日・チェコ交流100周年
ミュシャと日本、日本とオルリク

岡山県立美術館

  • 開催期間:2020年1月4日(土)〜2020年2月11日(火・祝)
日・チェコ交流100周年 ミュシャと日本、日本とオルリク 岡山県立美術館-1
日・チェコ交流100周年 ミュシャと日本、日本とオルリク 岡山県立美術館-2
日・チェコ交流100周年 ミュシャと日本、日本とオルリク 岡山県立美術館-3
日・チェコ交流100周年 ミュシャと日本、日本とオルリク 岡山県立美術館-4
日・チェコ交流100周年 ミュシャと日本、日本とオルリク 岡山県立美術館-5
日・チェコ交流100周年 ミュシャと日本、日本とオルリク 岡山県立美術館-6
アルフォンス・ミュシャ《「ジョブ」ポスター》1898年 宇都宮美術館
アルフォンス・ミュシャ《「ジスモンダ」ポスター》1895年 三浦コレクション、川崎市市民ミュージアム ※前期のみ
エミール・オルリク《富士山への巡礼》1901年 パトリック・シモン・コレクション プラハ
葛飾北斎《冨嶽三十六景 凱風快晴》1831-33年頃 島根県立美術館、新庄コレクション ※前期のみ
中澤弘光《嗅(女学生)〈美人と感覚〉》1905年 三重県立美術館 ※後期のみ
アルノシュト・ホフバウエル《「マーネス美術家協会第2回展覧会」ポスター》1898年 チェコ国立プラハ工芸美術館
日・チェコ交流100周年 ミュシャと日本、日本とオルリク 岡山県立美術館-1
日・チェコ交流100周年 ミュシャと日本、日本とオルリク 岡山県立美術館-1
日・チェコ交流100周年 ミュシャと日本、日本とオルリク 岡山県立美術館-1
日・チェコ交流100周年 ミュシャと日本、日本とオルリク 岡山県立美術館-1
日・チェコ交流100周年 ミュシャと日本、日本とオルリク 岡山県立美術館-1
日・チェコ交流100周年 ミュシャと日本、日本とオルリク 岡山県立美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

2020年、日本とチェコの交流100周年を迎えるにあたり、チェコ出身のアルフォンス・ミュシャ(Alfons Mucha, 1860-1939)とエミール・オルリク(Emil Orlik, 1870-1932)の作品を通して、芸術分野における東西交流の軌跡を辿ります。

ミュシャは、ジャポニスムに湧く世紀末のパリで、甘美な女性像のポスターを制作し人々を魅了しました。その評判はすぐさま日本の作家たちに伝わり、絶大な影響をもたらしました。

そして、版画家のオルリクは、ジャポニスムの潮流にふれて日本への憧れを募らせ、1900年から翌年にかけて来日しました。浮世絵版画や日本画の技法を習うにとどまらず、日本の美術界と交流を持ったことが注目されます。

本展では、背景としてのチェコのジャポニスムも加えて紹介するほか、明治・大正期のグラフィック作品などをあわせて展示します。互いに魅せられ、響きあった作家たちの共演をお楽しみください。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年1月4日(土)〜2020年2月11日(火・祝)
  • 前期:2020年1月4日(土)~1月19日(日)
    後期:2020年1月21日(火)~2月11日(火・祝)
    ※会期中、展示替を行います
会場 岡山県立美術館 Google Map
住所 岡山県岡山市北区天神町8-48
時間 9:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
  • ※1月4日は10時開館、1月31日は19時まで開館
    ※いずれも入館は閉館30分前まで
休館日 月曜日 
※祝日の場合は翌火曜日
観覧料 一般 1,200円
65歳以上 1,000円
高・大生 800円
中学生以下 無料
  • ※一般以外は、学生証やシルバーカード等、年齢が確認できる証明書を要提示
    ※20名以上の団体は2割引
TEL086-225-4800
URLhttps://okayama-kenbi.info/exh-20200104-mucha/

岡山県立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

岡山県立美術館 岡山県立美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
岡山県で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

アルフォンス・ミュシャ《「ジョブ」ポスター》1898年 宇都宮美術館

アルフォンス・ミュシャ《「ジスモンダ」ポスター》1895年 三浦コレクション、川崎市市民ミュージアム ※前期のみ

エミール・オルリク《富士山への巡礼》1901年 パトリック・シモン・コレクション プラハ

葛飾北斎《冨嶽三十六景 凱風快晴》1831-33年頃 島根県立美術館、新庄コレクション ※前期のみ

中澤弘光《嗅(女学生)〈美人と感覚〉》1905年 三重県立美術館 ※後期のみ

アルノシュト・ホフバウエル《「マーネス美術家協会第2回展覧会」ポスター》1898年 チェコ国立プラハ工芸美術館

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE