アール・ヌーヴォーの花園
−ミュシャとラリック 花々と植物のかたち−

箱根ラリック美術館

  • 開催期間:2019年10月26日(土)〜2020年1月26日(日)
  • クリップ数:3 件
  • 感想・評価:1 件
アール・ヌーヴォーの花園 −ミュシャとラリック 花々と植物のかたち− 箱根ラリック美術館-1
アール・ヌーヴォーの花園 −ミュシャとラリック 花々と植物のかたち− 箱根ラリック美術館-2
アール・ヌーヴォーの花園 −ミュシャとラリック 花々と植物のかたち− 箱根ラリック美術館-3
アール・ヌーヴォーの花園 −ミュシャとラリック 花々と植物のかたち− 箱根ラリック美術館-4
アール・ヌーヴォーの花園 −ミュシャとラリック 花々と植物のかたち− 箱根ラリック美術館-5
アール・ヌーヴォーの花園 −ミュシャとラリック 花々と植物のかたち− 箱根ラリック美術館-6
アール・ヌーヴォーの花園 −ミュシャとラリック 花々と植物のかたち− 箱根ラリック美術館-7
アール・ヌーヴォーの花園 −ミュシャとラリック 花々と植物のかたち− 箱根ラリック美術館-8
アール・ヌーヴォーの花園 −ミュシャとラリック 花々と植物のかたち− 箱根ラリック美術館-9
アール・ヌーヴォーの花園 −ミュシャとラリック 花々と植物のかたち− 箱根ラリック美術館-10
アール・ヌーヴォーの花園 −ミュシャとラリック 花々と植物のかたち− 箱根ラリック美術館-11
ブローチ「ラン」1886-1890年頃 ルネ・ラリック 箱根ラリック美術館蔵
ペンダント/ブローチ「ユリの女」 1898-1900年頃 箱根ラリック美術館蔵
ブローチ「カトレア」1898-1902年頃 ルネ・ラリック 箱根ラリック美術館蔵
ペンダント「フジ」 1900-1903年頃 箱根ラリック美術館蔵
チョーカーヘッド「キク」1900年頃 箱根ラリック美術館蔵
ベッドサイドランプ「日本の林檎の木」1920年 箱根ラリック美術館蔵
クロッキー「セイヨウタンポポ」 ルネ・ラリック 箱根ラリック美術館蔵
クロッキー「花」 ルネ・ラリック 箱根ラリック美術館蔵
クロッキー「ハシバミ」 ルネ・ラリック 箱根ラリック美術館蔵
習作「ヨーロッパナラ」1899-1901年頃 ルネ・ラリック 箱根ラリック美術館蔵
《四季:秋》の下絵 1900年 アルフォンス・ミュシャ 箱根ラリック美術館蔵
アール・ヌーヴォーの花園 −ミュシャとラリック 花々と植物のかたち− 箱根ラリック美術館-1
アール・ヌーヴォーの花園 −ミュシャとラリック 花々と植物のかたち− 箱根ラリック美術館-1
アール・ヌーヴォーの花園 −ミュシャとラリック 花々と植物のかたち− 箱根ラリック美術館-1
アール・ヌーヴォーの花園 −ミュシャとラリック 花々と植物のかたち− 箱根ラリック美術館-1
アール・ヌーヴォーの花園 −ミュシャとラリック 花々と植物のかたち− 箱根ラリック美術館-1
アール・ヌーヴォーの花園 −ミュシャとラリック 花々と植物のかたち− 箱根ラリック美術館-1
アール・ヌーヴォーの花園 −ミュシャとラリック 花々と植物のかたち− 箱根ラリック美術館-1
アール・ヌーヴォーの花園 −ミュシャとラリック 花々と植物のかたち− 箱根ラリック美術館-1
アール・ヌーヴォーの花園 −ミュシャとラリック 花々と植物のかたち− 箱根ラリック美術館-1
アール・ヌーヴォーの花園 −ミュシャとラリック 花々と植物のかたち− 箱根ラリック美術館-1
アール・ヌーヴォーの花園 −ミュシャとラリック 花々と植物のかたち− 箱根ラリック美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

19世紀末に流行したアール・ヌーヴォーを代表する画家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。

美しい女性像や花々を組み合わせ、流れるような曲線を用いた、華やかで優美な作風は、現代でも多くの人々を魅了しています。

没後80年を迎える今年、ミュシャがパリ時代に制作したポスターや装飾パネルを中心に、装飾芸術の人気のテーマであった“植物”や“花”に焦点を当てた展覧会を堺 アルフォンス・ミュシャ館と共同開催します。

同時期に活躍したルネ・ラリック(1860-1945)のジュエリーやガラス作品も合わせて展示し、当時の芸術家たちの自然へのまなざしとアール・ヌーヴォーを彩った装飾芸術を紹介します。

さらに、公益社団法人 日本フラワーデザイナー協会(NFD)の特別協力のもと、アーティフィシャルフラワーによるコラボレーション展示もお楽しみいただきます。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年10月26日(土)〜2020年1月26日(日)
会場 箱根ラリック美術館 Google Map
展示室箱根ラリック美術館2階企画展示室
住所 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原186-1
時間 9:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 年中無休 
※展示替のため臨時休館あり
観覧料 大人 1,500円
大学生・高校生・シニア(65歳以上) 1,300円
中学生・小学生 800円
TEL0460-84-2255
URLhttp://www.lalique-museum.com/

箱根ラリック美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

箱根ラリック美術館 箱根ラリック美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

3.0

アール・ヌーヴォーと言えば

19世紀末に流行したアールヌーヴォーを代表するミュシャとラリックの「草花」に焦点を当てた展覧会です。
個人的に観たかったミュシャの「四つの花」「四季」「四つの宝石」「四芸術」を観ることが出来たのは嬉しかったです。「四季」の「秋」の下描きも良かったです。
今年はミュシャの展覧会が多く色々な展覧会に行きましたが、混む事なくゆっくりと観られました。
ラリックの草花をモチーフにしたアクセサリーやジュエリーも美しかったです。
常設?!のラリックの作品もとても充実していて楽しく鑑賞出来ました。
ただ、一緒にアーティシャルフラワーとのコラボレーションで絵画作品の前に作品が飾られていましたが、絵が見辛くなってしまい残念でしたし、絵のイメージに合わせて作られているのはわかるのですが、どうも雰囲気が合っていないと感じてしまいました。
レストランは雰囲気も良く、展覧会コラボレーションの花園をイメージしたバラのケーキは華やかでとても美味しかったです。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
神奈川県で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

ブローチ「ラン」1886-1890年頃 ルネ・ラリック 箱根ラリック美術館蔵

ペンダント/ブローチ「ユリの女」 1898-1900年頃 箱根ラリック美術館蔵

ブローチ「カトレア」1898-1902年頃 ルネ・ラリック 箱根ラリック美術館蔵

ペンダント「フジ」 1900-1903年頃 箱根ラリック美術館蔵

チョーカーヘッド「キク」1900年頃 箱根ラリック美術館蔵

ベッドサイドランプ「日本の林檎の木」1920年 箱根ラリック美術館蔵

クロッキー「セイヨウタンポポ」 ルネ・ラリック 箱根ラリック美術館蔵

クロッキー「花」 ルネ・ラリック 箱根ラリック美術館蔵

クロッキー「ハシバミ」 ルネ・ラリック 箱根ラリック美術館蔵

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE