美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

ピカソ展 ゲルニカ[タピスリ]をめぐって

群馬県立館林美術館

  • 開催期間:2019年10月5日(土)〜2019年12月8日(日)
ピカソ展 ゲルニカ[タピスリ]をめぐって 群馬県立館林美術館-1
ピカソ展 ゲルニカ[タピスリ]をめぐって 群馬県立館林美術館-2
ピカソ展 ゲルニカ[タピスリ]をめぐって 群馬県立館林美術館-1
ピカソ展 ゲルニカ[タピスリ]をめぐって 群馬県立館林美術館-2

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

パブロ・ピカソ(1881-1973)は、1937年、故国スペインの内戦で起きた無差別爆撃への衝撃から、大作《ゲルニカ》(国立ソフィア王妃芸術センター)を描きました。

この絵は、同年のパリ万博で展示された後、ピカソの意思によりフランコ政権が終わるまでニューヨーク近代美術館に置かれ、ピカソ死後の1981年にようやくスペインに返還された、20世紀の歴史に深く刻まれる作品です。

本展は、《ゲルニカ》を原画としほぼ同寸大で織られたタピスリ(タペストリー)を中心に、ピカソの絵画や版画の他、関連作品、資料を通して、《ゲルニカ》にまつわる様々な側面を見ていくものです。

災厄に見舞われた人間たちと牛、馬が交錯するイメージとして完成された《ゲルニカ》は、スペイン内戦に対峙する絵画として反ファシズムのメッセージを訴える一方、ピカソの革新的なキュビスムの手法や、牛頭人身の怪物ミノタウロスのテーマ等から発展しつつも多様な解釈を呼ぶ、開かれた作品となっています。

本展では、《ゲルニカ》を基点に、ピカソの政治・社会との関わりや、生涯情熱を傾けた闘牛、さまざまな動物のモチーフにも注目します。

ピカソは、タピスリとは 1930年代から接点があり、戦後は版画や陶芸制作を行っていた南仏で、信頼のおける織り師と出会い、絵画作品にもとづくタピスリ制作を託しました。

その一つとなる《ゲルニカ(タピスリ)》は、アメリカの大コレクター、ネルソン・ロックフェラーが 1 作目を購入、モダンアートのタピスリ化の動きを後押ししました。後に作られた 2、3作目はフランス、日本に所蔵されています。

本展ではこのタピスリ誕生の秘話や織り師の働きについても触れます。本展がピカソ芸術の理解を深める機会となることを願っています。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年10月5日(土)〜2019年12月8日(日)
会場群馬県立館林美術館Google Map
住所 群馬県館林市日向町2003 [MAP]
時間 9:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
10月15日(火)、11月5日(火)
※ただし 10月14日、28日(県民の日)、
11月4日は開館
観覧料 一般 820円(650円)
大高生 410円(320円)
  • ※( )内は 20名以上の団体割引料金
    ※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
    ※群馬県民の日(10月28日)は無料
TEL0276-72-8188 (代表)
URLhttp://www.gmat.pref.gunma.jp/

群馬県立館林美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

群馬県立館林美術館 群馬県立館林美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
群馬県で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE