中野嘉之の世界
-時空を超えた出会い、感動とその美-

郷さくら美術館

  • 開催期間:2019年12月7日(土)〜2020年2月23日(日・祝)
  • クリップ数:11 件
  • 感想・評価:3 件
中野嘉之の世界-時空を超えた出会い、感動とその美- 郷さくら美術館-1
中野嘉之の世界-時空を超えた出会い、感動とその美- 郷さくら美術館-2
中野嘉之の世界-時空を超えた出会い、感動とその美- 郷さくら美術館-3
中野嘉之の世界-時空を超えた出会い、感動とその美- 郷さくら美術館-4
中野嘉之の世界-時空を超えた出会い、感動とその美- 郷さくら美術館-5
中野嘉之《双水竜図》2011年(左隻)
中野嘉之《双水竜図》2011年(右隻)
中野嘉之《蕭蕭》2003年
中野嘉之《秋映譜》1991年
中野嘉之《乙女桜》2019年
中野嘉之の世界-時空を超えた出会い、感動とその美- 郷さくら美術館-1
中野嘉之の世界-時空を超えた出会い、感動とその美- 郷さくら美術館-1
中野嘉之の世界-時空を超えた出会い、感動とその美- 郷さくら美術館-1
中野嘉之の世界-時空を超えた出会い、感動とその美- 郷さくら美術館-1
中野嘉之の世界-時空を超えた出会い、感動とその美- 郷さくら美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

今回は、日本画壇を代表する日本画家・水墨画家 中野嘉之の個展を開催します。

中野嘉之は京都出身でありながら、東京の美術大学である多摩美術大学出身で、大学では加山又造、横山操らの錚々たる教壇人に指導を受けた日本画家です。

本展では花鳥画を中心とした日本画のみならず、中野嘉之と言えば水墨画、と言われる作品も多数出品予定となり、中野嘉之の世界を存分に楽しんで頂ける展覧会となります。

「天・空・地・水」中野嘉之が見て感じた、時空を超えて出会えた世界観をどうぞお楽しみください。桜を描いた新作屏風「乙女桜」も初公開します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年12月7日(土)〜2020年2月23日(日・祝)
会場 郷さくら美術館 Google Map
住所 東京都目黒区上目黒1-7-13
時間 10:30〜17:00 (最終入場時間 16:30)
  • ※詳細は郷さくら美術館公式HPをご確認ください
休館日 月曜日 
1月14日(火)
年末年始 12月28日〜1月3日
※但し1月13日(月)は開館
観覧料 一般 500円
シニア(70歳以上) 400円
大高生 300円
中学生 100円
小学生以下 無料(要保護者同伴)
TEL03-3496-1771
URLhttps://satosakura.localinfo.jp/

郷さくら美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

郷さくら美術館 郷さくら美術館

講演会・イベント情報EVENT INFORMATION

◆ 中野嘉之氏によるギャラリートーク
①12月7日、②1月11日、③2月8日

◆ 学芸員によるギャラリートーク
①12月21日、②1月25日、③2月22日
※いづれも土曜、午後2時より開催
※予約不要、参加費無料(但し要当日入館券)

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

素晴らしかった、の一言。

2月8日、先生のトークショーが開催されるというので、それに合わせて行く予定にしていました。前日にホームページを確認すると、コロナウイルスの流行を懸念して中止になったとありました。残念でしたが、是非見たかったので11:30頃に訪れました。何と先生ご本人のご配慮で(トークショーは中止ですが楽しみにしているお客様もいるだろうからと)ご来館されていました!緊張しながらもお声掛けしたところ、気さくにお話して下さいました。購入した作品集と今回の展覧会のパンフレットにサインも頂け、感激しました。

作品は素晴らしい、の一言に尽きます。
写真では分からない細かな筆の運びや、立体間、顔料のきらめきを間近に見られました。あまり混んでおらず、ゆっくりじっくり見られました。
まだ開催されているので、一人でも多くの方に見てほしいです。

4.0

墨の美、堪能!!

今回、個展なんて、郷さくらさんにしてはちょっと珍しいのでは?と思いつつ、たまたま空いた時間に立ち寄りました。中野嘉之氏の作品は、もちろん何度かちらと目にしたことはありましたが、それほど特に注目していたわけではありませんでした。3階までの展示室に35点、なかなかどうして、とても魅力的でした。特に《双水竜図》は横の長さ13m20㎝もある水墨画で、中野氏の作品の中でも最長だとか、そんなに広い美術館ではないのでコの字に展示していました。なのでなおさら、今にも飛び出して来そうな2頭の竜が、天がけるこの凄まじい光景に包まれたようで、物凄い迫力で、しかもとても美しく、感動でした。彼の師、横山操氏も加山又造氏も、日本画に独特な墨の世界を魅せてくれていましたが、また違った墨の美でした。会期末が近くなりました。まだ見ていない方は是非。お勧めしたいです。

5.0

中野嘉之の世界観が反映された花鳥、水墨画の大作を堪能

サブタイトルに時空を越えた出会い、とありましたが、時空、独創的な空間把握と繊細な表現に引き込まれます。空間表現に微妙なマチエールを駆使、流動的空間表現、抽象と具象の絶妙なバランス❗️水墨作品の力強くも繊細な表現、淡墨の美しい事。オススメ展です。

  • 0
  • BY TK

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都目黒区で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

中野嘉之《双水竜図》2011年(左隻)

中野嘉之《双水竜図》2011年(右隻)

中野嘉之《蕭蕭》2003年

中野嘉之《秋映譜》1991年

中野嘉之《乙女桜》2019年

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE