美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

青木陵子 + 伊藤存 展
変化する自由分子のWORKSHOP

ワタリウム美術館

  • 開催期間:2020年3月29日(日)〜2020年6月14日(日)
  • クリップ数:3 件
青木陵子 + 伊藤存 展 変化する自由分子のWORKSHOP ワタリウム美術館-1
青木陵子 + 伊藤存 展 変化する自由分子のWORKSHOP ワタリウム美術館-2
青木陵子 + 伊藤存 展 変化する自由分子のWORKSHOP ワタリウム美術館-1
青木陵子 + 伊藤存 展 変化する自由分子のWORKSHOP ワタリウム美術館-2

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

今回、ワタリウム美術館で開催する展覧会「変化する自由分子のWORKSHOP」では、日本を代表する現代アーティスト青木陵子(あおき りょうこ)と伊藤存(いとう ぞん)のいろいろな共同作品を紹介します。

二人が2000年から始めたアニメーションのシリーズは「9才までの境地」という作品となり、人の情緒が成長するように成長を続けています。

2017年のリボーンアート・フェスティバルでは、宮城県牡鹿半島にある小さな無人の浜に、京都から持ち込んだそれぞれの作品、土や樹皮などのそのばで採取した材料から作った作品、また、煮炊きをしていた石でできたコンロなど、様々なつくられたものたちを混存させ、「人がつくる」ことそのものと自然のみがある空間「浜と手と脳」が展開されました。

2019年には牡鹿半島から船で渡った網地島に移り、かつての駄菓子屋をなおし、島の空き家で発見したものに、様々なつくる手を加えることで商品にして販売する店”メタモルフォーセス”が登場しました。

さらに、島の漁師さんがもともと畑として使っていた土地に、島の中にある資源を活かしながら、畑でいちから作物をつくるように制作された、”海に浮かぶ畑”が制作されました。ここでは「人がつくる」ことから、様々に人と関係する「つくるをふやす」ことへ作品は展開されていきました。

人の手の不思議、自然との対話、時間を超えた普遍性など、二人の作品からは「人がつくる」ことの可能性がつぎつぎと広がっていくのです。

この展覧会「変化する自由分子のWORKSHOP」では、これまでの共作に加え、お店から始まった様々な人との流動がワークショップ的に展開します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年3月29日(日)〜2020年6月14日(日)
会場ワタリウム美術館Google Map
住所 東京都渋谷区神宮前3-7-6
時間 11:00〜19:00(最終入場時間 19:00)
  • ※毎週水曜日は21:00まで延長
休館日 月曜日 
※ただし5月4日は開館
観覧料 大人 1,000円
学生 800円(25歳以下)
小・中学生 500円
70歳以上の方 700円
  • 【ペア券】
    大人2人 1600円
    学生2人 1200円
TEL03-3402-3001
URLhttp://www.watarium.co.jp/

ワタリウム美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

ワタリウム美術館 ワタリウム美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都渋谷区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE