美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

たかはしの歴史と美術「たかはしの工芸」
同時開催:「山田方谷の生涯」

高梁市歴史美術館

  • 開催期間:2020年1月26日(日)〜2020年3月16日(月)
常設展示:たかはしの歴史と美術「たかはしの工芸」/同時開催:「山田方谷の生涯」 高梁市歴史美術館-1
常設展示:たかはしの歴史と美術「たかはしの工芸」/同時開催:「山田方谷の生涯」 高梁市歴史美術館-2
常設展示:たかはしの歴史と美術「たかはしの工芸」/同時開催:「山田方谷の生涯」 高梁市歴史美術館-3
常設展示:たかはしの歴史と美術「たかはしの工芸」/同時開催:「山田方谷の生涯」 高梁市歴史美術館-4
常設展示:たかはしの歴史と美術「たかはしの工芸」/同時開催:「山田方谷の生涯」 高梁市歴史美術館-1
常設展示:たかはしの歴史と美術「たかはしの工芸」/同時開催:「山田方谷の生涯」 高梁市歴史美術館-2
常設展示:たかはしの歴史と美術「たかはしの工芸」/同時開催:「山田方谷の生涯」 高梁市歴史美術館-3
常設展示:たかはしの歴史と美術「たかはしの工芸」/同時開催:「山田方谷の生涯」 高梁市歴史美術館-4

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

備中松山藩は5万石の小藩でしたが城を構え城下町として発展しました。また、山田方谷が実行した藩政改革の一環として、産業振興が進められ工芸が発展しました。その流れを引き継ぎ、明治以降もさまざまな工芸が高梁に生まれ、私たちの目を楽しませてきました。

今回はその中から、高梁市唯一の無形文化財保持者だった川上豊太郎の手掛けた錺金具箪笥のほか、臥牛彫創始者林鶴山による木竹工芸品、山田方谷の藩政改革によって生まれた杉浦焼など、高梁ゆかりの工芸品を紹介します。

同時開催「山田方谷の生涯」では、版木や紙型といった工芸要素のある方谷関連資料を紹介します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年1月26日(日)〜2020年3月16日(月)
会場高梁市歴史美術館Google Map
住所 岡山県高梁市原田北町1203-1 高梁市文化交流館2階
時間 9:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 火曜日 
※ただし、2月11日は開館、翌日休館
観覧料 一般 300円
小中学生 150円
  • ※市内在住の小中学生が学校休業日に入館するときは無料
    ※障がい者手帳をお持ちの人と介助者1名が入館するときは無料
    ※市内在住の65歳以上の人は無料。証明証を要提示
TEL0866-21-0180
URLhttp://www.city.takahashi.lg.jp/site/takahashi-historical-museum/

高梁市歴史美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

高梁市歴史美術館 高梁市歴史美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
岡山県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE