EXHIBITION

ゴッホと静物画-伝統から革新へ-

SOMPO美術館

  • 開催期間:2020年10月6日(火)~12月27日(日) ⇒ 開催中止
  • クリップ数:20 件
ゴッホと静物画-伝統から革新へ- SOMPO美術館-1
ゴッホと静物画-伝統から革新へ- SOMPO美術館-2
ゴッホと静物画-伝統から革新へ- SOMPO美術館-3
ゴッホと静物画-伝統から革新へ- SOMPO美術館-4
ゴッホと静物画-伝統から革新へ- SOMPO美術館-5
ゴッホと静物画-伝統から革新へ- SOMPO美術館-6
ゴッホと静物画-伝統から革新へ- SOMPO美術館-7
ゴッホと静物画-伝統から革新へ- SOMPO美術館-8
ゴッホと静物画-伝統から革新へ- SOMPO美術館-9
フィンセント・ファン・ゴッホ 《アイリス》 1890年 油彩/キャンヴァス 92.7×73.9 cm ファン・ゴッホ美術館、アムステルダム(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)
Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)
フィンセント・ファン・ゴッホ 《ひまわり》 1888年 油彩/キャンヴァス 100.5×76.5 cm SOMPO美術館
ピーテル・クラーツ 《ヴァニタス》 1630年頃 油彩/板(樫) 40.0×60.5cm クレラー=ミュラー美術館、オッテルロー
© 2019 Collection Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands © Photography Rik Klein Gotink, Harderwijk
フィンセント・ファン・ゴッホ 《麦わら帽のある静物》 1881年 油彩/キャンヴァス 36.5×53.6cm クレラー=ミュラー美術館、オッテルロー
© 2019 Collection Kröller-Müller Museum,Otterlo, the Netherlands © Photography Rik Klein Gotink, Harderwijk
フィンセント・ファン・ゴッホ 《髑髏》 1887年 油彩/キャンヴァス 42.4×30.4cm ファン・ゴッホ美術館、アムステルダム(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)
Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)
フィンセント・ファン・ゴッホ 《赤と白の花をいけた花瓶》 1886年 油彩/キャンヴァス 65.5×35.0cm ボイマンス・ファン・ブーニンヘン美術館
Museum Boijmans Van Beuningen, Rotterdam / Creditline photographer: Studio Tromp, Rotterdam
アドルフ=ジョゼフ・モンティセリ 《花瓶の花》 1875年 油彩/板 52.5×33.5cm クレラー=ミュラー美術館、オッテルロー
© 2019 Collection Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands © Photography Rik Klein Gotink, Harderwijk
ポール・セザンヌ 《りんごとナプキン》 1879~1880年 油彩/キャンヴァス 49.2×60.3cm SOMPO美術館
モーリス・ド・ヴラマンク 《花瓶の花》 1905~1906年 油彩/キャンヴァス 47.0×38.5cm メナード美術館
© ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2020 E3698
ゴッホと静物画-伝統から革新へ- SOMPO美術館-1
ゴッホと静物画-伝統から革新へ- SOMPO美術館-1
ゴッホと静物画-伝統から革新へ- SOMPO美術館-1
ゴッホと静物画-伝統から革新へ- SOMPO美術館-1
ゴッホと静物画-伝統から革新へ- SOMPO美術館-1
ゴッホと静物画-伝統から革新へ- SOMPO美術館-1
ゴッホと静物画-伝統から革新へ- SOMPO美術館-1
ゴッホと静物画-伝統から革新へ- SOMPO美術館-1
ゴッホと静物画-伝統から革新へ- SOMPO美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

現存するゴッホの油彩画は850点あまり、そのうち、静物は170点ほどで、風景、人物よりは少ないが、農民などを描いたオランダ時代の暗く重い色彩から彼を解放したのは主にパリ時代に描かれた花の静物だった。

オランダ人らしく、ゴッホが花好きだったことも静物への関心を高める要因となったと思われる。無論、ゴッホは花以外の静物的なモチーフも多数描いており、本展は静物画家としてのゴッホの多面的な展開をたどるものである。

静物画の黄金時代を現出した17世紀のオランダからゴッホの同時代、没後の画家たちの作品もあわせ見ることにより、静物画家としてのゴッホの実像を立体的に浮かび上がらせようとするものである。

出品作品はゴッホ25点(いずれも油彩)、ゴッホ以外の画家37点の計62点の予定である。

開催概要EVENT DETAILS

会期
  • 2020年10月6日(火)~12月27日(日) ⇒ 開催中止
    本展は、国内外の新型コロナウイルスの影響のため、一部作品の輸送の目途が立たないことから、本年の開催は困難と判断し、展覧会の中止決定となりました。
会場SOMPO美術館Google Map
住所 東京都新宿区西新宿1丁目26-1
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
※ただし11月23日(月・祝)は開館
観覧料 ◎日時指定入場制《 8月中旬より販売開始予定 》

【当日料金】
一般 1,800円
大学生 1,200円

【前売料金(平日)】
一般 1,400円
大学生 1,000円

【前売料金(土日祝日)】
一般 1,600円
大学生 1,000円
  • ※来館日の前日23:59までにオンラインチケット購入の場合は前売料金、以降は当日料金
    ※高校生以下無料、ただしオンラインチケットの予約が必要です。学生証を入館時に要提示
    ※身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳を提示の本人とその付添人1名は無料。被爆者健康手帳を提示の方は本人のみ無料。いずれもオンラインチケットの予約が必要。手帳を入館時に要提示
TEL03-5777-8600(ハローダイヤル)
URLhttps://gogh2020.exhn.jp/

SOMPO美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

SOMPO美術館 SOMPO美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都新宿区で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE