EXHIBITION

Re construction 再構築

練馬区立美術館

  • 開催期間:2020年7月8日(水)〜2020年9月27日(日)
  • クリップ数:11 件
Re construction 再構築 練馬区立美術館-1
Re construction 再構築 練馬区立美術館-2
Re construction 再構築 練馬区立美術館-3
Re construction 再構築 練馬区立美術館-4
Re construction 再構築 練馬区立美術館-5
Re construction 再構築 練馬区立美術館-6
Re construction 再構築 練馬区立美術館-7
Re construction 再構築 練馬区立美術館-8
Re construction 再構築 練馬区立美術館-9
Re construction 再構築 練馬区立美術館-10
Re construction 再構築 練馬区立美術館-11
Re construction 再構築 練馬区立美術館-12
流麻二果《借景絵/The Surrounding Scenery》2016年 油彩・キャンバス 個人蔵
photo:Ken Kato ©Manika Nagare, Courtesy of Yuka Tsuruno Gallery
流麻二果《人肌 / Skin Warmth》2017年 油彩・キャンバス 個人蔵
Photo:Ken Kato ©Manika Nagare, Courtesy of Yuka Tsuruno Gallery
青山悟《SOCIAL DISTANCE MEASURE》2020年 メジャー、布に刺繍 個人蔵
Photo:MIYAJIUMA Kei
CAOYAMA Satoru, Courtesy of Mizuma Art Gallery
青山悟《News From Nowhere (Self Portrait) 》2017年 ビンテージプリントに刺繍、ドローイング、金箔 個人蔵
Photo:MIYAJIUMA Kei
CAOYAMA Satoru, Courtesy of Mizuma Art Gallery
冨井大裕《board paper board (half origami) 》2019年 アクリル板、半分にカットされた折り紙photo:Masaru Yanagiba ©Motohiro Tomii, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
冨井大裕《board paper board(Classico)#1》2019年 アクリル板、トレーシングペーパー(クラシコトレーシングペーパー-FS)
photo:Masaru Yanagiba ©Motohiro Tomii, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
大小島真木《Entanglement hearts series》2020年 アクリル、鉛筆、油性色鉛筆・アルシュ紙 作家蔵 Accompany with island JAPAN
【参考画像】大小島真木《Iomante in the forest 森林中的熊祭 森の熊送り》2016年 鉛筆、アクリル・パネル 個人蔵
松岡映丘《さつきまつ浜村》1928年 絹本着色・二曲一双 練馬区立美術館蔵
郭徳俊《クリントンIIと郭》1997年 シルクスクリーン・紙 練馬区立美術館蔵
小野木学《風景》1968年 油彩・キャンバス 練馬区立美術館蔵
池上秀畝《桜花雙鳩・秋草群鶉図》1921年 絹本金地着色・二曲一双 練馬区立美術館蔵
Re construction 再構築 練馬区立美術館-1
Re construction 再構築 練馬区立美術館-1
Re construction 再構築 練馬区立美術館-1
Re construction 再構築 練馬区立美術館-1
Re construction 再構築 練馬区立美術館-1
Re construction 再構築 練馬区立美術館-1
Re construction 再構築 練馬区立美術館-1
Re construction 再構築 練馬区立美術館-1
Re construction 再構築 練馬区立美術館-1
Re construction 再構築 練馬区立美術館-1
Re construction 再構築 練馬区立美術館-1
Re construction 再構築 練馬区立美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

練馬区立美術館は2020年に開館35年目を迎えます。これを記念し、現代の作家とともに練馬区立美術館の所蔵作品を再解釈し、新たな視点を提案する展覧会を開催します。

参加作家は、青山悟、大小島真木、冨井大裕、流麻二果の4名。各作家へ練馬区立美術館所蔵作品を再構築した作品制作を依頼。プレ展示(2階展示室のみ使用)においてその制作過程や思考・テーマを紹介し、新作旧作合わせて本展示にて公開します。

所蔵作品を「歴史」の面から紹介する章に始まり、画材の選択や個々人の視覚・色覚に左右される「色」のセクションを流、イメージを投影する「メディア」について青山、展示室という「空間」について冨井、そしてそれらを受け取る「身体」を大小島が担当し、これらを辿りながら美術館における鑑賞全体の再構築へとつなげていきます。

各作家が起点とする所蔵作品は、松岡映丘《さつきまつ浜村》、池上秀畝《桜花雙鳩・秋草群鶉図》、小野木学の油彩画や郭徳俊の「大統領シリーズ」など。35年間の練馬区立美術館の蓄積を経て、36年目の新しい扉を開きます。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年7月8日(水)〜2020年9月27日(日)
  • 【プレ展示】2020年7月8日(水)~8月2日(日) 無料 ※2階展示室のみ
    【本 展 示】2020年8月9日(日)~9月27日(日) 有料
会場 練馬区立美術館Google Map
住所 東京都練馬区貫井1-36-16
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
8月11日(火)、9月23日(水)
※ただし、8月10日(月・祝)、9月21日(月・祝)は開館
観覧料 一般 800円
高校、大学生および65~74歳600円
中学生以下および75歳以上 無料
障害者(一般)400円
障害者(高校、大学生)300円
団体(一般)600円
団体(高校、大学生)500円
ぐるっとパスご利用の方300円(年齢などによる割引の適用外)
練馬区文化振興協会友の会会員ご招待(同伴者1名まで)
  • ※観覧当日、受付で会員証を提示のうえ、招待券をお受取ください。
    ※一般以外のチケットを購入の際は、要証明書提示(健康保険証・運転免許証・障害者手帳など)
    ※障害をお持ちの方の付き添いでお越しの場合、1名様までは障害者料金で観覧できます
    ※団体料金は20名様以上の観覧で適用
TEL03-3577-1821
URLhttps://www.neribun.or.jp/museum/

練馬区立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

練馬区立美術館 練馬区立美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都練馬区で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE