EXHIBITION

北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック
アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美

宇都宮美術館

  • 開催期間:2020年4月26日(日)〜2020年6月21日(日)
  • クリップ数:3 件
北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美 宇都宮美術館-1
北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美 宇都宮美術館-2
北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美 宇都宮美術館-3
北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美 宇都宮美術館-4
北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美 宇都宮美術館-5
北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美 宇都宮美術館-6
北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美 宇都宮美術館-7
北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美 宇都宮美術館-8
ルネ・ラリック 大型常夜灯《エニシダの花と枝》 1920 年 北澤美術館蔵 撮影:清水哲郎
ルネ・ラリック 噴水の女神《メリト》 1924 年 北澤美術館蔵 撮影:清水哲郎
ルネ・ラリック 花瓶《つむじ風》 1926 年 北澤美術館蔵 撮影:清水哲郎
ルネ・ラリック 食器セット《トウキョウ》《ニッポン》 1930-35 年 北澤美術館蔵 撮影:清水哲郎
ルネ・ラリック 香水瓶《真夜中》 ウォルト社 1924 年 北澤美術館蔵 撮影:尾形隆夫
ルネ・ラリック 電動置時計《昼と夜》 1926 年 北澤美術館蔵 撮影:清水哲郎
ルネ・ラリック カーマスコット《スピード》 オパルセント 1929 年 北澤美術館蔵 撮影:清水哲郎
ルネ・ラリック デザイン画《工芸の中庭列柱廊扉》 1925 年頃 北澤美術館蔵 撮影:清水哲郎
北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美 宇都宮美術館-1
北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美 宇都宮美術館-1
北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美 宇都宮美術館-1
北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美 宇都宮美術館-1
北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美 宇都宮美術館-1
北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美 宇都宮美術館-1
北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美 宇都宮美術館-1
北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美 宇都宮美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

1920年代から 1930年代にかけて、「アール・デコ」と呼ばれるデザインの様式が世界を席巻しました。

アール・デコとは、フランス語の「アール・デコラティフ」、すなわち「装飾美術」から派生した呼び名で、より正確には、1925年にパリで行われ、しばしば「アール・デコ博」と称される「現代装飾美術・産業工芸国際博覧会」(Exposition internationale des Arts décoratifs et industriels modernes)のタイトルが元になっています。

アール・デコ様式は、日本の建築、美術工芸品、デザインのさまざまな領域に影響を及ぼし、大正末期・昭和戦前には、わが国に独自の展開も見られました。本展は、このアール・デコを特徴づけるスタイル、時代精神を表すガラス作品で知られるルネ・ラリック(1860~1945年)の仕事を展観するものです。

展示作品は、北澤美術館(長野県諏訪市)のコレクション約200 点を中心に、日本とラリックのつながりを示す貴重な資料も公開されます。

一般的にラリックと言えば、アール・デコとともに、20年ほど先行する時代のジュエリーでも著名な作家です。今回の場合、ガラス工芸初期の1910年代から1930年代に至る作品群を通じて、工業化社会、新しい都市文明に合致したガラス製品が、どのようにして人々の生活や好み、ものつくりのあり方とともに変わったのか、ひいてはラリックが生きた世紀のキーワードである「近代:モダン」とは何かについて、調度品、食器セット、香水瓶、照明器具、カーマスコット(自動車装飾)など、幅広い作品によって分かりやすく紹介します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年4月26日(日)〜2020年6月21日(日)
会場宇都宮美術館Google Map
住所 栃木県宇都宮市長岡町1077
時間 9:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
5月7日(木)
※ただし4月27日、5月4日は開館
観覧料 一般 1,000円(800円)
高校生・大学生 800円(640円)
小学生・中学生 600円(480円)
  • ※( )内は20名以上の団体料金
    ※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者(1 名)は無料
    ※宇都宮市在学または在住の高校生以下は無料。宮っ子の誓いカードまたは学生証を要提示
    ※4月1日「市民の日」はメンテナンス期間中につき休館。代替日として4月30日(木)、宇都宮市民の方は観覧無料となります。保険証など、住所の分かるものを要提示
    ※毎月第3日曜日(5月17日、6月21日)は「家庭の日」です。高校生以下の方を含む家族で来館の場合、企画展観覧料が一般・大学生は半額、高校生以下は無料
TEL028-643-0100
URLhttp://u-moa.jp

宇都宮美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

宇都宮美術館 宇都宮美術館

講演会・イベント情報EVENT INFORMATION

◆ 記念講演会①「ルネ・ラリック アール・デコの新時代を切り開いた男」
日時:2020年4月26日(日)
午後2時(開場:午後1時30分)~午後4時
会場:宇都宮美術館 講義室
定員:150 名(先着) ※企画展チケットを購入の上、直接会場に入場ください。
講師:池田まゆみ氏
(本展監修者、北澤美術館主席学芸員)
内容:ルネ・ラリックのガラス作品について、「アール・デコ」をキーワードに解説するスライド・レクチャー

◆ 記念講演会②「シャンパンが似合うルネ・ラリックのガラス─朝香宮邸のアール・デコ─」
日時:2020年5月31日(日)
午後2時(開場:午後1時30分)~午後4時
会場:宇都宮美術館 講義室
定員:150名(先着) ※企画展チケットを購入の上、直接会場に入場ください。
講師:樋田豊次郎氏(東京都庭園美術館館長)
内容:日本における「アール・デコ」の展開を、旧・朝香宮邸(現・東京都庭園美術館)を中心に語るスライド・レクチャー

◆ 担当学芸員による
ギャラリー・トーク
日時:会期中毎週土曜日 午後2時~
※企画展チケットを購入の上、中央ホールに集合ください。

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
栃木県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE