘加州金澤住藤原清光作》清光 石川県立美術館蔵
重文《蒔絵和歌の浦図見台》伝 清水九兵衛 石川県立美術館蔵
石川県文《飴釉烏香炉》初代 大樋長左衛門 石川県立美術館蔵
企画展 いしかわの工芸 歴史の厚み ~加州刀と加賀の工芸~ 石川県立美術館-1
企画展 いしかわの工芸 歴史の厚み ~加州刀と加賀の工芸~ 石川県立美術館-1
企画展 いしかわの工芸 歴史の厚み ~加州刀と加賀の工芸~ 石川県立美術館-1
企画展 いしかわの工芸 歴史の厚み ~加州刀と加賀の工芸~ 石川県立美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

加賀藩三代藩主・前田利常は、外様大名として軍事力ではなく文化力で江戸幕府への対抗姿勢を表明しました。古今東西の名品の収集とともに利常が注力したのは、工芸の振興でした。

利常は、武器・武具の製作、補修を行う工人集団を拡充して、調度類の製作にも従事させました。さらに京都や江戸から名工を招聘して、芸術的な完成度も追求すると同時に、色絵磁器のような、新たな領域にも熱心に取り組みました。利常のこうした姿勢は、五代藩主・綱紀に継承され、深められました。

そこで今回の展覧会では、前田家による工芸振興政策の成果である加賀の工芸を、「アンチ徳川」との観点から再考します。そのため、最初に加賀の地で鍛えられた刀剣である加州刀を展示します。

前田家による統治以前の室町時代から、加賀では勝れた刀匠が活躍し、刀剣に付随した金工、木工、漆芸、染織などの工人集団も活動していました。こうした匠の伝統が、前田家の政策と絶妙に融合して、武器・武具の製作、補修を基盤とした工芸の豊穣な世界が展開しました。

展示構成は、館蔵品を主体とした加州刀、古九谷、加賀蒔絵、加賀友禅、加賀象嵌鐙そして初代・大樋長左衛門、初代・宮崎寒雉による名品約70点で、今日の工芸王国石川へと至る歴史の、戦略的な側面をたどります。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年9月12日(土)〜2020年10月18日(日)
会場 石川県立美術館 Google Map
住所 石川県金沢市出羽町2-1
時間 9:30〜18:00 (最終入場時間 17:30)
休館日 会期中無休 
観覧料 一般 600円(500円)
大学生 500円(400円)
高校生以下 無料
65歳以上 500円(400円)
  • ※( )内は20名以上の団体料金
    ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を持参の方とその介添えの方は無料
TEL076-231-7580
URLhttp://www.ishibi.pref.ishikawa.jp/

石川県立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

石川県立美術館 石川県立美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
石川県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE