美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

企画展「アルテ・ポプラル―メキシコの造形表現のいま」

国立民族学博物館

  • 開催期間:2019年10月10日(木)〜2019年12月24日(火)
  • クリップ数:3 件
企画展「アルテ・ポプラル―メキシコの造形表現のいま」 国立民族学博物館-1
企画展「アルテ・ポプラル―メキシコの造形表現のいま」 国立民族学博物館-2
企画展「アルテ・ポプラル―メキシコの造形表現のいま」 国立民族学博物館-3
企画展「アルテ・ポプラル―メキシコの造形表現のいま」 国立民族学博物館-4
企画展「アルテ・ポプラル―メキシコの造形表現のいま」 国立民族学博物館-5
企画展「アルテ・ポプラル―メキシコの造形表現のいま」 国立民族学博物館-1
企画展「アルテ・ポプラル―メキシコの造形表現のいま」 国立民族学博物館-2
企画展「アルテ・ポプラル―メキシコの造形表現のいま」 国立民族学博物館-3
企画展「アルテ・ポプラル―メキシコの造形表現のいま」 国立民族学博物館-4
企画展「アルテ・ポプラル―メキシコの造形表現のいま」 国立民族学博物館-5

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

メキシコでは先スペイン時代にメソアメリカ文明が開花し、16世紀以降はヨーロッパ、アジア、アフリカからさまざまな文化が流入して、独自のものづくりの伝統が生まれました。

アルテ・ポプラルとは、特別な才能に恵まれた芸術家の作品ではなく、職人や一般の人びとによる造形表現の総称です。

本展示では、仮面や毛糸絵、陶器の資料とともに、骸骨(がいこつ)の姿があふれる都市の街路をイメージしたコーナーや典型的なアルテ・ポプラルである生命の木など、現在のメキシコのアルテ・ポプラルの多様な姿を紹介します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年10月10日(木)〜2019年12月24日(火)
会場国立民族学博物館 本館企画展示場Google Map
住所 大阪府吹田市千里万博公園10-1 [MAP]
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 水曜日 
観覧料 一般 580円(490円)
大学生 250円(200円)
高校生以下 無料
  • ※( )は 20名以上の団体料金/リピーターは団体料金を適用
    ※本館展示も観覧できます
    無料観覧日:11月16日(土)、17日(日)
    (本館展示、企画展の観覧が無料となります)
TEL06-6876-2151 (代表)
URLhttp://www.minpaku.ac.jp/museum/exhibition/thematic/mexico20191010/index

国立民族学博物館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

国立民族学博物館 国立民族学博物館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
大阪府で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE