美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

フィリップ・パレーノ展
オブジェが語りはじめると

ワタリウム美術館

  • 開催期間:2019年11月2日(土)〜2020年3月22日(日)
  • クリップ数:4 件
フィリップ・パレーノ展 オブジェが語りはじめると ワタリウム美術館-1
フィリップ・パレーノ展 オブジェが語りはじめると ワタリウム美術館-2
フィリップ・パレーノ展 オブジェが語りはじめると ワタリウム美術館-3
フィリップ・パレーノ展 オブジェが語りはじめると ワタリウム美術館-4
フィリップ・パレーノ展 オブジェが語りはじめると ワタリウム美術館-1
フィリップ・パレーノ展 オブジェが語りはじめると ワタリウム美術館-2
フィリップ・パレーノ展 オブジェが語りはじめると ワタリウム美術館-3
フィリップ・パレーノ展 オブジェが語りはじめると ワタリウム美術館-4

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

同時代の重要なアーティストの一人、フィリップ・パレーノの日本初となる大掛かりな展覧会です。

パレーノの特徴は、映像、彫刻、ドローイング、テキストなど多様な手法を用い、展覧会を一貫したひとつのメディアとして捉えていることです。

つまり展覧会は一連の出来事が展開する空間であり、個々の作品の意味ではなく、「オブジェクト」として展覧会の可能性を探っていくと、展覧会はオープンスペースとなり、時に応じて変化するフォーマットとなります。

展覧会に訪れることが、空間的・時間的境界や感覚的経験を伴う唯一無二の体験となることを目指しているのです。

本展では、パレーノの代表作である白熱光が点滅する「マーキー」や、天井に張りつく風船「吹き出し」のほか、1995年にワタリウム美術館と伝説のキュレター、ヤン・フートがコラボレートした展覧会「水の波紋展」で制作した氷の「雪だるま」がその姿を新しくし登場します。

無色透明なこれらの作品を通し、パレーノが見ている近未来の風景が広がるのでしょうか。最先端でありながら懐かしい、現れては消える不思議なパレーノワールドです。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年11月2日(土)〜2020年3月22日(日)
会場ワタリウム美術館Google Map
住所 東京都渋谷区神宮前3-7-6 [MAP]
時間 11:00〜19:00(最終入場時間 19:00)
  • ※毎週水曜日は21:00まで延長
休館日 月曜日 
12月31日~1月3日は休館
※ただし11月4日、12月30日、1月13日、2月24日は開館
観覧料 大人 1,000円
学生 800円(25歳以下)
小・中学生 500円
70歳以上の方 700円
  • 【ペア券】
    大人2人 1600円
    学生2人 1200円
TEL03-3402-3001
URLhttp://www.watarium.co.jp/exhibition/1910pareno

ワタリウム美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

ワタリウム美術館 ワタリウム美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都渋谷区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE